1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 19:45:48 ID:LB3zUO+qP
響「なんか、もう疲れちゃったんだ……」

響「別に仕事は全然辛くない……自分、完璧だし」

響「でも、みんなが自分のこと……ぐすっ」

響「……こうやって話してても、誰も自分のことなんて気にしてない」

響「確かに自分はなんでもできるけど……」

響「ずっと一人なんて……やだ、嫌なのに」

響「最近、いろんな噂を耳にするようになって」

響「例えばおとといは……」

――

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 19:51:07 ID:LB3zUO+qP
ガチャッ

響「はいさー……ん?」

千早「我那覇さんはやっぱり……」

春香「……私もそう思う」

千早「そうでしょう?」

響(自分の話? どうしよう……盗み聞きは良くないけど……)

春香「つけない方がいいと思うんだよね」

千早「なんていうか……自分からわざわざする必要なんて」

春香「絶対つけない方がいいのに、もったいないよね……」

響(な、なんの話をしてるんだ……?)

春香「昨日お仕事一緒だったんだけどしゃべってるときもね、気になっちゃって」

千早「私も。どうしてなのかしら……わざわざあんな」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 19:57:22 ID:LB3zUO+qP
響(えっ?話してるとき……ま、まさかうちなーぐちが出ちゃってたのかっ!?)

春香「だぞーだぞー!って言いながら髪の毛触ったりして」

千早「でも本人はお気に入りみたいだし……」

響(や、やっぱり語尾っていうかうちなーぐちが……?)

春香「ぶっちゃけちゃうと邪魔だよね!」

千早「正直私もそう思ってたわ」

響(う、嘘だ……あの二人がそんなふうに思ってたなんて……)

春香「自分じゃ気がつかないのかな?」

千早「そういうものでしょう、案外人に言われて気がつくものよ」

響(そ、そんな……自分は……)

響「う、うぅ……」

響(とにかく今は事務所に入れないぞ……)

バタン

春香「え? ひ、響ちゃん?」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:00:23 ID:LB3zUO+qP
千早「確かに今のは我那覇さんの声に聞こえたけど……」

千早「……誰もいないみたいね」

春香「あれぇ? 気のせいかなぁ……」

千早「きっと話をしてたから、空耳よ」

春香「あ、うん、そうかも」

千早「それで、話を戻すけれど……実は私一度見たの」

春香「えっ!? も、もしかして……直接?」

千早「えぇ、それはもう……素晴らしかったわ」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:05:17 ID:LB3zUO+qP
春香「いいなぁ……私も見たい!!」

千早「見たことないの?」

春香「うん、写真で一回みただけで」

千早「だったら直接頼めばいいじゃない」

春香「えー! なんか恥ずかしいっていうかさ」

千早「まあ私も言えないからこうしているんだけれど……」

春香「だよねぇ、でも見たいなぁ」



春香「リボン外した響ちゃん!!」

千早「あの可愛さはなんていうか……卑怯よね」

春香「ホントホント!」

千早「ただでさえスタイルもいいのに……うらやましいわ」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:10:36 ID:LB3zUO+qP
春香「あ、でもねでもね! リボンをつけた響ちゃん、あれはあれで可愛いんだよ!」

千早「わかる、わかるわ……」

春香「これ昨日買ったんだけど、どうかな? って目をキラキラさせて聞いてきたりしてさ!」

春香「似合ってるよ! そう言うと満更でもなさそうに照れるのがまた可愛い!!」

千早「なんていうのかしら、あの感じは抱きしめたくなるわね」

春香「でもやっぱり、外した姿も見たい!!」

千早「本人はその可愛さに気が付いてないっていうお決まりのパターンだものね」

春香「それに比べて私はリボン外したら何も残らないし……」

千早「確かにそうね」

春香「ちょ、千早ちゃん!? 早くない!? ねぇ!」

千早「ならこの際春香もリボンを外せばいいのよ。我那覇さんに話しかけやすくなるし」

春香「そ、それは勘弁して!!」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:14:15 ID:LB3zUO+qP
――

響「うちなーぐちは確かにわかりずらいけど……皆そんなに気にしてたなんて」

響「でも、春香たちが言ってることもわかる気がする……」

響「自分のことばっかり考えて、自分だけわかることばを使って……」

響「思い出したらまた悲しくなってきたぞ……」

響「それだけじゃない……昨日だって……」

――

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:17:50 ID:LB3zUO+qP
伊織「あら響おはよう」

響「おっ、おはよう伊織! それにやよいも!」

やよい「あ、響さんおはようございまーす!」

響「そういえば二人はいつも一緒だな~」

伊織「え? たまたま、偶然よ」

やよい「伊織ちゃんとはよく会うんですよ~」

響「いいな~うちは遠いから、なかなか他の皆と途中で会えないし」

やよい「それに、伊織ちゃんとは仲良しですから!」

伊織「ちょ、ちょっとやよい……」

響「あはは、それはすっごくわかるぞ! やよいおり、って感じだな!」

伊織「それに比べて、響はいつも一人よね」

響「え?」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:21:16 ID:LB3zUO+qP
やよい「あ、確かにそうですね~」

響「そ、そうかな……」

響「で、でもほら、事務所にくれば皆と会えるし!」

やよい「でも、響さんは一人でいいと思いますよ!」

響「えっ……」

伊織「そうね、私もそう思うわ」

響「……」

響(ふ、二人ともそんな風に……?)

伊織「なんていうか、困らないものね」

やよい「困らない?」

伊織「ほら、別に響は一人でも」

響(自分はいない方がいいってこと……か? そんなこと……)

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:25:38 ID:LB3zUO+qP
響「そ、そんなこと!」

やよい「でも、そんな感じしますよね!」

響「や、やよい……まで……」

響(二人は……仲がいいから……)

響(それに比べて……自分は、こうやって一人で……)

やよい「あ、それに……」

響「ご、ごめん自分ちょっと……」

響(まさかこの二人が……いやだ……!)

ダッ

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:33:00 ID:LB3zUO+qP
やよい「あ、響さん!」

伊織「トイレかしら?」

やよい「かなぁ? でも、うらやましいよね!」

伊織「まあ確かに、あそこまでなんでも一人でこなせるっていうのは、私も認めざるを得ないわね」

やよい「こなせる?」

伊織「困らない、って言ったでしょ? 響はいろんなことが、一人でもできるのよ」

やよい「そっか! でもでも、響さんが私達の中に入ったらもーっと楽しくなるかなって!」

伊織「そうね、それはもちろんだけど、私だって一人でも問題はないわ」

やよい「伊織ちゃんは、一人の方がいいの?」

伊織「え?」

やよい「私は、響さんや他の皆に比べてあんまりダンスとか得意じゃないし、
    できれば伊織ちゃんや響さんと、一緒に頑張れたらなーって。それに一人より皆の方が楽しいでしょ?」

伊織「そ、それは……もちろんよ、当たり前じゃない」

やよい「あ、そうだよね!」

伊織「ただ一人でできるってだけで、私も、響も、皆仲間で頑張るのが一番なんだから」

やよい「うん! それじゃ、今日も頑張らなきゃ!!」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:36:20 ID:LB3zUO+qP
-----

響「別に自分は……一人でいたいわけじゃなくて」

響「仲間がいないってわけでもなくて……でも」

響「だんだん、自分が嫌われてるんじゃないかって……」

響「……自分、一人の方がいいのかな」

響「……そうだ、今朝も」

------

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:41:48 ID:LB3zUO+qP
真「えっと、次の歌の打ち合わせだよね」

響「うん、プロデューサーがしておいた方がいい、って」

真「オッケーそれじゃ……」

美希「おはようなのー!」

雪歩「おはよう、あ、真ちゃんと響ちゃん」

響「あ、美希と雪歩か! はいさーい!」

美希「打ち合わせ?」

真「うん、二人でダンスを踊ることになってさ」

雪歩「それじゃ美希ちゃん、あっちで何かしてようか」

美希「あ、うん」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:46:47 ID:LB3zUO+qP
真「そしたらここは……」

響「うーん、こうした方がよくないか?」


美希「ーーでね」

響(美希の声?)

美希「……くさいの」

響「えっ?」

真「どうかした?」

響「あ、いや、ごめんなんでもない」

響(なんか声が大きいからびっくりしちゃったけど、何の話してるんだろ?)


雪歩「確かに……私もそう思う」

美希「本当嫌なの!」

雪歩「でも、我慢しなきゃ」

美希「……響」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:48:08 ID:h9Muo5x00
響はいいにおいだよ!!

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:50:11 ID:LB3zUO+qP
響「え?」

真「響?」

響「あ、あははごめん! ちょっと美希たちの会話がさ」

真「あ、なるほどね。ごめん、ここからだと僕には聞こえづらくて」

響「自分もたまに聞こえるだけだからついびっくりして! えっとなんだっけ?」

響(自分のこと呼ばれた気がしたけど……気のせい、だよね?)


美希「それがね、響、何て言ったと思う?」

雪歩「え、響ちゃん?」

響(な、何?)

美希「……なの」

真「僕としては、ここで見せ場を作りたいから……」

響(き、聞こえなかったぞ……)

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:55:40 ID:LB3zUO+qP
雪歩「え、えぇえ!?」

美希「あはっ、雪歩驚き過ぎなの!」

雪歩「でもそれって、なんていうか……」

美希「ズバリ、くさいの」

響(な、何?)

美希「まさかあんな……ミキもびっくりしちゃった」

響(な、なんの話……)

雪歩「でも確かにそれは……くさい、かも……」

響(ゆ、雪歩まで!? な、何が……)

美希「なんていうか、流石響ってカンジ」


響「……」

真「ねぇ、響はどう思う? 響?」

響「え? あ、ううんいいと思うぞ!」

響(き、きっと気のせい……こっちに集中しなきゃ……)

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 20:59:38 ID:LB3zUO+qP
響(でも、なんで自分が……)


美希「ミキが思うのは、ほら、響ってペットを飼ってるでしょ? だからだと思うの」

雪歩「ペット?」

美希「そうじゃなきゃ、あんな風にならないでしょ? 今だから言うけど、すっごくくさかったと思わない?」

雪歩「……ま、まあね。ふふっ」

響(臭い……どうして)

響(別に、ペットの皆といるからって……臭くなんて……ない、はず)

響(……雪歩も、そういう風に思ってたのか)

雪歩「でも、響ちゃんらしいかな」

美希「ミキもそう思う!ミキにはとてもじゃないけどできないっていうか」

雪歩「私がそうだったらって考えたら……」


雪歩「とてもじゃないけど……もう顔、あわせられないかも……」

響「なっ……!」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 21:05:41 ID:LB3zUO+qP
真「ちょっと響、さっきから変だよ?」

響「あ、いや……」

美希「雪歩は大丈夫だよ!全然」

雪歩「う、うん」

響「……み、美希」スッ

響(自分は……)

真「え? ちょ、ちょっと響、どこ行くの?」


美希「あれ……なんか臭いの」

雪歩「え? あ、本当だ……」タタッ


響「じ、自分……」

美希「あれ? 響、どうしたの?」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 21:09:12 ID:LB3zUO+qP
雪歩「あちち、忘れてた……ごめんね……あれ? 響ちゃん?」

響「……さっきの、ホントなのか?」

雪歩「さっきの……? も、もしかして聞こえてた!?」

美希「本当っていうか、響の話でしょ?」

響「あ、う……」

雪歩「ひ、響ちゃん?」

響「う、うわあああああん!!」ダッ

美希「え? 響?」

真「ど、どうしたんだよ響!」

バタン

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 21:14:46 ID:LB3zUO+qP
真「行っちゃった……美希、雪歩、何かした?」

雪歩「えっ!? な、何も……でも、もしかしたら……」

美希「響は恥ずかしかったのかも。でも、まさか聞こえてるなんて思わなかったし」

雪歩「これ、一応さっき沸かしてたお茶、よかったら」

美希「さっき臭かったのってこれ?」

雪歩「う、うん……これはちゃんと煎れ直したけど、沸かしっぱなしにしちゃってて……」

真「それで、何の話をしてたの?」

雪歩「えっとね、この前美希ちゃんがグラビアの撮影があったんだって」

美希「真クンも知ってると思うよ、カメラマンで、あのサングラスのおじさんなの」

真「あー……あの、結構厳しいおじさんでしょ? 面倒だよね……」

美希「そうなの、ミキあのおじさん相手だといっつもめんどくさいなーって思ってて」

雪歩「私もあの人は苦手なんだよね……」

美希「それでこの前ね、響と一緒に撮影に行ったの」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 21:18:45 ID:LB3zUO+qP
美希「相変わらずで、ミキ嫌だったけど確かに写真はうまいから何も言わなかった、でも」

雪歩「響ちゃんがね、カメラマンさんに言ったんだって」



響『もー!そんなにごちゃごちゃ言われたってわかんない!』

響『なんていうか、ありのままの自分たちを写して欲しいぞ! だって、自分このままで十分なんだから!』

響『それに、カメラマンさんもプロなんでしょ? なら、適当に撮ってみてよ!!』



真「……響が?」

美希「うん、ミキもびっくりしちゃったの。今まで何度かカメラマンさんに文句を言ったことはあるけど」

美希「あそこまで”くさい”台詞を言えるってのはすごいなって」

雪歩「私つい笑っちゃったけど、実際に言うのってすごく大変そうだよね」

真「確かに……」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 21:22:49 ID:LB3zUO+qP
美希「でね、スタッフさんも皆一瞬固まっちゃったんだけど」

美希「カメラマンさん、目の色が変わってそのままはずーっと!何もしゃべらずに撮ってくれたんだよ、すごいでしょ?」

雪歩「私もなんていうか……苦手だから、少し言ってみたことあるけど大丈夫って言われて、それ以上何も言えなくて……」

真「でも、確かに響らしいな~」

美希「なの! それにね、写真が撮り終わった後、こんなことも言ってたの」


響『今日はありがと、カメラマンさん! えへへ、自分のこと綺麗に撮ってくれたかな?』

響『今までの写真もよかったけど、やっぱり自分はありのままを写して欲しかったから!』


美希「なんていうか、ミキの言いたいこと全部言われちゃったカンジ」

雪歩「きっと響ちゃんはペット飼ってるから、自然の表情が一番だってこと、自分自身でわかってるんだよね」

美希「実際その通りなの。美希たちはそのままが一番なんだから、そのまま撮って欲しいっていうのはあるかな」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 21:26:06 ID:LB3zUO+qP
真「でも確かに響はすごいけどさ、それでカメラマンさんが怒ったらどうするつもりだったんだろう……」

美希「そうなの! だから響はそこもすごいの!」

雪歩「そこまで強く言ってて……私なら、もう撮ってもらえないと思うもん……」

美希「カメラマンさん、すごく機嫌良かったよ? なんていうか、言ってもらってよかった~みたいな」

雪歩「きっとそのカメラマンさんも、私達から意見を言って欲しかった……のかも」

美希「響はそういうところも見てる、なんていうかすごいな、って改めて思ったの!」

真「なるほどね、確かに響らしい、かな」

雪歩「完璧、って言えるのがうらやましいなぁ……本当にそうだもんね」

美希「でもでも、スタイルならミキの方が上なの!」

真「それなら本当は、美希がカメラマンさんに言うべきだったんじゃない?」

美希「え?」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 21:30:07 ID:LB3zUO+qP
雪歩「あはは、真ちゃん意地悪だなぁ」

美希「そ、それは……それはそれ、これはこれなの!」

真「ま、そうだよね」

雪歩「でも美希ちゃんも響ちゃんも、もちろん真ちゃんもすごいよ……私なんかダメダメで……」

真「そんなことないって、雪歩も十分!」

美希「真クン!ミキは!」

真「うーん、だって美希は、それはそれ、なんでしょ?」

美希「ち、違うの! それも、それはそれなのー!」

真「あはは、冗談だよ冗談」

雪歩「というか、響ちゃんは……?」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 21:35:35 ID:LB3zUO+qP
----

響「……う、うぅ」

響「自分のこと……そんな風に……」

響「あの雪歩ですら、自分のこと……くさい、なんて思ってたなんて……」

響「……自分が悪いのかな」

響「気がつかないで、みんなに迷惑かけて……」

響「でも、いいんだ……もう、今日でこの事務所とはさよなら、だから」

響「……765プロのみんな、ありがとな」

響「それと、プロデューサー……そうだ、まだ何も言ってない……」

響「でも今さらあそこには戻りたくない……」

響「……プロデューサーが戻ってくるまで時間つぶそうかな」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 21:40:19 ID:LB3zUO+qP
――
響「ここならきっと誰とも会わないし……」


春香「あれ?」

千早「あら、もしかしてあれは……」


春香「響ちゃん!!」

響「えっ? あっ……は、春香……」

春香「珍しい、のかな? まさかこんなところで会うなんて!」

響「う、うん……」

春香「何かしてたの?」

響「い、いや特には何もしてないぞ……あっ、な、ない、よ?」

春香「そうなんだ~……あ、それじゃ私たちと一緒に買い物とか、どう?」

響「え? じ、自分……いいのか?」

春香「もちろん! いいよね、千早ちゃん!」

千早「もちろんよ、春香だけのセンスだと頼りないもの」

春香「だ、だから千早ちゃん……」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 21:45:05 ID:LB3zUO+qP
春香「これとかどうかな!」

響「え?」

千早「似合うんじゃないかしら」

響「そ、そうかな……」

春香「着てみよっ!」


春香「じゃん! どうよ、千早ちゃん!」

響「ど、どうかな……」

千早「でも、ちょっと大きいかもしれないわね」

春香「う~ん、このスタイルでこの柄、もう少し小さ目っていうと結構難しいよね」

響「その、ここまでキラキラした服じゃなくていい……よ?」

春香「ダメダメ! せっかくだしもっと可愛いの着てみて欲しいんだ!」

春香「あっ! この胸元開いたのとかセクシーでいいかも! ねぇ千早ちゃん!」

千早「……春香?」

春香「え? あ、別にわざとじゃないよ!」

千早「……くっ」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 21:50:23 ID:LB3zUO+qP
春香「ふぅ……結構買ったねー!」

響「いいのか、こんなに?」

春香「うん! ほとんど私の趣味だし、もらって? それでできれば着てほしいかな!」

響「……」

春香「響ちゃん?」

響「……春香たちは、その……自分のこと、嫌いだったり」

春香「え?」

響「方言とか……勝手につかって、なんか……」

春香「……もー!」

ギュッ

響「えっ? ちょ、ちょっと春香!?」

春香「響ちゃん、やっぱり可愛い!」

響「な、何!?」

春香「嫌いなわけないよ、私に言わせたらむしろ大好きだよ!」

響「で、でも……」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 21:55:24 ID:LB3zUO+qP
千早「私たちが我那覇さんを煩わしいなんて思ったこと、ないわよ?」

響「ち、千早も……」

春香「そうだよ! むしろ沖縄は響ちゃんのステータスって言うか!」

千早「春香のリボンみたいなものよ」

春香「な、何かおかしくないそれ……」

響「……そっか、自分勘違いしてたの、かな」

春香「うんうん、響ちゃんはほら、いつでも完璧じゃなきゃいけないから!」

響「そうだった……自分は完璧で」

春香「でも、たまには休まないとそうやって辛くなるでしょ? そういう時は私たちを頼って!」

響「春香……」

千早「力になれれば」

響「千早……」

春香「あーダメ! 我慢できないから、言っちゃう! 響ちゃん!」

響「な、何だ?」

春香「リボンをほどいでください!」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 22:00:25 ID:LB3zUO+qP
響「えっ?」

春香「髪を下した響ちゃんが見たいんです!」

響「ど、どうして……」

春香「お願いします!」

千早「てっきり春香のリボンをほどけと言ってるのかと思ったけれど」

春香「違うよ!」

響「それは別にいいけど……」

春香「ホント!? やったー!」



春香「それじゃ、またね!」

千早「我那覇さん、また」

響「あ、う、うん……また、またな!!」


響「春香たちは自分のこと嫌いになったわけじゃなかったんだ……」

響「でも……」

やよい「あ、響さん!」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 22:05:42 ID:LB3zUO+qP
響「や、やよい……と、伊織」

伊織「何よ、私たちとは会いたくなかったの?」

響「ち、違うぞ!」

やよい「あ、そうだ響さん!」

響「な、何だ?」

やよい「その……今度の新しい曲、ダンスが難しくて。なので、よかったら教えてもらえませんか?」

響「え? じ、自分でいいのか?」

やよい「はい! 響さんに教えてもらえれば安心です!」

伊織「私が教えるって言っても、響響って聞かなかったのよ?」

やよい「ち、違うよ! でもほら、伊織ちゃんもちょっと不安みたいなこと言ってたし」

伊織「わ、私は別に……でも、人数は多い方がいいでしょ? ……響!」

響「わぁ! ど、どうしたんだ?」

伊織「やるからには私たちを完璧にしなさい! アンタ、完璧なんでしょ!」

響「え? あ、う、うん」

伊織「ちょっと、そんなんでできるわけ? もっと声出しなさいよ!」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 22:10:25 ID:LB3zUO+qP
響「も、もちろん! 任せてくれ! なんたって自分は……完璧、完璧だからな!!」

伊織「全く、最初からその元気を出しなさいよ……」

やよい「昨日、なんていうか元気がなかったように見えて、心配してたんです」

響「え? あ、あぁ……」

伊織「でも、その様子なら大丈夫そうね」

響「う、うん……ありがとな、伊織!」

伊織「べ、別に私はアンタのためとかじゃなくて……その、やよいが一緒にって言うから……」

やよい「あ、そろそろ行かなきゃ! それじゃ響さん、伊織ちゃんまた!」

響「あ、うん! またな、やよい!」

伊織「それじゃあ私も、また”事務所”で会いましょう?」

響「……うん! そうだな! またな、伊織!」


響「二人も……心配してくれてた」

響「自分がきっと、深く考え過ぎてただけなんだ!」

響「……事務所、か」

――

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 22:15:00 ID:LB3zUO+qP
ガチャッ

雪歩「……あっ!」

響「……」

美希「……響」

響「……三人とも、今朝はごめん」

雪歩「う、ううん……」

真「僕も二人から話、聞いたよ」

美希「ごめんね響? 恥ずかしい話、勝手に話したから怒ったんでしょ?」

響「……話?」

真「ほら、カメラマンさんに言った”クサイ”セリフの」

響「くさい……あ、あぁ!」

雪歩「私も深く考えないで……ごめんね……でも、響ちゃんはすごいって思う!」

響「ち、違うんだ自分……」

美希「どういうこと?」

響「……」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 22:20:08 ID:LB3zUO+qP
真「そういうことだったんだ……」

雪歩「私たち……確かに……」

美希「ひ、響もちろんミキたちは!」

響「う、うん……自分が勝手に勘違いしたのが悪いんだ……」

真「……でも、そういうことだったんだ、ちょっと安心したよ」

響「えっ?」

真「響はやっぱり、すごいなって。どっちにしても、そうやって一人で選べるっていうことがさ」

響「……どういうこと?」

雪歩「私なら……そんなこと言われたら、ここに戻ってこれないよ……」

響「それは……」

美希「もういいの! 響がそんな、ミキ達が思うはずないでしょ?」

響「もちろんだぞ! でも、ちょっと疑っちゃったんだ……」

真「まあ、そういうこともあるよ、気にしないで?」

響「うん、もう自分そういうこと言われても気にしないことにする!」

響「間違えたことしたら、ちゃんと考えるけど……皆がそんなこと言うわけないもんな!」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 22:25:10 ID:LB3zUO+qP
響(沖縄に帰りたい……なんて、少しでも思った自分が馬鹿だったんだ)

響(皆がそんなこと言うはずないのに、ちょっとそんなふうに聞こえたり)

響(そんなふうに疑ってたら、それこそ誰も信じてくれなくなるぞ!)

響(だからもう、自分決めたんだ!)

響(自分で思ったことは、ちゃんと聞いてみるって!)

響(そりゃやっぱり少しは自分でも気になることが……そういう風に聞こえちゃったわけだし)

響(頑張ってみて、それでもダメだったら……ううん、もっと頑張るんだ!)

響(それでこそ完璧、なんだからな!)


真「あ、電話……プロデューサーから? なんだろ?」

真「はい? ……え、えぇ!? そ、それ本当ですか!?」

美希「何何、真クン!」

真「は、はい……そ、それが……」




響「沖縄、旅行?」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 22:30:02 ID:LB3zUO+qP
真「なんでもあずささんが迷って探してたら貴音がラーメンを食べてて」

真「その券で亜美と真美が福引を引いたら……沖縄旅行が当たった、とか」

雪歩「す、すごいね! でも、皆で行ける日なんてあるのかな……」

美希「そんなのなくても、行くの! 行くに決まってるの!!」

響「……」

響(あはは、一人で帰るつもりが、765プロみんなで行くことになっちゃった)

響(……でも、やっぱりこっちの方がいいぞ)

響(みんなとワイワイして、こっちの方が……)

響「よーし! その時は自分が、しっかり観光の案内をしてあげるさー!!」

真「おっと、噂をすれば……」

サスガアミダネー チガウヨマミダヨ!!

コラコラ フタリトモケンカシナイ… マコトニ メンヨウデスネ 

美希「あはっ! ハニーたちのお帰りなの!」

真「また騒がしくなるね……」

響「……えへへ」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 22:35:10 ID:LB3zUO+qP
貴音「おや、真に雪歩、美希と響まで」

亜美「そんなに亜美があてたリョコウケンが欲しかったのか、この欲しがりさんたちめ!」

真美「違うよ! あれは真美が券を渡したから真美のおかげ!」

亜美「ガラガラを回したのは亜美だもん! だから亜美のおかげ!!」

あずさ「こんな賞滅多にないんだから、きっと二人のおかげよ? あら、それよりプロデューサーさんは?」

貴音「先ほど荷物を取りに行ってたような、それとも電話でしょうか」

美希「今皆に電話したのー! これから旅行について、作戦会議なの!!」

亜美「おー! さっすがはミキミキ話が早い!!」

真美「よっしゃー! でもでも、沖縄に一番のりは真美ね!」

亜美「違うよ、亜美があてたから亜美!!」

響「ふふっ……あはは!!」

亜美「あれ? どしたのひびきん?」

響「ううん、なんでもないぞ!」

真美「きっとあれだよ、沖縄に行けるからもうニヤニヤが止まらないんでしょー?」

響「まあ、そんな感じ!」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 22:42:41 ID:LB3zUO+qP
響(そうだ、こういうカンジだ!)

響(みんながみんな、いろんなことしてよくわかんないけど楽しくて)

響(だから、自分がよくわからなくなってたんだ)

響(難しいことよくわからないし考えるのもやめる!)

響(ここにいる間はきっとそれが正解だから!!)

響「沖縄、楽しみさー!!」

亜美「うおお! ひびきんが吠えた!!」

真美「そりゃ、真美も楽しみさー!!」

響「あはは! みんなきっと楽しみさー!」


響(きっとこれでいいんだよね)

響(またいろんなことで悩むかもしれないけど)

響(今は沢山の仲間と、それと家族と暮らしてるだけで幸せなんだ!)

美希「それじゃあ人が集まるまで、さっきの響の話でもするの!」

響「え? あ、そういえばそれってなんだっけ?」

美希「カメラマンさんに向かって……」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 22:52:19 ID:LB3zUO+qP
響「あー!! 思い出した! だ、ダメだぞ美希!」

美希「でも、もう雪歩に話しちゃったよ?」

亜美「えー何々! 亜美も聞きたーい!」

美希「実は響がね!」

響「うぎゃー! やめてくれ美希ー!」

春香「あ、みんな集まってる!」

やよい「みなさーん!」

ワイワイガヤガヤ

亜美「あはは! ひびきん、それ本当?」

響「あっ、も、もー!!美希!! ちょ、ちょっと亜美も他の人に話すのやめるさー!」




響(もしかしたらこれで、くさいなんて言われるかもしれない)

響(でも、自分はそれでいいんだ! 皆、それで楽しんでるわけだし!)

響(偉い人は言ってたぞ!好きの反対は無関心なんだって!)

響(すぐちょっかいをだされるのは大変だけど、それも皆なら!)

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 22:55:34 ID:LB3zUO+qP
響「だからもう、何があっても沖縄に帰りたいなんて、言わないぞ!」

真美「どうしたのひびきん?」

響「え? あ、こっちの話さー」


ガチャッ

亜美「あ、兄ちゃん遅いよー!」

美希「ハニー! 早速話、始めるの!」




……実は、皆に話しておくことがある




響(何があっても……自分は、まけない!)

響「それが、自分! 完璧な、我那覇響だからさー!」




引用元: 響「もう沖縄に帰りたい……」