1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 22:35:42 ID:zBygg8Op0
P「どうしたんですか、入って来るなりそんな慌てて」

小鳥「えへへ、実はさっきですねーうふふ」

P「その様子ですと、なにかいいことがあったんですか?」

小鳥「そうなんですよー。実は来る途中の道の角で」

小鳥「イケメンの男性とぶつかったんです!」

P「へぇ」

小鳥「これって運命の出会いって奴じゃないでしょうか!」

P「良かったですね」イラッ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 22:39:42 ID:zBygg8Op0
小鳥「プロデューサーさん聞いてください聞いてください!」

P「はいはい。今日はどうしたんですか」

小鳥「実はですねー、また会えたんですよ!この間のイケメンさんと!」

P「へぇ」

小鳥「それで、この間ぶつかった時に洋服を汚しちゃって悪いのでって」

P「はぁ」

小鳥「お食事に誘われたんですー!」

P「良かったですね」イライラ

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 22:44:10 ID:zBygg8Op0
小鳥「プロデューサーさぁん、おはようございます!」

P「……」

小鳥「聞いてくださいよー、昨日この間言ってたお食事に行ってきたんですけどー」

P「そうですか」

小鳥「なんかすごく高そうなお店で」

P「そうですか」

小鳥「お食事もとてもおいしくてー!」

P「そうですか」

小鳥「あ、でもそれだけですよ!?さすがに私もいきなりなんてーきゃー!」

P「良かったですね」ムカムカ

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 22:49:33 ID:zBygg8Op0
小鳥「あのぅ、プロデューサーさん……」

P「……どうしたんですか?今日はちょっとテンションが低いような」

小鳥「いえ、あの、お聞きしたいことが」

P「なんですか?仕事の」

小鳥「いえ、そうじゃなくて、あのぉ、男の人って」

小鳥「毎日のようにメールしたら引いちゃいますか!?」

P「人によるんじゃないですか」

小鳥「彼はどんなメールにも嫌な感じせずに返してくれるんですけど」

小鳥「もしかしてうざがられてるんじゃないかって」

P「そんな頻繁にメールしてるんですか」

小鳥「いえ、そんな。でも彼と私って話が合うので盛り上がっちゃって」

P「彼、ですか……良かったですね」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 22:52:14 ID:zBygg8Op0
小鳥「……なんか最近プロデューサーさん元気がないような」

律子「あー、そういえばなんかぼーっとしてること多いですよね」

小鳥「どうしたんでしょう」

律子「知りませんけど、アイドルの前でもあんな態度じゃ困りますね」

小鳥「悩みごとかしら……」


P「……はぁ」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 22:58:09 ID:zBygg8Op0
小鳥「プロデューサーさん?」

P「はい?なんですか……また悩みごとですか?」

P「小鳥さんなら別に」

小鳥「いえ、そうじゃなくて、最近お疲れなんですか?」

P「え」

小鳥「なにか、元気がないようなので」

P「なんでもないですよ」

小鳥「でも……一度おやすみでも」

P「はは、本当になんでもないですから」

P「小鳥さんはそれよりも折角イケメンの彼といい感じなんですから」

P「その彼のことを気遣ったほうがいいんじゃないですか」

小鳥「え……」

P「あ」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:07:02 ID:zBygg8Op0
小鳥「……」

P「……」

P「ちょっと営業行ってきます」

小鳥「あ、はい」

P「そのまま直帰しますので、事務所のことはお願いします」

小鳥「は、はい」

P「それじゃあ」


小鳥「プロデューサーさん……ほんとにどうしたのかしら」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:13:36 ID:zBygg8Op0
P「おはようございます……」

小鳥「おはようございます。どうしたんですか?いつもより遅いですね」

P「……なんでもありません」

小鳥「それに酷い顔ですよ」

P「昨日飲み過ぎただけです」

小鳥「じゃあ、二日酔いですか?」

小鳥「ダメですよ。いくら辛くても、アイドルの前でそんな顔したら」

小鳥「顔洗ってきたほうがいいですよ」

P「……」

P「そうですね、洗ってきます」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:21:22 ID:zBygg8Op0
P「……」チラッ

小鳥「……」

小鳥(なに?さっきから、プロデューサーさん、ちらちら私のことを見ているような……)

小鳥(自意識過剰、かな)

P「……」チラッ

小鳥(あ、また)

小鳥「……」

P「……はぁ」

小鳥「……あの」

P「」ビクッ

P「は、はい?」

小鳥「どうかしましたか?」

P「いえ……な、なんでも」

小鳥「でも」

小鳥(やっぱり、ちらちら見てきてたような)

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:26:13 ID:zBygg8Op0
小鳥「……はぁ」メルメル

律子「おや、噂の彼氏さんとメールですか?」

小鳥「え?あ、ち、ちがいますよ」

律子「ほんとですかぁ?」

小鳥「め、メールしてたのはそうですけど、彼氏では」

律子「へぇー。じゃあラブラブメールはしてたわけですね」

小鳥「それもちがいます!」

小鳥「ちょっと、相談してただけですから」

律子「相談?」

小鳥「いえ、その……男性が落ち込んでる時の、接し方とか」

律子「ああ。日に日に酷くなってますものね」

小鳥「ええ……」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:29:03 ID:zBygg8Op0
律子「にしても、それをその彼に相談しますか」

小鳥「え、い、いけなかったでしょうか?」

律子「はぁ……」

律子「その彼もかわいそうに」

小鳥「え?え?」

律子「……ん?プロデューサーが元気ないのって……」

小鳥「え?心当たりがあるんですか?」

律子「いえ、ちょっと思い付いただけですし……」

小鳥「お、教えてください」

律子「……」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:35:40 ID:zBygg8Op0
律子「そうですねぇ」

律子「はぁ……」

律子「じゃあ」


小鳥「ここがプロデューサーさんのお部屋……」

小鳥「……本当に大丈夫かしら?いきなり押し掛けたら迷惑なんじゃ?」

律子『プロデューサーが休みの日にプロデューサーの家に押し掛けてごはんでも作ってあげれば一発ですよ』

小鳥『え、私がですか!?』

律子『他に誰がいるんです。はぁ……』

小鳥「というか、プロデューサーさん今日はおやすみだったし、もしかしてまだ帰ってないかも……」

小鳥「うん、そうよね。やっぱりかえって」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:40:12 ID:zBygg8Op0
プルル……

小鳥「はい?」

律子『そこまで来たんですから、インターホンぐらい押しなさい』

小鳥「え?見てるんですか!?」

律子『いいですか、そんなんじゃ一生独身ですよ!!』

小鳥「そ、そんな……どうして今、そんな」

律子『とにかく行ってください。じゃあ』

ブチッ

小鳥「ええ……」

小鳥「……」ドキドキ

ピンポーン

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:44:41 ID:zBygg8Op0
P「はい?」ガチャッ

小鳥「こ、こんにちはー」

P「」

P「え?音無さん?え、なんで」

小鳥「あ、いえ、その……」

小鳥「さ……最近元気がなかったので!」

小鳥「元気のでるごはんを作りに来ました!!」

小鳥(なにこれ、しぬ!?私しぬ!)ドキドキドキドキ

P「」ポカーン

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:47:26 ID:zBygg8Op0
P「はぁ……えっと……その……え?ごはん、ですか?」

小鳥「は、はい!!」

小鳥「あ!やっぱり迷惑ですよね?ならもう」

P「え?帰るんですか?ちょ」

小鳥「はい!失礼し」

P「とにかく、上がってください!」

小鳥「え」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:52:25 ID:zBygg8Op0
P「すいません、汚いところですが」

小鳥「そんな、きれいじゃないですか!」ドキドキ

P「ははは、そうですかね」

小鳥(プロデューサーさんの部屋!男性の部屋!)

小鳥「えっと、それで」

P「あ、えっと、ごはんでしたよね?」

小鳥「は、はい!」

P「キッチンはここなんですけど、大した材料がないんですが」

小鳥「あ、大丈夫です。買ってきました」

P「え、じゃあ材料費を」

小鳥「い、いえ……とにかきゅ、作りますから!」

小鳥「プロデューサーさんは座っていてください!」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:57:00 ID:zBygg8Op0
小鳥(こ、この状況で料理を!)

P「……」チラッ

小鳥(プロデューサーさんはさっきからちらちら見てくるし!)

小鳥(無理!無理すぎ!手が震える!)

小鳥(だいたい、今まで一応自炊はしてきたけれど!)

小鳥(いきなり男性に振る舞う料理とか!)

小鳥(……落ち着くのよ、小鳥)

小鳥(そういう下心を出しちゃだめ)

小鳥(あわよくばなんて思っちゃだめ)

小鳥(今日はプロデューサーさんに元気を出してもらうために来たんだから)

小鳥(とにかく癒せるような料理を作ることに専念!)

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:00:50 ID:cnLje7oW0
小鳥(無心無心……)トントン

P「……それにしても、どうしたんですか、いきなり」

小鳥(……)

P「小鳥さん?」

小鳥「え?あ、はい?なんですか?」

P「いえ。わざわざ料理しに来てくれるなんて、どうしたのかな、と」

小鳥「そ、それは」

P「……そんなに、おかしく見えました?」

小鳥「……」

P「はは、自分では、分からなかったですよ」

小鳥「やっぱり、なんかあったんですか……?」

P「……」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:03:54 ID:cnLje7oW0
あかん。デフォルトで小鳥さんにしてまう

P「……音無さんこそどうですか」

小鳥「え、私?」

P「そうえいば最近、この間の彼の話を聞きませんが」

P「順調なんですか?」

小鳥「えっと」

P「だいたい、いいんですか。こんなことして」

P「いくら同僚とはいえ、男の部屋に来て」

P「二人きりですよ。勘違いされても」

小鳥「あ、いえ、その……彼とはそういう関係じゃ」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:08:54 ID:cnLje7oW0
P「まだ、でしょ。そういう気があるように言ってたじゃないですか」

小鳥「それは……」

小鳥「い、いいじゃないですか!」

小鳥「夢見てもいいじゃないですか!彼とそういう関係にとも思いましたけど!」

小鳥「最近はなんか、プロデューサーさんが元気ないのが気になって気になって!」

小鳥「そんな相談ばっかりしちゃって!そんな雰囲気にならないんです!」

P「え」

小鳥「ふん、どうせもともと、社交辞令でお食事に誘ってもらったことに」

小鳥「うかれてただけですけど……」

P「いや、結構いい雰囲気に聞こえましたけど」