1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 19:37:12.19 ID:5qUbQQwk0
P (自宅で休養中、雪歩がやって来るのを待っていたところ
   何者かによって家の扉を破られそうになってしまう
   侵入されてしまう前にと、こちらから打って出ることにした)



   飛びつき、動きを封じようと強く抱きしめる
   同時に柔らかい感触が伝わってきた
   Pはここでやっと相手の顔を確認する

P 「……貴音?」   

貴音「ええ、わたくしです」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 19:38:03.98 ID:5qUbQQwk0
P 「貴音だったのか? さっきから叩いたりしてたのは」

貴音「呼び鈴を鳴らしたのですが、返答がなかったものですから
   動ける状態ではないのかと思い」

P 「だからって無理矢理はやめてくれよ、壊れたら困るだろ」

貴音「申し訳ありません、少々強引でしたか」

P 「俺の方も悪いんだけどな、居留守を使ってたわけだし
   誰かが来るなんて思ってなくてさ」

貴音「前もって伝えておけばよかったですね
    ところでどうされたのですか? このような出迎えをなさるとは」

P 「!」

  自分が貴音に抱きついたままだったことに気がつく

P 「>>5しようと思ったんだ」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 19:43:27.39 ID:K62WDol40
スケベ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 19:50:54.43 ID:5qUbQQwk0
P 「つい苛々しちゃってな、あんまりしつこく居座ってるからさ」

貴音「申し訳ありません……」

P 「だから、スケベでもしてやろうかと思ったんだよ」

貴音「すけべ?」

P 「こういうことだよ!」

  貴音を戸口へ押し倒すP

貴音「>>10

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 20:05:20.18 ID:xfkoPeuw0
お上品に少しだけ抵抗

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 20:07:40.12 ID:5qUbQQwk0
貴音「……」

  組み伏せられ、為すがままになっている
  大声を上げる、暴れるなど抵抗するつもりはないようだ

P 「無駄なことはしないってわけか、懸命な判断だな」



P 「ここは一応閉めておくか、誰かに見られでもしたら大変だからな
   それじゃ早速」

   Pは横たわったままの貴音に覆い被さり……



P 「ふう、この辺りにしておくかな」

貴音「……終わったのですか?」

P 「ああ、いきなり襲ったりして悪かったな」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 20:09:02.85 ID:5qUbQQwk0
1 このまま進む
2 戻る

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 20:09:45.16 ID:BdIURyLz0
1

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 20:16:15.64 ID:5qUbQQwk0
貴音「構いません、わたくしも望んでいたことですので」

P 「何度か似たようなことがあったな、そういえば」

貴音「ですから、あなた様はただ求めに応じたとしておけば」

P 「……すまん」

   ピンポーン

貴音「おや、来客でしょうか」

P (夢中になって忘れてたぞ…… 雪歩が見舞いに来るんだった)

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 20:24:23.36 ID:5qUbQQwk0
   ピンポーン

雪歩(……出てこないな、P お部屋にいるんだよね?)

   ガチャ

雪歩(あれ? 鍵が開いてる、入っちゃっていいのかな)

雪歩「P? お邪魔しま~す……」

P 「雪歩!?」

雪歩「Pに……四条さん? ……ふたりともどうして裸なんですか」

P 「>>20なんだ!」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 20:28:35.16 ID:vqBp3bk60
お○ぱい

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 20:31:16.56 ID:vuouGPmg0
意味わからんwww

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 20:38:14.56 ID:5qUbQQwk0
P 「お○ぱいなんだ!」

雪歩「…………P?」

P 「貴音の身体に興奮してしまってな、勢いに任せて襲ってしまったんだよ」

雪歩「……」

P 「雪歩が来ることを忘れててさ、すまん
   すぐに着るから、貴音もだぞ」

貴音「はい、あなた様」

雪歩「……私なんて必要なかったんですね
    いってくれればよかったのに、四条さんがいるって」

P 「いや、俺にも連絡は来てなくてな
   雪歩と話したときには知らなかったんだよ」

雪歩「>>25!」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 20:51:58.28 ID:5qUbQQwk0
雪歩「……っ!」

   手に提げていた荷物を投げ出し、走り出す雪歩

P 「あっ! おい、雪歩!?」

   捕まえようとするものの、服を着ていないために踏み止まる
   慌てて服を着て飛び出すが、雪歩の姿は見えなくなっていた

P 「……」

   雪歩の残したものを見ると、袋に野菜やプロテインが入っている
   料理の材料を持ってきたのだろう

P (悪いことをしたかな…… >>27しないと)

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 20:53:16.87 ID:NZpFMLXX0
貴音とセ○クス

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:00:02.38 ID:5qUbQQwk0
貴音「雪歩殿は? あなた様に用があったのでは」

P 「まずいところを見られてしまったからな……
   居たたまれなくて帰ってしまったんだろう」

貴音「その食材は」

P 「これか? 実は食事を作ってくれるように頼んでたんだ
   きっとその材料だろうな」

貴音「では、わたくしが調理しましょう 使用してもよいのなら」

P 「貴音が作ってくれるのか? できたら頼みたいな」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:05:46.33 ID:5qUbQQwk0
P (雪歩の持ってきた食材を使い、貴音が作った煮こみを食べた)



P 「旨かったよ 悪いな、作らせちゃって」

貴音「いいえ、わたくしも空腹でしたから」

P 「そうだ、よかったら泊まっていかないか?」

貴音「それは……」

P 「だめならいいんだ! あくまで俺の希望だから」

貴音「あなた様が望まれるのでしたら」



P (貴音と一夜を過ごした)

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:10:34.80 ID:J3+A9NBk0
クズかよ

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:12:16.75 ID:5qUbQQwk0
P (大分楽になったな、これなら仕事も問題なさそうだぞ)

貴音「今日は事務所へ行かれるのですか?」

P 「疲れも取れてきたからな」

貴音「では、わたくしも一緒に参りましょう」



P 「おはようございます」

小鳥「おはようございます、Pさん」

P 「急に休んじゃってすみません、ちゃんと調子は戻りましたから」

小鳥「それなら安心ですね あら?今日は早いんですね、貴音ちゃん」

P 「俺と同じ時間に出ましたからね」

小鳥「えっ? それって……>>33

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:23:15.87 ID:NZpFMLXX0
Pのお嫁さんってことですか?

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:29:54.20 ID:5qUbQQwk0
小鳥「もしかして、Pさんのお家に?
    ……お嫁さんになるってことですよね?」

P 「たまたま途中で会っただけですよ!
   同じ時間っていうのはそういう意味で」

小鳥「でも……」

P 「冗談はやめてくださいよ、みんなに聞かれたらどうするんですか」

小鳥「は~い、分かりました」

貴音「? 真実でしょう」

P 「貴音もやめてくれよ、人前で話すのは」

貴音「……」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:33:25.71 ID:5qUbQQwk0
春香「おはようございます!」

P 「おはよう」

春香「あっ、Pさん! あれからどうなったんですか?
    急に電話切っちゃうんですもん、かけ直しても出てくれないし」

P 「あれか、犯人は貴音だったから平気だよ」

春香「えっ? もしかしてまた……」

P 「見舞いに来てくれただけだから心配するな」

春香「本当ですか? よかった……」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:36:21.88 ID:5qUbQQwk0
雪歩「……」



P (雪歩がやってきたが、気分が沈んでいるようだ
   >>39してみるか)

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:42:08.33 ID:MxCGKDZm0
抱きしめる

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:49:35.38 ID:5qUbQQwk0
P (抱きしめてみよう、貴音だけにやったのが悪かったのかもしれないぞ)



P 「雪歩ー!」

雪歩「……」

P 「あんな姿を見せてしまってすまん、せっかく見舞いに来てくれたのに」

雪歩「…………いいんです、私が勝手に行っただけですだから」

P 「機嫌を直してくれないか? あのときは少しおかしかったんだよ」

雪歩「…………」

P (やはり言葉ではだめだな、よし)

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:51:10.52 ID:qIi8zJJx0
雪歩とやよいって誰得だよ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:52:32.95 ID:KJh6quZ20
俺得だが

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:53:10.46 ID:5qUbQQwk0
P 「この通りだ!」

雪歩「!?」

   雪歩の身体を引き寄せ、強く抱きしめるP

雪歩「困りますぅ……離してください……」

P 「だめだ! 雪歩が許してくれるまでこうしてるぞ!」

雪歩「うぅ……>>45

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 21:55:32.99 ID:WJTo+8wi0
ふう・・・・・・

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:02:46.68 ID:5qUbQQwk0
雪歩「うぅ……ふぅ……」

P 「雪歩?」

雪歩「……苦しいですぅ、離して……」

P 「すまん、力を入れすぎたか」

雪歩「……怒ってるわけじゃないんです
    迷惑なのに押しかけたりしちゃったことが嫌なだけで……」

P 「迷惑なわけないだろ、雪歩が持って来てくれたものはちゃんと食べたし
   プロテインも飲んでるぞ」

雪歩「……いいんです、気を遣ってくれなくて」

P 「>>49

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:08:55.71 ID:xjUi7G+q0
ちょっとう○こしてくる

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:16:03.63 ID:5qUbQQwk0
P 「少しだけ待ってくれ、ちょっとトイレに行ってくる」



P 「すまん雪歩、急に腹が痛くなって……」
  (? 雪歩の姿が見当たらないな…… どこに行ったんだ)

P 「春香、雪歩を見なかったか?」

春香「あっ、雪歩なら帰っちゃったみたいです」

P 「話の途中だったんだが……」

春香「急用ができたっていってましたよ、これは伝言だそうです」

   メモ帳から破ったような紙片が2つ折になっている
   開くと、53-55と書いてあった

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:20:14.01 ID:Fjylc6Au0
72

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:20:19.00 ID:WJTo+8wi0
もう疲れました

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:21:17.04 ID:xCtMapZy0
これからは私を養ってください

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:26:08.54 ID:5qUbQQwk0
   もう疲れました、これからはPが私を養ってください


                                 72

P 「……」

春香「何て書いてあったんですか? Pさん」

P 「これだよ、養ってくれとか」

春香「つまり、結婚してくださいってことかな……」

P 「その意味なのか? 72という部分が分からないが」

春香「そうですよね、どうして千早ちゃんの……」

P (恐らく、雪歩は>>58といいたいんだろう それなら俺のやることは>>61だ)

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:42:31.52 ID:zeyIJybN0
豊胸

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:46:14.82 ID:5qUbQQwk0
P (恐らく、千早はまな板だといいたいんだろう それなら俺のやることは決まっている)


春香「あの、Pさん…… 手紙の意味は」

P 「千早はまな板だってことだ」

春香「それはひどいですよ、いくら小さいからって……」

P 「仕方ないだろ、雪歩がそう思ってるんだから」

春香「ええ……どこにも書いてないじゃないですか そんなこと」

P 「とにかく、そういうわけなんだ 小鳥さーん!」

小鳥「はい?」

P 「大事な用ができたので出かけてきます!」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:53:53.21 ID:5qUbQQwk0
小鳥「? はい」

P 「すみません、じゃあそういうわけなので!」

春香「どこに行ったんだろう……Pさん」



P (豊胸手術を行うことを決め、整形外科へ向かった
   承諾してくれるのに多少時間がかかったが、そこは説得した
   手術は無事成功し、見事に豊かな胸を手に入れたのだった
   事務所のみんな、特に千早の驚きようときたら……)



終わり

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:57:30.90 ID:5qUbQQwk0
1 進む(雪歩と貴音のどちらも家に来なかった)
2 戻る
3 終わる

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:57:50.60 ID:zeyIJybN0

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:58:51.29 ID:5qUbQQwk0
71-73のアイドル

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 22:59:19.88 ID:xCtMapZy0
72

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:00:16.34 ID:YWDs14wG0
あずさ

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:00:42.73 ID:zeyIJybN0
美希

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:01:24.50 ID:5qUbQQwk0
やること

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:03:46.90 ID:5qUbQQwk0
>>80

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:07:09.01 ID:t+q0Js+b0
有人火星探査

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:13:12.23 ID:5qUbQQwk0
P 「休めたおかげで楽になったぞ
   これなら仕事をするのに問題ないだろう」



P (千早とあずささん、美希と番組の収録だ
   3人を連れてTV局へやってきたぞ)

千早「科学についての番組、でしたね」

P 「ああ、宇宙や>>84について学ぶらしい」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:17:30.70 ID:zeyIJybN0

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:21:45.37 ID:5qUbQQwk0
P 「宇宙と胸について学ぶ番組だな」

千早「……何ですって?」

P 「胸だよ、どちらも神秘的なものだろ
   そこからの繋がりじゃないかな」

千早「……どこが科学なんですか」

P 「俺にいわれても困るよ、そういうテーマなんだから」

千早「はあ……分かりました 行ってきますね」

P 「頑張ってな」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:28:12.44 ID:5qUbQQwk0
   「宇宙というのはこのように~」



P (そろそろ前半が終わるようだ、ここまでは宇宙の話だったな)



   「ゲストの三浦あずささん、星井美希さんは見事なものをお持ちですね」

あずさ「いえいえ、それ程でもありませんよ」

美希「そうなの、まだ大っきくなってるよ」

    「如月千早さんは……>>90ですね」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:30:24.31 ID:t+q0Js+b0
地震

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:39:01.18 ID:5qUbQQwk0
   「小さいことが悪いとは限らないですよ、如月さんのように
    例えば、もし地震が起きても安心ですからね」

美希「地震って?」

   「揺れる心配をしなくてもいい、こういうわけです
    お二方なら歩くだけでも揺れてしまう
    しかし如月さんなら、地震が来ても影響はないでしょうと」

美希「そうなんだ? よかったね、千早さん」

千早「…………」

あずさ「千早ちゃん……」

千早「>>94

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:43:27.97 ID:1o2LeFv+O
泣く

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:50:37.80 ID:5qUbQQwk0
千早「……ぅっ、ぐす…………」

あずさ「あらあら、泣かないで 千早ちゃん」

千早「ごめんなさい……私っ……」



P (様子が変だぞ、千早が俯いているみたいだ
   それに進行が止まっているような)



P 「それで千早が泣き出したと」

あずさ「そうなんです、傷ついちゃったみたいで……」

P 「落ち着いたら再開ですか?」

あずさ「はい、それまでは中断するそうです」

P 「分かりました、その間に>>98>>100しておきますよ」

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:51:32.70 ID:xCtMapZy0
群馬

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:52:37.64 ID:rSuedyUo0
グンマー人と戦闘

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/30(金) 23:56:39.81 ID:5qUbQQwk0
P 「群馬へ行ってグンマー人と戦ってきます」

あずさ「群馬ですか? どうして急に」

P 「俺がやらなくちゃいけないんです、他の奴には任せられない
   あずささん、千早と美希をお願いします」

あずさ「えっ? はい、それはもちろん」

P 「あずささんがついていてくれれば安心です、それじゃ行ってきます!」

あずさ「いってらっしゃい?」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 00:02:58.97 ID:dsLNBCn00
あずさ「困ったわ…… Pさんがいなくなっちゃうなんて」

美希「Pさんは? 千早さんを慰めるの手伝ってほしいな」

あずさ「それがね、いなくなっちゃったのよ」

美希「? 始まる前はここにいなかった?」

あずさ「ええと 群馬に行く、っていって出かけちゃったのよ」

美希「む~、勝手にいなくなっちゃ困るの!
    じゃあ、あずさでもいいの こっちに来て」



千早「…………」

あずさ(どうやって慰めればいいのかしら……)
    「千早ちゃん、>>106

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 00:07:59.69 ID:XxC3E3g+0
ぺろぺろ

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 00:13:55.33 ID:dsLNBCn00
あずさ「千早ちゃん」

千早「……あずささん」

あずさ「ぺろぺろ」

千早「っ!? 何するんですか!」

あずさ「ええと、元気がないみたいだったから」

千早「それで、どうして舐めたりするんですか……」

あずさ「うふふ、こうすればいいかなって思ったの」

千早「もう、変なことはやめてください」

あずさ「でも、効果はあったみたいね」

千早「……すみません、私のせいで番組が」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 00:19:02.90 ID:dsLNBCn00
あずさ「いいのよ、私も少しいいすぎじゃないかと思ったもの
     戻りましょう、収録を再開しないと」

千早「はい」

美希「あれ、もう大丈夫なの? 千早さん」

千早「ええ、ごめんなさい」

美希「気にしてないの、休憩だと思えばいいよ」



P (群馬へ着いたぞ…… 装備は>>111>>113だ)

111: 【末吉】 投稿日:2011/10/01(土) 00:19:43.82 ID:m8GDtdxsi
レールガン

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 00:21:02.66 ID:VtsVqBZJ0
アホ毛

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 00:27:15.22 ID:dsLNBCn00
P (車両に取りつけたレールガン それとあずささんの触角、もとい髪の毛だ
   相手の出方によって使い分けることになるだろうな)


   車から降りず、慎重に進んでいく

P (あれは……>>117だ!)

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 00:36:19.25 ID:AbP6dgc9O
加速下

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 00:36:48.67 ID:cclf3Xcv0
ののワさん

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 00:41:22.78 ID:dsLNBCn00
P (ののワさんだ! しかし、何故こんなところに?)

  「のワの」

P (こちらへ近づいてくる……)

  コンコン

  車へ近づき、ドアを叩いているようだ

P 「乗せろ、そういってるのか?」

  窓を開け、ののワへ声をかけるP

  「のワの」

P 「どうやらそうみたいだな…… よし、一緒に連れて行こう」

  「のワの」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 00:48:45.88 ID:dsLNBCn00
美希「うーん、やっと終わったの」

あずさ「そうね、ふたりともお疲れ様」

千早「お疲れ様でした」

あずさ「Pさんは……まだ戻られないのかしら?」

千早「待機していたのでは?」

美希「戦い、に行ったんだって ねえ、あずさ」

あずさ「そうなの、突然飛び出していっちゃって」

千早「仕方ないですね…… >>124しましょう」

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 00:56:21.37 ID:IVTT8B5Q0
グンマーがり

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 00:59:54.38 ID:dsLNBCn00
千早「私たちもPの元へ行きましょう!」

美希「え~、ミキは帰りたいんだけどな」

千早「我儘いわないの、Pを連れ戻さなくちゃ
    あずささん、Pはどこへ?」

あずさ「群馬、とだけいっていたわ」

千早「分かりました…… 群馬へ向かいましょう」

美希「でも、どうやって行くの? Pさんの車ないんだよ」

千早「>>129すればいいわ」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:02:33.74 ID:m8GDtdxsi
たまたまそこに伊織の(ry

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:10:05.78 ID:dsLNBCn00
千早(たまたま局を訪れていた水瀬さんに頼み、車へ乗せてもらえることになりました)



伊織「どうして私が送ってあげなきゃいけないのよ……」

千早「ごめんなさい、移動手段がなかったものだから」

伊織「Pを連れ戻しに行くんだっけ? アイドルをほったらかして何やってるのよ、全く」

千早「それが……戦いに行ったとか」

伊織「はあ?」

千早「私たちも詳しいことは分からないの、まずはPを見つけなくては」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:14:34.02 ID:dsLNBCn00
P 「くそっ! 数が多すぎてレールガンじゃ対応できないぞ!
   散開されなければやりようはあるんだが……」

  「のワの」

  敵の集団と遭遇し、追い立てられるように走り回っていた
  狙いをつけられないようにするのが精一杯だ

P 「この状況を打破するには……>>134だな」

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:18:30.73 ID:IVTT8B5Q0
小銃を取り出す

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:25:31.18 ID:dsLNBCn00
P 「小銃を用意しておいたが……運転しながらでは使えないな」

  「のワの」

P 「ののワさん?」

  「のワの」

P 「運転を代わってくれるのか? しかしその足じゃ運転は」

  「のワの」

P 「問題ない? ……そうだな、このままじゃ力尽きるのを待つだけか
   ここはののワさんに任せるよ!」

  車を一瞬だけ停止させ、すぐさまPとののワが入れ替わった
  そのまま発進、Pが小銃で後方へと攻撃を始める

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:28:41.19 ID:dsLNBCn00
  Pの射撃により、少しずつ追っ手も数を減らしている

P 「よし、この様子なら撒けるか?」

  「のワの」

P 「ののワさん? 前に何が……」

  「のワの」

P 「あれは……>>138じゃないか」

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:29:20.02 ID:xDy0uKH60
オオグンタマ

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:36:52.23 ID:CCu/RtZJ0
貴重な産卵シーンが見られるのか?

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:37:23.41 ID:dsLNBCn00
P 「オオグンタマじゃないか」

  前方に目を向けると、奇妙な哺乳類
  オオグンタマが群れで集まっている

P 「あの数を突っ切れるか……?」

  「のワの」

P 「もしタイヤが滑りでもしたら……」

  「のワの」

P 「そうだな、レールガンで吹き飛ばしてやろう」

  開けたルーフから身を乗り出し、固定してあるレールガンを準備

P 「よし、問題ないな あとは狙いを」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:45:48.29 ID:dsLNBCn00
P 「FIRE!」

  ドドン!

  電磁誘導により加速した砲弾がオオグンタマの群れへ飛び
  着弾による土煙と共に、半数以上を肉片に変えてしまう


P 「成功だ、これで通れるぞ!」

  「のワの」



伊織「いないわね……」

千早「確かに無謀だったかもしれないわ…… 手がかりもなしに探すなんて」

伊織「あんたが行けっていったんでしょうが」

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:47:45.36 ID:dsLNBCn00
千早(考え直した方がいいのかしら? 何かいい方法は
    そうだわ、>>146してみるのがいいかも)

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:52:26.18 ID:dsLNBCn00

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:54:56.29 ID:m8GDtdxsi
雄叫び

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 01:59:11.73 ID:dsLNBCn00
千早(こちらからじゃなくて、向こうから来てもらう……
    思い切り叫んでみるのはどうかしら)

千早「水瀬さん、車を止めてもちょうだい」

伊織「? 分かったわ」

千早「ありがとう」

   車を降りると、深く深呼吸し
   あらん限りの声で>>149と叫んだ

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 02:02:04.94 ID:VssRmIjI0
punks not dead!!!

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 02:10:06.30 ID:dsLNBCn00
千早「punks not dead!!!!!!!!」

   千早の叫びは車の窓ガラスを全て割る程の威力を発揮し
   離れているPの耳にも確かに届いていた


P 「?」

  「のワの」

P 「前の方から聞き覚えのある声が…… いや、気のせいだな
   あいつらが騒いでるだけか」

  「のワの」

P 「ああ、挟み撃ちにするつもりかもしれない そうなると厄介だぞ」

  「のワの」

P 「後方のやつらを一気に片づけるしかないな」

  「のワの」

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 02:14:51.23 ID:dsLNBCn00
P 「ののワさんとはお別れだな、巻きこんで悪かった」

  「のワの」

P 「いいや、これ以上助けてもらうわけには……」

  「のワの」

P 「俺にまだつき合ってくれるのか?」

  「のワの」

P 「生き残れるか分からないんだぞ、それでも?」

  「のワの」

P 「ありがとう……ののワさん」

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 02:19:09.78 ID:dsLNBCn00
P 「行こうか、ののワさん」

  「のワの」



P 「俺とののワさんは逃げも隠れもしないぞ、死にたいやつからかかってこい!!」

  「のワの」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 02:19:44.85 ID:dsLNBCn00
Pとののワの戦いは続く

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 02:22:26.90 ID:dsLNBCn00
そろそろ寝ますのでここまで

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 02:27:45.60 ID:dsLNBCn00
次回はここから続ける、別の題で始める

どちらがいいでしょうか

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 02:34:07.77 ID:dsLNBCn00
分かりました

残っていれば昼に 落ちたらまた夜に

引用元: 雪歩「おいしいですか?」