1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 20:04:51.31 ID:wWdl7OUx0

アニメ放送当時に武内Pがとある教師に似ていると言われることがありました。

それを基にした一場面毎のお話です。

また、教師の元ネタのゲームは発売日にプレイしたきりなのでイメージが大分誇張されています。





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473591891

【渋谷凛「もしも武内Pが山育ちのティーチャーだったら……?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 20:32:14.50 ID:KD1ZUfHa0
CDデビューがなかなか決まらない前川みくがもしも、革命戦士になったら。
そんなキャラ崩壊の話。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473507134

【みく「Pちゃん! みくは噛ませ犬じゃないにゃ!」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 19:47:41.63 ID:aZzeMSQR0

モバP(以下P)「飛鳥~!お~い!!!」

飛鳥「ん?どうしたんだい?そんな大声をあげて」

P「どうしたもこうしたもない、もうダイビングの撮影時間だぞ」

飛鳥「……フフ、すまない。ボクとしたことが物思いに耽っていたら忘れてしまっていたよ。ありがとうプロデューサー」

P「共演者のあやめちゃんや頼子さんに悠貴ちゃんはもうスタンバイできてるからサクっと準備しちゃえよ」

飛鳥「ああ、わかったよ……。ところでプロデューサー」

P「ん?」

飛鳥「この撮影は全員水着を着て泳ぐみたいなんだが本当かい?」

P「そりゃあダイビングの撮影だからな、水着に関しては俺が飛鳥に似合う柄をしっかりちひろさんと選んだから安心していいぞ」

飛鳥「いやボクが言いたいのはそういうことじゃないんだが……まあいいか」

P「なんだよ不安なのか?」

飛鳥「キミの選ぶ水着に不安を覚えているわけじゃないさ、ボクはキミを信頼している。それは知ってるだろう?」

P「――じゃあ何が不満なんだ?」

飛鳥「果たして今日の撮影にボクは必要なのかな、と、ふと思ってね」

P「いや必要だろ」

飛鳥「即答だね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473504461

【二宮飛鳥「星が瞬くこんな夜は…ってね」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 16:43:24.29 ID:Wa7o+MPw0

[事務所]


卯月「えっ! それ本当ですか!?」ガタッ

凛「ふーん、そうなんだ」

未央「ふっふっふ、未央ちゃんは情報通だからね!」キラーン

卯月「わ~、どんな人がくるのかなあ」ワクワク

未央「たしかに!! もう、相当凄い人がくるって思うけどなあ」

凛「ふふ、そんなわけ――」




ガチャ


常務「新メンバーの美城だ」



凛 未央 卯月(わあ、マジですごい人来ちゃったよ)





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473493403

【未央「ニュージェネレーションに新メンバーが加わるらしいよ」】の続きを読む

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 14:42:02.90 ID:62dShHzp0
---山口県 杉坂家の一室---



ガラッ



海「あー、やっと着いたー♪」

P「よいしょっと...はぁ...」

海「Pさんはこの部屋使っていいからね...って、どうしたの?」

P「いやなに...その...」

海「ふふっ♪なぁに?もう疲れちゃった?」

P「す、少しな...海はタフだなぁ...」

海「Pさんが弱すぎなんだよ」

P「お、俺ももう若くないのかな...」

海「なーに言ってんの!まだまだでしょ♪」バシッ!

P「あいててっ...」

海「この部屋はね、海が見えるんだよ、ほら」

P「おー、本当だ...綺麗に見えるなぁ」

海「でしょ?まあ、とりあえず荷物置いてゆっくりしてなよ、ごはん出来たら呼ぶから」

P「ああ、でも悪いな、休みもっと取れればよかったんだけど5日しか取れなくて」

海「まあしょうがないよ、忙しいんだし、休み取れただけでも良しとしなきゃ」

P「それに...海の帰省についてきたばかりか実家にまで泊めてもらって...」

海「いいんだって、ていうか元々はウチが誘ったんだからさ、それに弟たちだってPさんと会いたがってたんだし」

P「そうか...」

海「そうそう、なにもないとこだけどゆっくりしてってよ」

P「そうだな、じゃあそうさせてもらうよ」

海「あ、あとウチの部屋は隣だからなにかあった時は呼んでね?」

P「ああ、わかったよ」

海「へへっ、じゃ後でね♪」




【モバP「海のいる部屋」】の続きを読む

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/09/10(土) 01:52:23.11 ID:YYDGfZ7I0
モバP(以降P表記)「……」

ちひろ「…プロデューサーさん」

P「…「これ」が、芳乃なんですか…?」

ちひろ「…はい」

P「…」

ちひろ「さっき電話でお伝えした通り、事故だったんです。…誰が悪いという訳でなく、事故だったんです…」

P「…そう、ですか…」

P「…」

P「…ハハッ、こんな小さくなっちゃったんだ…」

ちひろ「プロデューサーさん…」

P「前々から小っちゃいなぁ、とは言ってましたけど」

P「…だからって、こんな小さくならなくてもいいじゃないか…」ポタ…

ちひろ「…っ!」

P「ついさっきまで、いつも通りだったじゃないかよ…」

P「いつものようにのんびりトコトコ後ろを付いてきて、仕事中だっていうのに膝に乗ってきたり構ってくれって袖引っ張ってきたり…」ポタ、ポタ…

ちひろ「…プロデューサー、さん…」

P「どうして、ちょっと出掛けてた間に、なんで……なんで、こんな事に…!」ポタポタ








P「耳と尻尾が生えて30cmぐらいに縮んだ芳乃とか、どうしてくれるんですか!!」ボタボタボタ

ちひろ「取りあえずその鼻血を吹きましょうよ」


猫耳芳乃「ソニャター」スリスリ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473439942

【モバP「変わり果てたアイドル」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:08:47.06 ID:JLDwuEa60
P「……はい」

まゆ「……」

P「……」

まゆ「……」

P「……え? これ俺の方から何かしないといけないやつ?」

まゆ「……いざいちゃいちゃしようと思うと、何をすればいいのかわからなくて」

P「えぇ……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473271726

【佐久間まゆ「Pさんといちゃいちゃします」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/07(水) 20:13:21.48 ID:S6C+eYkr0


小鳥「アイドルのセキュリティ……つまりガバガバ度を調べるわけですね!」

P「違いますよガバマン小鳥さん。普通に自宅のセキュリティチェックです」

小鳥「期待して損したピヨ……ところでなんでそんなことをするんです?」

P「あいつらも今やTVで見ない日がないくらいの有名人です。ファンに自宅を特定されたりなどもないとは言い切れません。不測の事態が起きる前に俺がチェックしておこうと思いまして」

小鳥「なるほど……では手始めに私の家なんてどうでしょうか」

P「嫌ですよ。小鳥さんの家、酒とつまみの臭いしかしないですもん」

小鳥「愛液の香りもしますよ」

P「余計行きたくねーよ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473246801

【P「アイドルのセキュリティをチェックする」】の続きを読む

1: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/09/07(水) 00:04:05.52 ID:keaNjzF+O
乃々(どうも、もりくぼです)

乃々(本日は9月6日)

乃々(……まゆさんの誕生日の前日です)

乃々(ですが……)

まゆ「それじゃあ……行ってきますねぇ」

乃々(……まゆさんは今日から2泊3日の泊まり込みのロケだそうです)

乃々(私たち、アンダーザデスクとは別のお仕事で)

乃々(……なので、私たちはまゆさんと一緒にはいきません)

乃々(事務所でお留守番です)

乃々(……いえ、こっちで仕事はありますけど)

輝子「ああ……行ってらっしゃい」

乃々「が、がんばってください……」

まゆ「うふ、ありがとうございます」

まゆ「乃々ちゃんたちもお仕事頑張ってくださいねぇ」

乃々「……正直、あまり頑張りたくはないんですけど……」

輝子「ま、任せろ……私ががんばってボノノさんを連れて行く……」

乃々「えぇ……むーりぃ……」

まゆ「うふふ、お願いします♪」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473174245

【乃々「まゆさんの誕生日ですけど、まゆさんがいません……」】の続きを読む

このページのトップヘ