1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 00:25:25.49 ID:tkf/FhYM0
死んじゃった

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 00:29:33.80 ID:tkf/FhYM0
穂乃果「ここは・・・・・・どこだろう」

穂乃果「・・・・・・確か穂乃果、>>7に殺されちゃったんだよね」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 00:36:34.18 ID:tkf/FhYM0
穂乃果「そうそう、アッコさんだったね」

穂乃果「・・・まさか>>10が理由で殺されるなんてね」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 00:43:44.43 ID:tkf/FhYM0
――

和田「おい、チョットええか?」

穂乃果「あっ、アッコさん・・・こんにちは」

和田「お前・・・・・・全然踊りがなってへんな?」

穂乃果「そ、そうなんですか?」

出川「そうだよ!アッコさんが言ったらそうなんだよ!」

和田「おい、こいつ目障りだ。・・・・・・消せ」

黒服「了解」

穂乃果「えっ」

ズキューン

穂乃果「あ・・・・・・やだ・・・・・・」バタッ

穂乃果「」

和田「そいつの死体、東京湾にでも沈めとけ」

黒服「了解」

勝俣「すっげえアッコさん!か弱い女の子にも容赦ねえ!マジぱねぇ!」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 00:50:22.59 ID:tkf/FhYM0
――

穂乃果「いきなり芸能界の恐ろしさを味わうとはね・・・・・・」ゴクリ

穂乃果「でもこれからどうしよう・・・・・・μ'sのみんなは穂乃果が死んだこと気づいてないよね」

穂乃果「生き返らせてもらうにはみんなの力が必要なのに・・・・・・!」

穂乃果「・・・・・・落ち込んでても仕方ないね。それじゃあまずみんながいそうなところでもいってみるかな」

穂乃果「>>16あたりなんかどうかな?」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 00:57:22.39 ID:tkf/FhYM0
穂乃果「ラブホ・・・・・・なんてどうかな」

穂乃果「あれ?でもμ'sのみんながそんな場所にいるのかなぁ?」

穂乃果「まぁ、ほかに行き場所思い浮かばないし行ってみよう」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 00:59:29.04 ID:tkf/FhYM0
――ラブホ

穂乃果「えーと、誰かいないかなぁ」

穂乃果「あっ・・・見つけた!」

>>20「ねぇ、セ○クスしよ?」

>>21「・・・・・・喜んで」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 01:07:08.62 ID:tkf/FhYM0
雪穂「ねえ、セ○クスしましょうよ?」

海未「・・・・・・喜んで」ハァハァ

穂乃果(雪穂!?それに海未ちゃんも!)

穂乃果(そういやこないだ雪穂が「新しい援交相手が見つかった」っていってたな・・・)

穂乃果(新しい援交相手って海未ちゃんのことだったのか!)

穂乃果(海未ちゃん、穂乃果より雪穂の方が好きなの・・・・・・!)

雪穂「それじゃあ、始めましょうか」

海未「待ってください!」

雪穂「どうしたんですか?」

海未「>>26

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 01:21:12.77 ID:tkf/FhYM0
海未「穂乃果の霊圧が…消えた…?」

雪穂「えっ」

海未「おかしい・・・普段なら穂乃果の霊圧を感じるのに」

海未「今日はそれが一切感じられない・・・・・・!」

雪穂「あのー海未さん」

海未「・・・・・・あっ雪穂、お姉さんの今日のスケジュールって確かTV出演でしたよね」

雪穂「ええ、そのはずですけど」

海未「・・・・・・」

海未「・・・・・・雪穂、今からお姉さん探しにいきますよ!」

雪穂「えっでもどうして」

海未「決まっています!私の愛する穂乃果の身に何かがあったからです!」

雪穂「!?」


穂乃果(海未ちゃん・・・・・・やっぱり穂乃果のこと愛してくれてたんだね!)ウルウル

海未」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 01:29:17.99 ID:tkf/FhYM0
雪穂「あ、あのセ○クスは・・・・・・」

海未「そんなの後回しです!あなたはお姉さんの危機に何を悠長なことを言っているのですか!」

雪穂「そんなの・・・・・・海未さんが勘で言ってるだけじゃないですか」

海未「私の穂乃果レーダーは絶対です!」

雪穂「・・・・・・」

海未「それでは失礼します」タッタッタ

穂乃果(あっ・・・雪穂置いて海未ちゃんホテル出ちゃった)

雪穂「・・・・・・」グスン

穂乃果(・・・・・・雪穂には悪いけど内心は少しホッとしてるんだよ)

穂乃果(海未ちゃんが私のこと愛してくれてるって)

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 01:32:47.01 ID:tkf/FhYM0
――ホテル入口前


海未「それではさっそく穂乃果を探すことから始めますが・・・・・・」

海未「正直、私は雪穂から聞いた情報しかありません」

海未「今日は穂乃果が単独でテレビ出演の日で全国ネットでの収録だということ」

海未「そして、共演者は和田アキ子軍団で、放送局はTBSだということ」

海未「・・・・・・しかしこれでどうやって穂乃果を探せばいいのですか」

穂乃果(おーい!ここにいるよー!)

海未「ここは>>35に頼るしかないようですね」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 01:40:22.07 ID:tkf/FhYM0
プルルルルル

穂乃果(海未ちゃん電話してる・・・・・・ことりちゃんかな?)

海未「もしもしことりですか」

ことり『あっ海未ちゃん!ことり、ちょうど海未ちゃんに文句言いたかったんだよ!』

海未「はいはい、あなたのセ○クスフレンドを勝手に奪った件ですよね。そんなことはどうでもいいです」

ことり『どうでもよくないよ!? ことりにとっては死活問題だよ!?』

穂乃果(雪穂・・・・・・ことりちゃんとも援交してたんだ)

海未「では・・・・・・穂乃果の身になにか起きたといってもまだそんなことがいえますか?」

ことり『なんですとおぉ!?』

穂乃果(急に声のトーンが変わった!!)

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 01:48:11.02 ID:tkf/FhYM0
ことり『なんでそれを早く言わなかったの!』

海未「だってあなたがどうでもいいことを・・・・・・」

ことり『どうでもよくは・・・・・・ええい!鬱陶しい!海未ちゃんがことりに連絡したってそういうことだよね!』

海未「ええ、あなたなた穂乃果の居場所を知っているんじゃないかと思いまして」

穂乃果(へ?どういうこと?)

ことり『ことりが穂乃果ちゃんの子宮にこっそり付着させた発信機の出番だね!』ハァハァ

穂乃果( )

海未「そうです、あなたなら穂乃果の場所がわかるでしょ?」

ことり『もちろんだよ!ちょっと待っててね・・・・・・』

ことり『!? 大変だよ海未ちゃん! 穂乃果ちゃんの現在地が東京湾の水中だって!』

海未「なんですって!?」

穂乃果(結構早い段階で気づいてもらえたけど、嬉しいような悲しいような・・・・・・)

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 01:56:59.91 ID:tkf/FhYM0
ことり『なんで穂乃果ちゃんが東京湾の水中にいるの!』

海未「知りませんよ・・・・・・まさかさっき穂乃果の霊圧が消えたのは」

ことり『・・・・・・やだよぉ、穂乃果ちゃんのいない世界なんて』ウエェェン

海未「同感です・・・・・・私が穂乃果の後さえつけておけば、こんなことには」

穂乃果(海未ちゃんもことりちゃんも・・・・・・穂乃果がいなくなって悲しんでくれている)

穂乃果(・・・・・・死んじゃってごめんね二人共)

海未「とりあえず穂乃果の場所まで私を誘導してください!」

ことり『わかった!私もそこへ向かうから!』プチッ

海未「・・・・・・」

海未「・・・・・・穂乃果」

海未「どうして私を、置いていっちゃうんですか・・・・・・!」

穂乃果(・・・・・・)

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 02:05:07.67 ID:tkf/FhYM0
――東京湾

ことり「海未ちゃーん!」

海未「ことり!・・・・・・ということは、この海の底に穂乃果が」

ことり「考えたくないけど・・・たぶん」

海未「私・・・・・・潜ってきます」

ザバーン

ことり「海未ちゃん!?」


海未(・・・・・・このしたに、穂乃果が)

海未(できれば何かの間違いであってほしい・・・・・・)

海未(神様お願いします・・・・・・どうか思い過ごしであってください!)

ドンッ

海未(っ! 何かにぶつか・・・・・・)

海未(!?)


穂乃果「」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 02:10:43.78 ID:tkf/FhYM0
――ああ間違いない


――ここに沈められている可愛らしい死体は


――私の愛する高坂穂乃果である訳で


海未(・・・・・・)



バシャッ

ことり「海未ちゃん!・・・・・・どうだった」

海未「・・・・・・っ」フルフル

ことり「あ・・・・・・そんな・・・・・・なんで・・・・・・」ガクッ

海未「ことり・・・・・・」ウルウル

ことり「うわぁぁああああん!!!穂乃果ちゃああああああん!!!」ポロポロ


穂乃果(ぐすっ・・・・・・二人共、悲しませてごめんね)

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 02:23:34.26 ID:tkf/FhYM0
――その後、穂乃果の遺体は警察によって引き上げられ、警察は殺人事件として捜索に乗り出した。
そして、海未ちゃん達は穂乃果のお通夜に参列するために穂むらを訪れた。

絵里「なんで、こんなことに・・・・・・穂乃果」ウルウル

ことり「ほのかちゃん・・・・・・ほのかちゃん・・・・・・」ガタガタ

海未「・・・・・・」

にこ「犯人誰よ!穂乃果ちゃんを殺した奴、絶対に許さないんだからぁ!」ウルウル

真姫「ちょっと落ち着きなさいよ!悔しいのはにこちゃんだけじゃ、ないんだから・・・!」グッ

花陽「やだよぉ・・・・・・なんで穂乃果ちゃんなの?・・・・・・私が代わりに氏ねばよかったのに」

凛「かよちんまでおかしなこと言わないでよ!凛まで悲しくなっちゃうよ!」

希「・・・・・・これはウチがどうこうできる範囲超えてるな。そりゃそうや、仲間が一人死んどるんやから・・・・・・」ハハッ


穂乃果(みんな、穂乃果が死んじゃったせいでおかしくなっちゃってる・・・・・・)

穂乃果(そ、そうだ!>>52したらみんな元に戻るかな?)

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 02:30:51.50 ID:tkf/FhYM0
穂乃果(そ、そうだ!鉛筆で紙に文字を書いて、なにかメッセージを伝えたらみんな元に戻るかな?)

穂乃果(幽霊なんだし、念力とか余裕なんじゃないかな・・・・・・?)

穂乃果(おっ、あそこに鉛筆と紙があるじゃん!これを使わせてもらおう)

穂乃果(えいっ!)

穂乃果(・・・・・・)

穂乃果(・・・・・・書けた!)

穂乃果(これなら、みんなにメッセージを伝えられそうだよ!)

穂乃果(さてメッセージの内容はどうしようかな。57-59でいいかな?)

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 02:45:35.89 ID:tkf/FhYM0
穂乃果(こんな感じでいいよね・・・・・・あとはこの紙を海未ちゃんの目の前に飛ばせば)

ヒュウウウウ  

海未「うっ・・・」バサッ

海未「突然紙が飛んできました・・・・・・なんでしょう」

海未「・・・・・・!? この筆跡は!」

ことり「!? これって穂乃果ちゃんの・・・・・・!」

海未「ええ、間違いありません。これは穂乃果からのダイニングメッセージです」

にこ「なになに!ちょっと見せてよ!」

海未「・・・・・・ええ」


『犯人はアッコ

スクフェス一日11連まで

だけど、にこちゃんのせい

               穂乃果』



にこ「・・・・・・な、なによこれ」ガタガタ

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 02:57:46.72 ID:tkf/FhYM0
絵里「・・・・・・待って、頭が整理できない。一つ一つ紐解いて行きましょ」

希「そうやね。まず一行目やけど」

凛「これは言うまでもないにゃ。穂乃果ちゃんを殺した犯人はアッコさんにゃ!」

真姫「状況判断からも納得できるわね。アッコさんは芸能界のドンだし、裏社会とも付き合いがあると聞くから可能性が高いわね」

花陽「じゃあこの事件はもみ消されてしまうの・・・・・・?」

海未「たぶんそうなるでしょうね・・・・・・芸能界の闇は計り知れません」

ことり「で、この二行目は?」

希「穂乃果ちゃんからの最後の遺言のように聞こえるなぁ」

海未「スクフェスをやってる私達への穂乃果なりの優しさなのでしょう」

凛「ありがとうにゃ!おかげで凛も何回も11連ガチャやるところだったにゃ!」

真姫「そこまでは、なんとなくわかるんだけど・・・・・・問題はこの三行目」


『だけど、にこちゃんのせい』


みんな「・・・・・・」ジー

にこ「何よ・・・・・・なんでこっちみるのよ!」ガタガタ

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 03:12:55.16 ID:tkf/FhYM0
ことり「もしも、この三行目が一行目のことを指しているのなら・・・・・・」

海未「実行犯はアッコさんで黒幕はにこだった、と読み取ることが可能ですね・・・」

絵里「あなた・・・・・・もしかしてアッコさんに穂乃果を殺すように仕向けたの?」

にこ「そんなわけないじゃないの! 私が穂乃果を殺す動機なんてどこにもないわよ?」

希「そう?ウチはそれを解く鍵が二行目にあると思うんやけど」

にこ「は!?」

希「もし、この三行目が二行目のことを指してるなら・・・・・・」

花陽「スクフェスを一日11連までしかできないのはにこちゃんのせいだったのか・・・!」

凛「そう読み取るなら、穂乃果ちゃんはもっとガチャをやりたかったはずにゃ!」

真姫「しかしにこちゃんはそれをよしとしなかった。穂乃果が自分より先にSRカードを集めることを危惧してたんだわ」

絵里「そして、危機感を抱いたにこは穂乃果を・・・・・・」

にこ「」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 03:25:41.37 ID:tkf/FhYM0
穂乃果(あれー、三行目はにこちゃんのダンスの振り付けが悪かったからアッコさんに殺されたって伝えようとしただけなのに)

穂乃果(ちょっと言葉が足りなかったかな・・・・・・?)

海未「にこ・・・・・・素直に白状しなさい」

ことり「もう証拠は揃ってるんだよ!穂乃果ちゃんを返してよ!」

にこ「にこはやってない・・・・・・やってないもん!」

ことり「そう・・・・・あくまでシラを切り通すんだ」

ことり「穂乃果ちゃんはね、暗くて冷たい海の中にゴミ同然に捨てられたんだよ?・・・・・・それも一人で」

にこ「だからにこはっ!」

ことり「穂乃果ちゃん寂しかっただろうね。辛かっただろうね。怖かっただろうね」

ことり「にこちゃんがこんなことしなければ穂乃果ちゃんは死なずに済んだんだよ?」

にこ「にこ・・・・・・やってない」ガタガタ

ことり「・・・・・・嘘つきは生きてる価値ないよね」ジャキン

にこ「な、ナイフ!?」

ことり「これで地獄に突き落としてあげる・・・・・・あの世で穂乃果ちゃんに謝罪しろぉ!」


穂乃果(いけないっ!>>81して止めなきゃ)

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 03:34:45.91 ID:tkf/FhYM0
穂乃果(殺してでも、止めなきゃ!)


ことり「!?」カタン

にこ「こ、ことり?」

ことり「ぐぇぇぇっぇ・・・・・・おぐぉぉぉぉぉぉ・・・・・・」ギュゥゥゥゥゥゥ

絵里「ことり・・・・・・なんで自分で自分の首を絞めてるのよ」ガタガタ

花陽「お願いだから、この手外して!」

ことり「がぁぁぁぁ・・・・・・おげぇぇぇぇぇ・・・・・・」ギュゥゥゥゥゥゥ

凛「ことりちゃん、正気に戻って!」

ことり「ぎぎぎぎぎぎっ・・・・・・あ゛っ」バタン

真姫「・・・・・・ことり?・・・・・・ことりっ!?」

ことり「」

希「息・・・・・・してない」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 03:38:15.17 ID:tkf/FhYM0
ことり(あれ・・・・・・確か私、首を絞められて死んだはずじゃ)

穂乃果(ことりちゃーん)

ことり(ほ、穂乃果ちゃん!?・・・・・・ってことは)

穂乃果(死後の世界へようこそ)

ことり(よかった!元気にやってるんだね!)ホッ

穂乃果(でも、できればにこちゃん刺そうとしないほうがよかったかなー)

ことり(なんで?)

穂乃果(・・・・・・現実世界の方がよけい面倒なことになりそうだから)

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 03:43:28.01 ID:tkf/FhYM0
にこ「ことりちゃん・・・・・・どうしてこんなことに」

海未「・・・・・・今ので全て理解しました。ことりを殺したのはあなたですね、にこ」

にこ「えっ!? だから、にこはなんにも知らないんだって!」

海未「うるさいっ!あなたのせいで・・・・・・あなたのせいで・・・・・・穂乃果は・・・・・・」ウルウル

にこ「どれだけ勘違いが激しいのよ、こいつら・・・・・・」イライラ

にこ「・・・・・・ここは>>93をして誤解を解くしかないようね」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 03:52:49.15 ID:tkf/FhYM0
にこ「にっこにっこにー☆」

海未「ふんっ!」

にこ「ぐほっ!!」ボコッ!

海未「氏ねっ!氏ねっ!氏ねえ!」

にこ「がっ・・・・・・!ぶっ・・・・・・!げぇ・・・・・・!」ボコッ! ボコッ! ボコッ!

海未「・・・・・・ふざけないでください、ホントに殺しますよ」

にこ「ご、ごべんなだい・・・・・・だずげでぇ・・・・・・」ハァハァ


ことり(このままじゃにこちゃんが死んじゃうよ!?)

穂乃果(大丈夫!>>102するから!)

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 04:00:31.44 ID:tkf/FhYM0
ピカァ

海未「あっ」

にこ「まぶっ」

凛「えっ」

真姫「ちょっ」

花陽「へっ」

絵里「うそっ」

希「ホンマっ」


チュドーン


海未は死んでしまった
にこは死んでしまった
凛は死んでしまった
真姫は死んでしまった
花陽は死んでしまった
絵里は死んでしまった
希は死んでしまった

μ'sは全滅してしまった

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 04:05:28.02 ID:tkf/FhYM0
にこ(もうっ、アンタのせいで死んじゃったじゃないの!穂乃果ちゃんのバカっ!)

穂乃果(ごめんごめん!つい手が滑って)

海未(穂乃果・・・愛してます!)

ことり(ダメだよ海未ちゃん、穂乃果ちゃんはことりのものだから!)






おしまいおしま・・・・・・


希(爆発オチやめようや・・・・・・まだ事件の真相知らへんやろ)

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 04:11:26.99 ID:tkf/FhYM0
凛(凛が会話しないで途切れてたから一瞬記入ミスかと思ったにゃ)

希(だってみんなが適当に締めようとしたんやもん・・・・・・まだ物語は終わってへんで)

花陽(で、物語の真相って?)

希(真の黒幕の存在や)

真姫(いたの、そんなの・・・・・・)

希(いたんやで、だから少し時間を巻き戻すなー)

絵里(希ってつくづく便利ね・・・・・・)


>>50へ戻る

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 04:13:07.02 ID:tkf/FhYM0
――その後、穂乃果の遺体は警察によって引き上げられ、警察は殺人事件として捜索に乗り出した。
そして、海未ちゃん達は穂乃果のお通夜に参列するために穂むらを訪れた。

絵里「なんで、こんなことに・・・・・・穂乃果」ウルウル

ことり「ほのかちゃん・・・・・・ほのかちゃん・・・・・・」ガタガタ

海未「・・・・・・」

にこ「犯人誰よ!穂乃果ちゃんを殺した奴、絶対に許さないんだからぁ!」ウルウル

真姫「ちょっと落ち着きなさいよ!悔しいのはにこちゃんだけじゃ、ないんだから・・・!」グッ

花陽「やだよぉ・・・・・・なんで穂乃果ちゃんなの?・・・・・・私が代わりに氏ねばよかったのに」

凛「かよちんまでおかしなこと言わないでよ!凛まで悲しくなっちゃうよ!」

希「・・・・・・これはウチがどうこうできる範囲超えてるな。そりゃそうや、仲間が一人死んどるんやから・・・・・・」ハハッ


穂乃果(みんな、穂乃果が死んじゃったせいでおかしくなっちゃってる・・・・・・)

穂乃果(そ、そうだ!>>120したらみんな元に戻るかな?)

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 04:15:35.22 ID:tkf/FhYM0
穂乃果(憑依合体だ!)

穂乃果(とりあえず>>125の体を乗っ取ろうかな)

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 04:22:55.69 ID:tkf/FhYM0
穂乃果(穂乃果が殺されたのって、にこちゃんのダンスの振り付けが悪かったからアッコさんに殺されたんだよね)

穂乃果(とりあえずそれを伝えるためににこちゃんの体をのっとっちゃおう)スゥー

にこ「!?」

にこ「・・・・・・」

真姫「に、にこちゃん?」

にこ(穂乃果)「残念、にこちゃんじゃないんだな。穂乃果だよ!」

みんな「!?」

にこ(穂乃果)「筆跡みればわかるよね・・・・・・ほらっ!」

ことり「確かにこれは・・・・・・」

海未「穂乃果の筆跡・・・・・・ということは本当に穂乃果ですか!?」オロオロ

穂乃果「うん。にこちゃんの体を借りてるだけなんだけどね」

穂乃果「それよりも聞いて欲しいことがあるんだ」

海未「・・・・・・なんでしょうか?」

穂乃果「穂乃果を殺した犯人についてだよ」

みんな「!?」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 04:30:06.90 ID:tkf/FhYM0
ことり「だ、誰なの!教えてっ!」

穂乃果「わかったよ!・・・・・・穂乃果はTV番組でアッコさんに殺されたんだ」

海未「アッコさんに・・・・・・確かにあの人ならやりかねないイメージがありますが」

真姫「裏社会とも繋がってると聞くわね」

穂乃果「違う違う!穂乃果はアッコさんに殺されたんだけど、アッコさんに殺されてなかったんだよ」

絵里「どういう意味?」

――

和田「おい、こいつ目障りだ。・・・・・・消せ」

ズキューン

穂乃果「」


監督「はいカット!」

穂乃果「アッコさん、わざわざ穂乃果なんかをドラマに出演させていただきありがとうございました!」

和田「おう!穂乃果ちゃんは礼儀正しくてええ子やな」ニコニコ

出川「そうだよ!アッコさんが言ったらそうなんだよ!」

勝俣「すっげえアッコさん!か弱い女の子にも好かれるなんて!マジぱねぇ!」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 04:40:17.17 ID:tkf/FhYM0
海未「穂乃果の仕事って・・・・・・ドラマだったんですか!?」

穂乃果「そうだよ?・・・・・・雪穂から聞いてない?」

海未「いえ・・・・・・まったくわかりませんでした」

穂乃果「にっこにっこにーの振り付けしてたら殺されたアイドルって設定だったんだよ」

ことり「そんなドラマあるんだ・・・・・・」

穂乃果「TBSの連続ドラマなんだけど、特別出演しちゃった!KADOKAWAさんの協力がなかったら出演できなかったよー」

真姫「確かにSPECとかはKADOKAWAだけど・・・・・・」

穂乃果「アッコさん軍団はアッコにおまかせからの特別ゲストなんだって」

凛「な、なるほど、いろいろつじつまが合うにゃ・・・・・・」

花陽「な、なら、なんで穂乃果ちゃんは東京湾に沈められたの・・・!」


穂乃果「だから・・・・・・穂乃果を海に沈めた真の黒幕がいるんだよ」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 05:01:32.36 ID:tkf/FhYM0
絵里「海に沈めるぐらいだから、通り魔的犯行の線は薄いわよね・・・・・・」

凛「外傷もなかったみたいだし、どうみても穂乃果ちゃんを苦しめるのが目的だよね・・・・」

希「ってことは、穂乃果ちゃんへの日頃の恨みを晴らす目的で起こした犯行と考えた方がええね」

花陽「でも穂乃果ちゃんって基本的に敵が少ないから、恨まれるようなことないんじゃ」

海未「・・・・・・・顔見知りなら穂乃果のいやらしい部分などを知ってるから、犯人は身近な人間なのかもしれません」

絵里「もしかしたらこの中に犯人がいるのかもね」

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 05:08:58.42 ID:tkf/FhYM0
真姫「でも私たちはみんな穂乃果の仕事なんて知らなかったから居場所なんてわかんないわよ」

穂乃果「この仕事はあとでみんなに驚いてほしかったから黙ってたんだ、だからあの日、穂乃果の居場所を知ってるのは雪穂だけだったの」

希「じゃあ雪穂ちゃんが犯人?」

穂乃果「雪穂はあの日、海未ちゃんとラブホで会ってたからアリバイはあるんだよ」

海未「な、なんでアナタが知っているのですか!?」

穂乃果「まさか穂乃果の霊圧が消えたのがわかるなんておもわなかったなぁ・・・・・・」

絵里「アナタ、雪穂となにしてたのよ・・・・・・」

海未「全部筒抜けでしたか・・・・・・いや、少し援交を」

海未「ですがそうなると、他に穂乃果の居場所を知る方法なんて・・・・・・」

海未「!?  い、いや一つだけ方法がありました!!」

穂乃果「そう、一つあるよね。  ・・・・・・それは、穂乃果の子宮につけられた発信機」

穂乃果「・・・・・・ここまで言えばわかるよね」

穂乃果「ことりちゃん・・・・・・もう本当のことしゃべってよ」

ことり「・・・・・・」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 05:29:52.95 ID:tkf/FhYM0
ことり「ど、どうしてことりが大好きな穂乃果ちゃんを殺さなきゃいけなかったのかな?」

穂乃果「穂乃果知ってるんだよ?雪穂は海未ちゃんと援交するまえはことりちゃんと援交してたんだって」

ことり「そ、それは」

穂乃果「海未ちゃんとの電話先で言ってたよね。海未ちゃんから雪穂を奪われるのは死活問題だって」

穂乃果「そりゃそうだよね・・・・・・雪穂は、穂乃果の劣化代替品として利用されていただけなんだから」

ことり「それは、その」

穂乃果「それで、雪穂を奪われストレスが頂点に達したことりちゃんは赤坂まで行き、穂乃果に会い、セ○クスを強要した」

穂乃果「もちろん穂乃果はそれを拒否した・・・・・・穂乃果はそれが愛だとは思わなかったから」

穂乃果「ことりちゃんの性欲のはけ口に利用された雪穂のことを思うととてもそんな気分になれなかった」

穂乃果「それで、発狂したことりちゃんが穂乃果の首を締めて殺した」

穂乃果「その後、穂乃果の死体の処理をしている間に海未ちゃんから電話があったので相当焦っていたよね」

穂乃果「だから、処理がおろそかになった。穂乃果を沈めたおもりの指紋から多分ことりちゃんの指紋が出るはずだよ」

穂乃果「これでも、まだ嘘をつく気・・・?」

ことり「・・・・・・全部穂乃果ちゃんと海未ちゃんが悪いんだよ」

海未「ことり・・・・・・」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 05:43:52.55 ID:tkf/FhYM0
ことり「海未ちゃんがことりから雪穂ちゃんを奪わなければこんなことにはならなかった!」

ことり「ことりダメなのっ!穂乃果ちゃんの匂いに接していないと精神がおかしくなっちゃいそうなの!」

ことり「だから、最終手段として穂乃果ちゃんにセ○クスを迫ったの!」

ことり「でもそれを拒む穂乃果ちゃんも穂乃果ちゃんだよ!穂乃果ちゃんがことりにセ○クスされていれば誰も悲しまずにすんだのに!」

海未「ことり!あなたは自分の言っていることがわかっているのですか!」

ことり「海未ちゃんだってそうでしょ!穂乃果ちゃんの匂いに接していないと精神がおかしくなるんでしょ!」

海未「っ!・・・・・・そ、それは」

ことり「だから真面目な海未ちゃんが雪穂ちゃんと援交してたんでしょ!」

ことり「海未ちゃんがことりと立場が逆なら同じことをしてたはずだよ!」

ことり「それを電話先で『そんなことはどうでもいいです』で済ませないでよ!!」

海未「・・・・・・」


穂乃果「もういいよ、二人共」

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 05:54:30.03 ID:tkf/FhYM0
穂乃果「穂乃果ね、死んで気づいたんだ・・・・・・二人共本当に穂乃果のことを愛してくれていたんだって」

穂乃果「もし穂乃果が二人を受け入れて毎日セ○クスしていたら、また違う結末だったんだろうって」

穂乃果「もし穂乃果が生き続けていたら、また違う結末だったんだろうって」

穂乃果「ことりちゃんは大好きな穂乃果を殺しちゃったことを後悔してたんだよね・・・・・・」

穂乃果「悲しんでたのはもう二度と穂乃果と会えないという後悔の念からだよね」

ことり「・・・・・・」コクリ

穂乃果「でも、やっぱり雪穂に迷惑かけたのは許せないよ。これはことりちゃんだけでなく海未ちゃんに対してもだよ」

海未「・・・・・・」

穂乃果「だから穂乃果は二人の気持ちを受け入れることはでき」


雪穂「ちょっと待ってお姉ちゃん!」


穂乃果「雪穂!?」

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 06:02:42.60 ID:tkf/FhYM0
雪穂「ち、違うの!援交は私が望んでやったことなの!」

穂乃果「でも雪穂の気持ちを踏みにじったんだよ!雪穂だって悲しんでたじゃん!」

雪穂「そ、そりゃ~セ○クスできなかったからだよ!私、こうみえてもすっごいエ○いんだよ!」

穂乃果「でも・・・・・・」

雪穂「お姉ちゃんは私のこと気にしなくていいから、海未さんやことりさんと仲良くしてればいいの!」

雪穂「仲が悪い三人なんてみたくないんだよ、私は。そのためだったらピエ○にでもなんにでもなるさ!」

雪穂「さぁさぁさっさと仲良くしたらどうよ?」

穂乃果「雪穂・・・・・・」

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 06:11:50.81 ID:tkf/FhYM0
海未「・・・・・・私が悪いのです、今まで微妙な三角関係を壊そうとしたのですから」

海未「ことりの言うとおり、私が雪穂にちょっかいを出さなければなにも起きなかったのかもしれません」

海未「本当に申し訳ありませんでした!」

ことり「・・・・・・いや、結果的に穂乃果ちゃんを殺して、みんなを悲しませたのはことりの責任だよ」

ことり「死刑にでも何にでもなるから、これからもみんなの友達でいてほしいな」

ことり「本当にごめんね!」

穂乃果「・・・・・・穂乃果も二人の気持ちに気づけなかった。気づいていればこんなことにならなかった」

穂乃果「今後、雪穂を悲しませることしないと約束してくれるなら、穂乃果も二人の気持ちに答えようと思うからっ」

穂乃果「ごめんなさい!」

雪穂「・・・・・・じゃあ、仲直りの記念にウチで和菓子食べて行きません?」

海未「いいですね」

ことり「賛成!」

穂乃果「雪穂、おなかへったー!」

絵里「・・・・・・これで一件落着ね」

希「正直ウチらがでる幕はなかったな」

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 06:21:48.24 ID:tkf/FhYM0
海未「うまい・・・・・・」モグモグ

ことり「もう一つお願い!」モグモグ

雪穂「おかわりまだまだありますからねー」

穂乃果「おいしい・・・・やっぱりほむ饅は最高だよ」モグモグ


ゴーン ゴーン


??(高坂穂乃果さん、お時間です)

穂乃果(あ、あなたは?)

使者(私は天界の使者。あなたをあの世に導くためにお迎えに参りました)

使者(ちなみに他の人間には見えておりません。)

穂乃果(そっか・・・穂乃果あの世に行かなきゃならないんだね)

穂乃果(・・・・・・みんな、最後にさよなら言えなくてごめんね)

使者(出発してよろしいでしょうか)

穂乃果(問題ないです)

使者(それでは・・・地獄へ案内いたします)

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 06:32:53.23 ID:tkf/FhYM0
――その後穂乃果は、地獄でアイドル活動をすることで、
地獄の警官である鬼から、その活動度に応じて住居や食料を支給された。
罪人たちには非常に人気があるようで、穂乃果もそこそこ楽しく暮らしていた。

そんなある日。

鬼「閻魔さまからの現世帰還証明書だ。もう二度とくんなよ」

穂乃果「ありがとうございます!」

鬼「お前の仲間が死者蘇生装置を作っているからそこから帰れるそうだ」

穂乃果「・・・・・・にこちゃんも帰れるの?」

鬼「早く引き取ってくれ、あいついらない」

にこ「・・・・・・地獄の方が居心地いいわねー。現世に帰りたくないわー」

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 06:38:24.13 ID:tkf/FhYM0
――現世

真姫「遅くなったわね、死者蘇生装置できたわよ」

希「おーやっとできたんか」

真姫「この装置、一回作るたびに高エネルギーを消費するから、そんなに頻繁に使えないのよ」

真姫「それに、なんでにこちゃんまで殺すのよ!ワケワカンナイ!」

絵里「まぁ、これで久しぶりにμ'sが揃うわね」

凛「待ちくたびれたにゃー」

花陽「穂乃果ちゃんとにこちゃんに会うの楽しみだね」

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 06:43:50.34 ID:tkf/FhYM0
海未「穂乃果が・・・・・・帰ってきますね」

ことり「うん・・・・・・」

海未「私、思いついたことがあるんです。言ってみていいですか?」

ことり「たぶん、考えてること一緒だと思うよ。言ってみて」


海未「穂乃果が帰ってきたら、私とことり、穂乃果と雪穂の4人で」

ことり「4Pレズセ○クスをやりたいっ!」


海未「穂乃果が帰ってくるのが楽しみですね」

ことり「雪穂ちゃんにも許可もらったし問題ないよね♪」

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 06:44:24.80 ID:tkf/FhYM0
真姫「それじゃスイッチいれるわよー!」ポチッ


ビビビビビビビ


穂乃果「・・・・・・」

穂乃果「・・・・・・ふふっ」



穂乃果「みんな、お帰りっ!」



THE END

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/14(木) 06:46:25.30 ID:tkf/FhYM0
ほのぼのとしてたと思います(錯乱)
最後まで御付き合いいただきありがとうございました

引用元: 穂乃果「」