1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/19(木) 19:32:39.06 ID:KHygGWXl0
先生「入ってらっしゃい」

ガラッ

ほむら「………」スタスタ…
 
先生「ハイ!それじゃあ自己紹介いってみよー!」

ほむら「………」ジッ…

まどか(……?)

先生「あ、あの…暁美さん?」

ほむら「……暁美…ほむらです、よろしく…」

先生「暁美さんは心臓の病院で入院してたの。久し振りの学校だから色々と戸惑う事もあるでしょう、その時はみんなで助けてあげてね」

ほむら「……」

まどか(……)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403173958

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/19(木) 19:44:24.45 ID:KHygGWXl0
――――――

女生徒A「暁美さんって前までどんな学校に行ってたの?」

女生徒B「どんな部活してたの?文化系?運動系?」

女生徒C「凄い綺麗な髪してるね?どんなシャンプー使ってんの?」


仁美「不思議な雰囲気な方ですわね」

さやか「ねぇ、まどか。あの子知り合い?なんかさっきガン飛ばされてなかった?」

まどか「いや…」


ほむら「……」ガタッ

女生徒A「?」

ほむら「……ごめんなさい、ちょっと気分が悪くなってきたわ」

ほむら「保健室…どこかしら…?教えてくれると凄く有り難いんだけど…」

女生徒B「あー、それなら私が」

ほむら「……保健係の人は居ないの?」

女生徒B「あ、あぁ…。保健係ならそこに居る鹿目さんが、鹿目さん!」

まどか「え!?」

ほむら「あなたが…鹿目さん?保健室…案内してくれるかしら…?」

まどか「う、うん…」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/19(木) 20:03:47.48 ID:KHygGWXl0
渡り廊下

コツ…コツ…コツ…

まどか「あの…暁美さん?」

ほむら「……何?」

まどか「その…保健室…こっちじゃないけど……」

ほむら「………」ピタッ

ほむら「……」キョロキョロキョロ

まどか(?)

ほむら「鹿目さん」ズイッ

まどか「な、何…?(顔が近い…)」ビクッ

ほむら「今のあなたに言ったって分からないでしょうけど…忠告しておくわ」

ほむら「あなたの力がなくても私は『アレ』を倒せるのよ」

まどか「え…?」

ほむら「もし…あなたが私の障害になる事でもあったら……」

ほむら「その時、私は誰であろうと容赦しないから」

まどか「……!?」

ほむら「ま、今のあなたに言った所で分からないでしょうけど……保健室に案内してくれる?」

まどか「は…はい…」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/19(木) 20:15:40.93 ID:KHygGWXl0
グラウンド

ほむら「…」バッ!

まどか「す、凄い…あんなに高いバーを簡単に……」

仁美「新記録じゃないですの?あれ…」

さやか「本当に前まで心臓の病気だったのかよ……」

ほむら「フー…」


――――――

教室


ほむら「………」

仁美「どうしたんでしょうか…」

さやか「………」

ほむら「ごめんなさい…分かりません」

さやか「!?」

まどか「!?」

仁美「!?」

先生「あー…まぁ仕方無いね…それじゃあこれ分かる人ー」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/19(木) 20:28:06.61 ID:KHygGWXl0
ハンバーガ屋

まどか「驚いた…暁美さんって、何でも出来そうなイメージだったんだけどなー…」

さやか「運動は出来ても勉強はイマイチ!これはギャップ萌えってヤツかー!?」

仁美「あっ…そろそろ私は行かなきゃなりませんわ」

さやか「今度は何?日本舞踊?」

仁美「お茶のお稽古ですの。毎日毎日稽古稽古で…正直疲れましたわ」

まどか「大変だね仁美ちゃん」

さやか「いやー、平民で生まれてきて良かったわー!あたしだったら耐えられないわ」

仁美「うふふ。それでは二人共、ごきげんよう」

さやか「また明日ー」

まどか「……あれ?」

さやか「どうかした?」

まどか「外に居るのって…暁美さんじゃない?」

ほむら『―――――』

さやか「誰かと電話で話してるね…両親とかな?」

さやか「ま、何にしても電話中に話しかけちゃ悪いし…ね、CD屋行く?」

まどか「行く行く!」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/19(木) 20:36:22.25 ID:KHygGWXl0
CDショップ

さやか「それじゃあ、あたしそこでCD探してるから」

まどか「うん!」

まどか「あ、これ…新しいの…」スッ

まどか「…♪」シャカシャカ

『助けて…!』

まどか「え…?」

『助けて……!』

まどか「誰…?どこに居るの…?」

さやか「……?」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/19(木) 20:47:58.67 ID:KHygGWXl0
―――――――――――

ガチャリ

まどか「!」

QB「ハァ…ハァ…うぅ…助けて…」

まどか「ひ、酷い…!誰がこんな事を…!」

カランカラーン

まどか「っ!?」ビクッ

ほむら「……!」

まどか「あ、暁美さ……」


ほむら『もし…あなたが私の障害になる事でもあったら……』

ほむら『その時、私は誰であろうと容赦しないから』


まどか「……!」ガクガク…

ほむら「……か、鹿目――」

ブシュゥゥゥゥゥゥゥ!!!

ほむら「!?(消火器…!)」

さやか「まどか!こっち!」シュゴォオオオオオ!!!

ほむら「ゲホッ!ゴホッ!」

さやか「えいっ!」ポイッ!

ほむら「まっ…待って…!」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/19(木) 21:26:27.01 ID:KHygGWXl0
――――――

さやか「ハァ…ハァ…それ何!?生き物なの!?」

まどか「わ、分かんないけど…この子凄い怪我をしてるの…!お腹も裂かれて…!」

さやか「あの転校生がやったの!?」

まどか「違うと思いたいけど……多分…」

さやか「ハッ!?」

ズオオオオオオオオオ・・・・

さやか「な、何これ…!?」

使い魔A「――!―!――!」ブワァ!

まどか「きゃっ!」

使い魔B「――!―!」

使い魔C「――――!」

まどか「さ、さやかちゃん…」スッ…

さやか「……!」ギリ…

ドゥンッ!ボゥンッ!

さやか「!?」

シュワワワァァァァァ……

「あら…?」

さやか「あ、あなたは?」

「ひょっとして、キュゥべえを助けてくれたのはあなた達?」

まどか「は、はい…!」

使い魔A「―!―!」ブワァ!

マミ「ッ」チャキッ!

ドガッ!ドガァ!ドガッ!

使い魔A「」ビスッ!バスッ!

使い魔B「」ボスッ!バスッ!

ボォォォンッ!

まどか「す、凄い…!」

マミ「私の名前は巴マミ。よろしくね」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/19(木) 22:07:30.29 ID:KHygGWXl0
パァァァ……

マミ「これで良し…」

QB「ありがとう。助かったよマミ」

まどか「そう言えば、その制服…私達と同じ…」

マミ「あぁ。あなた達も見滝原中なのね…私は三年だけど…あなた達ひょっとして二年生?」

まどか「はい」

さやか「マミさん。この白いのなんですか?」

マミ「あなた達、キュゥべえが見えるみたいね」

QB「キミ達はどうやら魔法少女になる素質があるようだ」

まどか「魔法…少女?」

QB「だから僕と契約して、魔法少女になってよ!」キュップイ


キィィィ…

マミ「…!? 誰!?」

コッ…コッ…コッ…


まどか「!?」

ほむら「………」ザッ

さやか「あ、アイツは…!」

まどか(あれ…?)

マミ「あなたも魔法少女?悪いけど…ここは私の縄張りなの、あなたは見なかった事にしてあげるわ」

ほむら「……」

マミ「飲み込みが悪いわね、見逃してあげるって言ってるのよ」

ほむら「……口のきき方には気をつけなさい。今息してられる事に感謝する事ね…」

マミ「あら?空耳かしら?何か生意気な言葉が聞こえたけど…もう一度言ってくれるかしら…?」

ほむら「あなたなんか瞬殺出来る。そう言ったのよ」

マミ「……」

ほむら「……」

さやか「ガ、ガンバレーマミサーン」ボソボソ…

まどか「……」ハラハラドキドキ

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/19(木) 22:17:33.88 ID:KHygGWXl0
ほむら「変身しなさい。今すぐに障害を排除してやるわ」

マミ「あなたに出来るかしら…?」

ほむら「出来るわ…。武器を取り出すと同時に額に銃弾を撃ち込んでやる」チャキッ

マミ「………」パァア…

ほむら「………」

まどか「……」ドキドキドキ

さやか「……」ゴクリッ

コォォォォォォォォォ・・・・

マミ「ッ!」ジャキッ!

ほむら「っ!」チャッ!


カランッ

パァンッッ!

マミ「ッ!?な、何…!?この光は…!?ま、まずい…!目が潰され…!」

キィィィィィィンンン…

マミ「み、耳まで…!」

スゥゥゥ……

マミ「ハッ!?」

さやか「あ、あれ!?アイツは…!?」

まどか「……?」

マミ「……逃げられたようね。あの余裕はハッタリだったみたいね」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/19(木) 22:56:48.07 ID:KHygGWXl0
――――――――

ほむら「はぁ…はぁ…!」タッタッタ…

ほむら「くそっ…くそっ…」タッタッタ…

ほむら「っはぁ…はぁ…」タッタッタ…

ほむら「……余計な事をしてくれたわね…!」タッタッタ…

ほむら「はぁ…!はぁ…!」タッタッタ…

ほむら「……仕方無い。ちょっとだけ従ってやるとするか」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/19(木) 23:27:54.30 ID:KHygGWXl0
ほむら「キュゥべえ、居るんでしょ?出てきなさい」

QB「呼んだかい?」ピョコン

ほむら「キュゥべえ。今から私とあなたはパートナー…コンビよ」

QB「……?僕はずっとキミ達、魔法少女のサポートとして…」

ほむら「サポートの一段階上の『コンビ』よ。私とあなたはそれよ」

QB「何を企んでいるのか知らないけど…いいよ別に」

ほむら「ありがとう」

QB「……君達は何を企んでいるんだい?」

ほむら「……」

QB「キミの目的は『ワルプルギスの夜』じゃないのかい?それなのにどうして『彼女』なんかと……」

ほむら「彼女の力は必要なのよ……」

ほむら「ワルプルギスの夜を倒すという私の『復讐』を遂げる為にも…必要なのよ…」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/19(木) 23:38:58.71 ID:KHygGWXl0
翌日の学校

ほむら「………」ガラッ

さやか「あっ!あいつ…!」キッ

まどか「や、止めなよさやかちゃん…」

ほむら「……」

さやか「だって、アイツはキュゥべえにあんな惨い事をしたんだよ?」

まどか「で、でも……」チラッ

ほむら「……」フィッ

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/20(金) 00:04:52.96 ID:sMfmcJun0
別の町

「よっと…今日はこんなもんか……」

「……誰だ?」

ほむら「………佐倉杏子ね」

杏子「な!?なんで名前を…!?どこかで会った事でもあるのかい…?」

ほむら「……そんな事より」

杏子「?」

ほむら「プレゼントよ」

QB「」バッ!

杏子「なッ!?キュゥべえ…むぐっ!?」

QB「やれやれ人使いの荒い事だ」

杏子「むむ~!むむむ~~~!?(キュゥべえ!?何するんだよ!?)」

ほむら「起爆」カチッ

ボゥンッ!

杏子「な、なんだ…これ…キュゥべえが…爆発し…て…」フラフラ

杏子「ガスが…出て……眠い…なん…だ…これ」フラフラ

バタッ!

杏子「スー…スー…」

ほむら「見滝原に来ないというなら拉致った方が早いわね…」

ほむら「よい…しょっと」

杏子「スー…スー…」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/20(金) 00:12:13.03 ID:sMfmcJun0
学校

ほむら「……」ガタッ

さやか「どこ行く気だアイツ…」

まどか「さぁ…?」


マミ「あら」

ほむら「………」

マミ「この前はどうも」

ほむら「………何か用かしら?」

マミ「別に?あなたって私より年下だったのね」

ほむら「……」

マミ「『口のきき方には気を付けなさいよ』」

ほむら「………」


さやか「おぉう…また殺し合いになるかと思ったけど……良かった、何も起きなかった」

まどか「流石に学校内ではしないだろうけど……」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/20(金) 21:22:22.05 ID:sMfmcJun0
屋上

ガチャリ

ほむら「!」ハッ

まどか「あっ…」

ほむら「ま、待って…!」

まどか「…!」ビクッ

ほむら「……鹿目まどか、その…」

まどか「?」

ほむら「……これ以上、巴マミと一緒に行動しない方がいいわ」

まどか「どうして…?」

ほむら「あなたが、危険に晒されるからよ…」 

まどか「……?」

さやか「まどか!」

まどか「あっ、さやかちゃん…」

さやか「ほら!さっさと行くよ!」グイッ

まどか「あ、待ってさやかちゃ―――」

バタンッ!

ほむら「………」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/20(金) 21:32:26.13 ID:sMfmcJun0
廊下

まどか「暁美さん…あんな所で誰に電話掛けてたのかな…?」

さやか「知るもんか。まどか、アイツに何か言われなかった?」

まどか「マミさんと行動するなって……」

さやか「誰がそんな事聞くもんか」

マミ「あら二人共。どうしたの?こんな所で集まって」

さやか「あ、聞いて下さいよ。あの転校生のヤツが『マミさんと行動するな』とか、まどかに言われたんですよ」

マミ「そう…ま、彼女の言う事なんか、まともに捕らえない方がいいわ」

さやか「はい!」

まどか(………)

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/20(金) 21:59:37.02 ID:sMfmcJun0
夕方   廃工場

マミ「……?」

まどか「どうか…したんですか?」

マミ「おかしいわね…さっき反応していた魔女の気配が消えた…」

まどか「え?」

さやか「まさか、あの転校生が?」

まどか「でも暁美さん、ずっと学校に居たハズだよ?」

さやか「それじゃあ誰が……」

マミ「彼女の他に魔法少女が入り込んだ…という可能性があるわね」

まどか「その他の魔法少女って…?」

ガタンッ!

タッタッタッタッ……

さやか「あ!さっきのは…?」

マミ「あの後姿……まさか…!?」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/20(金) 22:36:33.88 ID:sMfmcJun0
さかのぼって昼頃 地下室

杏子「……うーん、ここは…?」

ほむら「目が覚めたようね」

杏子「お、お前は…!クッ…椅子にロープで縛り付けやがって…」

杏子「あれ…?ソウルジェムは?」

ほむら「ここよ」

杏子「あ…!テ、テメェ!返しやがれ!」 

ほむら「嫌よ、それじゃあこのソウルジェムを没収した意味が無くなるわ」

杏子「っ……!」

ほむら「さて、と。あなたのソウルジェムは私の手中にある、という事はあなたは私の話を聞かざるを得ない」

杏子「…話?」

ほむら「手を組まない?」

杏子「…誰がお前なんかと」

ほむら「あら?いいじゃない、あなたは一昔前も巴マミと行動してたらしいじゃない」

杏子「…!そんな事まで…だが、この見滝原はマミの縄張りで…」

ほむら「巴マミが律儀に学校に行っている間に私達で魔女を狩りつくすのよ」

杏子「………」

ほむら「この町は、あなたが前に居た町より多くの魔女が居る」

ほむら「二人なら一人より多くのグリーフシードが手に入るわ」

杏子「……嫌だと言ったら?」

ほむら「別に帰ったっていいわよ?その代わり私がこの町のグリーフシードを独占させてもらうけど」

杏子「………」

ほむら「大丈夫、私達の存在は巴マミには悟られないわ…多分ね」

杏子「多分って…」

ほむら「その時はその時よ」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/20(金) 23:21:07.70 ID:sMfmcJun0
―――――――――

杏子「……結局手を組む事になってしまった」

杏子「それじゃあ、ちゃっちゃと魔女を狩りに行こうぜ」

ほむら「待って、その前に……」

カチッ…キュルキュルキュル…

杏子「…?盾の内側の部分を回した…?」

ほむら「これが逆方向に回っている間、私達以外の時間は遅くなるわ」

ほむら「この速度の回転なら…まぁ1秒が1分程になるわ」

ほむら「さ、巴マミが学校から戻ってくる前に魔女を狩りつくすわよ」

杏子「…だけどアンタ、魔法を使いっぱなしでいいのか?」

ほむら「大丈夫よ、これくらいなら魔力の消費は少ないわ。さ、早く行くわよ」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/20(金) 23:54:06.16 ID:sMfmcJun0
廃工場

杏子「よし、これで最後…」

ほむら「やったわね」

杏子「それにしても、アンタが時間を遅く?してくれてるせいか魔女の動きがいつもより遅かったから倒しやすかったな」

ほむら「そろそろ私も魔法を解除しておくわ。一分の時間速度低下は魔力をあまり使わないといっても、結構長い間使ってたら流石にソウルジェムが穢れきってしまうわ」

カチリッ!

ほむら「魔法少女を解除して…グリーフシードを使ってと」シュゥゥゥ

ほむら「さて、約束通りグリーフシードは山分けって事ね」

杏子「あぁ。また頼むぜ」

ほむら「いや、佐倉杏子。あなたは私の所に居るべきよ、巴マミなんかと接触したら色々とややこしいし」

杏子「そ、そうか…じゃあ…ん?」

ほむら「どうしたの?」

杏子「悪い。お菓子をどっかに落としてしちまったようだ、探してくる」

ほむら「じゃあ私は外で待ってるわ、そこの裏口に居るから」スタスタ

――――――

杏子「あったあった」


まどか「どうか…したんですか?」

マミ「おかしいわね…さっき反応していた魔女の気配が消えた…」


杏子(や、ヤバイ!マミのヤツが来やがった…!)

杏子(と、とりあえず…ほむらが居る裏口に行かなきゃ…)

ガタンッ!

マミ「?」

杏子(ヤバイ!ええい、このまま走り抜けてしまえ!)

タッタッタッタッ……

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 00:50:36.33 ID:YkuG16o+0
裏口

杏子「悪い!マミにバレちまったかもしれねぇ…!」

ほむら「……まったく。早く逃げるわよ」

――――――――――

裏路地

杏子「ハァ…ハァ…ここまで来れば…」

ほむら「……」

杏子「どうしたんだ?」


マミ「……」ウロウロ


杏子「げ…!」

ほむら「私達の気配を追って来たようね…ケチケチせずに魔法を使えば良かったわ」

杏子「どうするんだよ」

ほむら「巴マミは今後の行動に影響する」

ほむら「…始末するわ」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 04:06:46.72 ID:YkuG16o+0
杏子「なっ…!?」

ほむら「……何か問題でも?」

杏子「い、いや…だけど…別に殺す必要はねーんじゃねぇのか…?」

ほむら「……?」

杏子「だから!その……」

ほむら「…ちょっとした障害でも、後の行動に響くの。障害は『完璧に』取り除かなくてはいけないわ」

杏子「でも…それでも…」

ほむら「それでも…何?」

杏子「分かったよ…だけど、殺すのは止めにしといた方がいいぜ」

ほむら「何故?」

杏子「工場で見たんだが…アイツの取り巻きみたいなヤツ二人が居たんだけどよ、そいつらまだ魔法少女じゃねぇみてぇなんだ、もしここでマミを殺しちまうと…キュゥべえと契約して復讐でアタシらを探し回るんじゃないのかって…」

ほむら「……ふぅん」

ほむら「まぁいいわ、殺しはしない…杏子、私がここで巴マミを食い止めるからあなたは……」スラスラスラ

ほむら「この地図を見て、隠れ家に向かいなさい」ピッ

杏子「あぁ、分かった」

―――――――――

マミ「確か、この辺り……」

ほむら「可愛い後輩に良い所を見せれなくて残念だったわね」

マミ「!」

マミ「あなたは…!?だけどどうして…!?」

マミ「あなたは学校に居たハズ…!」

ほむら「そんな事どうでもいいじゃない、そんなの魔法でなんとかなるものよ」

ほむら「それより巴マミ、あなたとはケリをつけて無かったわね」パァァ

ほむら「今ここで決着をつけない?」

マミ「……違う」

ほむら「ん…?」

マミ「あなたは…何か違う…『今日学校で出会ったあなた』と『今のあなた』とは何かが違う…」

ほむら「……」

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 05:04:01.48 ID:YkuG16o+0
マミ「『学校で出会ったあなた』と『今のあなた』は…雰囲気が違う…」

マミ「『学校で出会ったあなた』は殺意が無かったけど…『今のあなたは』殺意を剥き出しにしている…まるで別人みたいな…!」

ほむら「……どうやら。バレたようね」

マミ「え?」

ほむら「私には『二つの人格』が存在するの」

マミ「どういう意味…?」

ほむら「二重人格って…知ってるかしら?あなたが言っている『学校で出会った私』は主人格で『今の私』はもう一つの人格…」

ほむら「私はそのもう一つの人格なのよ」

マミ「……信じがたいわ」

ほむら「信じてもらうしかないわ。実際にそうなんだから」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 05:16:38.79 ID:YkuG16o+0
ほむら「もう一人の私は長い入院生活で友達一人も出来なかったから…多分それが原因かしらね?」

ほむら「いや、それとも病院をたらい回しにされたから?」

ほむら「それか…両親が交通事故で死んだから…かな?」

マミ「!」

ほむら「どれが原因で『私』が生まれたのかは分からない…でも私にとってはどうでもいい事よ」

マミ(この子も……)

マミ「ところで、あなたを気絶か何かさせたら、もう一人の人格は出てくるのかしら?」

ほむら「そうね、あなたの攻撃が奇跡的に当たったら主人格が引きずり出るかもしれないけど…そんな事は不可能ね」

ほむら「何故なら、あなたの攻撃は一発も―――」

シュルルルッ!

ほむら「なっ!?こ、これは…リボン!?しまっ―」

ドガァッ!

ほむら「がっ……!」

ドシャアッ!

マミ「一発も…何かしら?」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 05:36:10.89 ID:YkuG16o+0
ほむら「」

マミ「……ダメ元でやってみたけど、どうやらさっきの蹴りで気絶したようね」

マミ「これで本来の人格が出てきてくれれば……」

ほむら「…!」パチリ

マミ「あ…」

ほむら「こ、ここは…?どこ…?どうして…私、さっきまで学校に居たのに…」

マミ「えっと…暁美さん…?」

ほむら「ひっ…!」ビクッ

マミ「!」


マミ『口のきき方には気を付けなさいよ』


マミ「ごめんなさい…あなたが二重人格だなんて知らなかったから…つい…」

ほむら「二重人格…!?」

マミ「そう…何も覚えてないのね…」

ほむら「……」ワナワナ

マミ「でも大丈夫、あなたはもう―ー―」

ほむら「ご、ごめんなさい!」

マミ「え…?」

ほむら「わ、私…また…何かしましたか…!?」

ほむら「その、私が気を失うと…学校でも病院でも…!誰かを傷付けてしまうんです…!」

ほむら「せ、先輩に酷い事…しちゃいましたか…!?」

マミ「大丈夫…何もしなかったわ」

ほむら「ほ、本当に…?本当に本当に本当ですか!?」

マミ「えぇ、本当よ…」

ほむら「うぅ…良かった…良かった…!」

マミ「もう大丈夫よ暁美さん…」スッ

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 05:45:13.63 ID:YkuG16o+0
ザクッ!

マミ「なっ…!?」

ほむら「近寄ったわね…巴マミ…その優しさが『命取り』よ」

マミ「サ、サバイバルナイフ…!?まさか…あなた…!」ボタボタ…

ほむら「二重人格なんて嘘に騙されるなんてね。あなたもまだまだ甘いわね」

マミ「それじゃあ…!それじゃあ…あなたは…!」

マミ「そうに違いない…!そうとしか考えられない…!」

マミ「あなたは――――」

――――――――

ザクッ!ドスッ!

パリンッ!

ほむら「ふぅ…」

ほむら「これで完全に巴マミの息の根は止まった…障害は排除された…」

ほむら「さて、と。『コレ』はどこかに捨てるとしましょう」

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 05:48:53.57 ID:YkuG16o+0
隠れ家

杏子「よう、待ってたぜ…マミはどうした?」

ほむら「話し合いで解決したわ…それと、彼女、どうやらこの見滝原を私に任してくれるらしいの」

杏子「何だって!?じゃ、じゃあマミは?」

ほむら「転校か何かするんじゃないかしら」

杏子「そ、そうか……」

ほむら「………」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 05:54:43.95 ID:YkuG16o+0
翌日 学校


さやか「まどか!」

まどか「どうかしたの?さやかちゃん?」

さやか「マミさんがどこにも居ないんだ…!テレパシーをしても返答が無い…」

まどか「え…!?」

さやか「まさか転校生が…!?」

まどか「そ、それは不可能だよ…」

さやか「え…?」

まどか「無理だよ…暁美さんは無関係だよ…」

さやか「でも、だって!」

ほむら「……」ガラッ

さやか「オイ!」ガシッ!

ほむら「!?」

さやか「マミさんをどこにやった!?」ギリギリ

ほむら「な、なんの…事…!?」ググ

さやか「惚けるな!」

まどか「さやかちゃん!」

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 06:11:00.82 ID:YkuG16o+0
さやか「どうしてコイツの肩を持つんだ!?」

まどか「暁美さんは無関係だよ!」

さやか「どうして!?」

まどか「昨日、マミさんと別れた後に、暁美さんと私達出会ってるんだよ!?」

さやか「………!」

――――――――

昨日 廃工場

さやか「さっきのは…?」

マミ「……ごめんなさい、あなた達は先に帰っててくれる?」

まどか「は、はい…」

マミ「ごめんなさいね」タッタッタッ…


―――――

まどか「あ…」

ほむら「……」

さやか「な、何だよ…!何か用かよ…!?」

ほむら「……これ以上、巴マミに付き合わない方がいいわ」

ほむら「もし、結界の中で彼女が死ぬような事があれば…あなた達はどうする気なの?」

さやか「その時はキュゥべえと契約して……」

ほむら「それは危険よ」

さやか「…どうして?あんたの障害になるからか?」

ほむら「そう…障害に『されてしまう』」

ほむら「だから魔法少女なんかにならないで、そして巴マミとも関らない方がいいわ」ファサァ


さやか「まったく何だよあいつ!」

まどか「もう帰ろうよ…さやかちゃん…」

さやか「そうだ、アイツをつけてみよう」

まどか「えぇ!?」

さやか「アイツの家を見つけだして、いつか討ち入りしてやる!」ダッ!

まどか「待ってよ!さやかちゃん!」ダッ!


――――――

ほむら家前

ほむら「………」キョロキョロ

ほむら「……」ガチャ

バタンッ!


さやか「あれがアイツの家か…覚えたぞ…!」

まどか「覚えたのはいいけど…外が真っ暗になっちゃったよ?」

さやか「や、ヤバイ!もう帰らなきゃ!」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 06:18:49.57 ID:YkuG16o+0
――――――――

まどか「暁美さんの家まで尾行してたけど…暁美さん家に帰るまで何も変な事してなかったし…」

まどか「マミさんの件は無関係だと思う…」

さやか「くそっ!」バッ!

ほむら「な、何…?巴マミが…どうしたの…?」ゲホッゲホッ

――――――

ほむら「巴マミが…行方不明…?」

まどか「ずっと学校に来てたのに…どうしちゃったんだろうと思って…マミさんの先生も連絡も何も来てないって言ってて」

ほむら「一度、巴マミの…家に行ってみたらどうかしら?私は彼女に嫌われてるみたいだから行けないけど……」

まどか「うん、そうしてみるよ…」

さやか「………」

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 06:27:58.23 ID:YkuG16o+0
夕方  マミの部屋前


ピンポーン

さやか「マミさーん!?居るんですか!?」

まどか「居ないみたいだね…」

さやか「どこに行ったんだ…?」

まどか「キュゥべえ!」

QB「呼んだかい?」

さやか「ねぇキュゥべえ!マミさん知らない?昨日の夕方から見てないんだ!」

QB「生憎だけど、その時僕は別の所に行ってたからマミの居場所は僕にも分からない」

まどか「マミさん…どこに行っちゃったんだろう…」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 06:28:58.46 ID:YkuG16o+0
>>38

一番好きです。

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 06:36:08.80 ID:YkuG16o+0
―――――――

隠れ家

ほむら「そう言われても仕方無いわ。ああするしか無かったのよ」

ほむら「……ええ、大丈夫。分かってるわよ」

ピッ

杏子「誰と話してたんだ?」

ほむら「ちょっと知り合いにね…さて、巴マミが居なくなったし、これで胸を張って魔女狩りが出来るわね」

杏子「あぁ。これで今回もグリーフシードがいっぱい取れたな」

ほむら「一々、時間を遅くさせる必要は無くなったわね」

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 06:50:59.46 ID:YkuG16o+0
杏子「それにしても…よくこんな薄汚い隠れ家に居られるな」

ほむら「悪かったわね」

杏子「へへっ、悪い悪い」

杏子「おっと」トンッ

バサバサバサバサバサバサッ!

杏子「おお、凄い量の新聞が…!」

杏子「直しておかなきゃ…ん?なんだこれ?凄い古い新聞…1970年?」ガサッ

『中学三年生少女行方不明。手がかり一切無し』

『行方不明― 神代――。―――』

杏子(途中から文字が擦れてて読めないな…)

杏子(もしかするとこの事件、魔女の仕業かもな)

杏子(って事は魔女はこんなに昔から居たって事だな…)

ほむら「どうかしたの?」

杏子「あ、悪い悪い、ちょっと新聞の山を崩しちまって。すぐに直すよ」ガサガサ

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 06:56:56.76 ID:YkuG16o+0
―――――――

さやか「………」

まどか「どこにも…居ないね…」

さやか「やっぱりアイツだ…!アイツがやったんだ…!」

まどか「さ、さやかちゃん…!だから暁美さんは…!」

さやか「うるさい!だって…だってアイツぐらいしか…マミさんは…!」

まどか「ひょっとしたら魔女の結界で…」

さやか「そんな訳あるか!マミさんが魔女なんかに…!」

ザッ…

さやか「!?」

ほむら「……」

さやか「お、お前…!」

ほむら「巴マミは……死んだわ」

さやか「え…」

まどか「…どういう事?」

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 07:05:49.90 ID:YkuG16o+0
ほむら「その…体をバラバラにされて…ゴミ袋の中に詰められていたわ」

さやか「ど、どういう事だよ…!それ…!訳分かんないよ…!」ワナワナ

まどか「そんな…マミさん…!」ポロポロ

さやか「あ、あんた…あんたがやったんじゃないだろうな!」

ほむら「……私はやってない事はあなたも知ってるハズよ」

さやか「あ、あれは、別人だったんだよ!あんたの協力者で…!」

ほむら「証拠は…?」

さやか「っ…!」

ほむら「変な推測しないで…昨日あなた達と出会ったのは紛れも無く私よ」

ほむら「とにかく…巴マミがこんな事になった以上、もう一度警告させてもらうけど魔法少女なんかにならない事ね」

まどか「暁美さんは大丈夫なの…?」

ほむら「巴マミの様に派手に動いてないから大丈夫だと思うけど……」

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 07:12:54.36 ID:YkuG16o+0
さやか「待てよ…」

ほむら「?」

さやか「どうやって…どうやってマミさんの死体を見つけれたのよ…!」

ほむら「それは…」

さやか「どうだ…!答えられないだろ…!やっぱりお前が犯人だったんだ…!」

ほむら「違うわ。私は巴マミの微かな魔力を頼りに……」

さやか「嘘だ!!!」

ほむら「……」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「許さない…!絶対に許さないぞ転校生…!」

ほむら「……」

さやか「行くよ!まどか!」

まどか「さやかちゃん…あ……暁美さん」オロオロ

ほむら「……行きなさい」

まどか「ご、ごめんなさい…!」タッ!

ほむら「………」

49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 07:21:58.06 ID:YkuG16o+0
ほむら(………)

ほむら(…美樹さやか、自暴自棄になってるわね)

ほむら(余計な事をしなければいいんだけど……)

ほむら(一応、これ以上被害を出すなって釘を刺しておいたけど……)

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 07:28:54.27 ID:YkuG16o+0
―――――――

さやか「ハァ…ハァ…」

まどか「さやかちゃん…落ち着いて…暁美さんじゃマミさんを…」

さやか「うるさいッ!」

まどか「!」ビクッ

さやか「アイツが…アイツがやったんだ…そうだ、そうに違いない…!」ブツブツ

まどか「さやかちゃん……」

まどか(マミさんが死んだショックで自棄になってる……)

まどか「そ、それじゃあね…さやかちゃん、私、帰るから…また明日…」

さやか「……」

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 07:36:25.40 ID:YkuG16o+0
病院   夕方

恭介「…さやか、ねぇ…さやかってば」

さやか「え、な、何…?」

恭介「さやかはさぁ…僕をいじめてるのかい?」

さやか「え、そ、そんな事…」

恭介「もう腕は治らないのに…どうしていつもいつも音楽を聞かせるんだい?」

さやか「な、治るよ…きっと」

恭介「もう治らないんだよ!」

さやか「!」ビクッ

恭介「先生はもう腕は治らないって…奇跡でも起きない限り治らないって言ってたんだ!」

さやか「………あるよ」

恭介「…え?」

さやか「奇跡も、魔法も、あるんだよ!」

恭介「……?」

QB「………」

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 07:44:41.81 ID:YkuG16o+0
夜  裏路地

杏子「よっしゃ!グリーフシードゲット!」

ほむら「……魔女の気配の一部が…消えたわ」

杏子「何…?」

ほむら「恐らく…あなたが言ってた巴マミの取り巻きが契約したようね」

杏子「どうするんだ?」

ほむら「……障害になる前に潰しておくっていう方法があるけど?」

杏子「へッ、いいねそれ」

杏子(力の差を見せ付けてやったら、自ずと町から出て行くだろう)

ほむら(鹿目まどかか美樹さやかのどちらかか…両方か…どっちにせよ障害になる事は確か、始末しておかなくては)

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 07:52:40.57 ID:YkuG16o+0
――――――

廃墟


まどか「さやかちゃん…その格好…」

さやか「あー…うん、契約しちゃった」

ザッ!

さやか「!」

ほむら「……!」

まどか「あ、暁美さん…?」

ほむら「あ、あなた…!?なんて事を…!あれ程契約するなって言ったのに……!どこまで愚かなの…!?」

さやか「ようやく会えたね転校生…!マミさんの仇ッ!」ヒュッ!

ほむら「うっ…!や、止めなさい!」サッ

さやか「うぉおおおおお!!!!」ダッ!

ほむら(時間停止!)カチッ

ほむら(一旦、身を引かねば……)

カチッ


さやか「!?」

まどか「あ、あれ…?」

さやか「き、消えた…!?」

さやか「どこだッ!?出て来いッ!臆病者!逃げる気かッ!?」

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 08:06:22.30 ID:YkuG16o+0
さやか「○ソッ!○ソッ!」


――――――

ほむら(今、美樹さやかと会うのは危険ね…)

ほむら(……しかし、美樹さやかが魔法少女になった以上、『彼女』は美樹さやかを始末しに来る)

ほむら(やはり…『彼女』とは手を組むべきでは無かった…?)

ほむら(いや…こんな奇跡、他の時間軸じゃ滅多に無い……)

ほむら(最終的には彼女の魔法をどうにか利用して『やり直す』しかないわね…)

ほむら(とにかく、美樹さやかに『彼女』の存在は気付かせてはいけない)

ほむら(『彼女』と巴マミでもかなりの差があるのに、『彼女』と美樹さやかでは次元が違い過ぎる)

ほむら(もう一度念入りに『彼女』に釘を刺しておくとして、美樹さやかはどうするべきか……)

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 08:32:08.92 ID:YkuG16o+0
朝 公園


ザッザッザッ…

ほむら「………」

タツヤ「~♪」

ほむら「……僕。ちょっといいかな?」

タツヤ「?」

ほむら「あ、私はまどか…キミのお姉ちゃんの友人でね…ほら、制服同じでしょ?」

ほむら「この公園のすぐ近く、本当にすぐ近くなんだけど…お姉ちゃんにキミを連れてって欲しいって言われたんだ」

ほむら「あぁ、キミのお姉ちゃん。どういう訳か早退しちゃってね、何を聞いても答えてくれないし」

ほむら「ただキミを連れてきて。としか言わないんだ」

タツヤ「ママーママー」

ほむら「お母さんと一緒に来てるの?そうか…きっと、お姉ちゃんはお母さんと喧嘩しちゃったのかもね…お母さんと会うのが気まずいんだろうね…」

タツヤ「けんか?」

ほむら「うん、けんか。ほら、一緒にお姉ちゃんの所に行こ?」

―――――――――

知久「ほむらちゃん、まどかが車に撥ねられたって言ってたけど、交通事故なんてどこにも――ー」

知久「あれ?ほむらちゃん…?タツヤ!?」

知久「タツヤ!?おーい!タツヤ!?ほむらちゃん!?どこに行ったんだ!?」

知久「ま、まさか…二人同時誘拐…!?」

59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 08:42:36.38 ID:YkuG16o+0
―――――

「ま、まどかのお父さん!」

知久「ほ、ほむらちゃ…!?どうしたんだい!?その傷は!?」

ほむら「急に三人がかりの覆面を被った男の人に車に無理矢理乗せられそうになって…!」ハァハァ…

ほむら「その人達、刃物を持ってて…!必死に抵抗したんですけど切られてしまって…!」

ほむら「私はなんとか拘束される前に走ってる最中の車のドアを開けて逃げれたんですけど…」

ほむら「すみません…!タツヤ君だけは…!」

知久「あ、あぁ…!なんという事だ…!」

ほむら「落ち着いて下さい!犯人の特徴は大体私が見ています…!早く警察に電話を!」

知久「あ、あぁ…!そ、そうだね!」

ほむら(………)

ほむら(鹿目タツヤが誘拐された事で完全にパニックになってて、先程の事故の嘘を忘れているな…)

ほむら(これでよし…)

知久「あ、もしもし!警察ですか!?」

60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 08:48:02.91 ID:YkuG16o+0
―――――――――

地下室


タツヤ「んー!」ジタバタ

ほむら「うるさいガキね」

バキッ!

タツヤ「んっ!んんー!」ポロポロ

ガシッ!

ほむら「男の子は泣いちゃ駄目よ?」

タツヤ「……!……!」ガクガク…

ほむら「さて…警察の事情聴取のせいで時間がかかったわね…」

ほむら「佐倉杏子はもう魔女狩りを始めてるのかしら?」

ほむら「早く行くとしましょう」

61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 09:03:19.28 ID:YkuG16o+0
―――――――――
裏路地


さやか「な、なんなんだ…!?さっきのは!?」

杏子「アンタ何してんのさ、ありゃ使い魔だぜ?」

さやか「だ、誰…!?さっき使い魔を倒そうとしたのに邪魔したのはあんたかッ!?」

杏子「そうだよ。使い魔のままで殺すなんて何を馬鹿な真似をしようとしてんだ」

さやか「でも使い魔を放っておくと無関係な人が!」

杏子「だからさぁ、4~5人ばかり食って魔女になるまで待てっての」

杏子「そうすりゃちゃんとグリーフシードも孕むんだからさ」

杏子「卵産む前の鶏シメてどうすんのさ」

杏子「食物連鎖って知ってる?学校で習ったよねぇ」

杏子「弱い人間を魔女が食う。その魔女をアタシたちが食う」

杏子「これが当たり前のルールでしょ、そういう強さの順番なんだからさ」

まどか「そ、そんなのって……」

さやか「そうか…」

杏子「あん?」

さやか「あんたがやったのか…!」

杏子「…?何を?」

さやか「マミさんを殺したのはあんただったのかッ!」

杏子「マミを…殺した…?」

62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 09:21:43.27 ID:YkuG16o+0
ほむら「待ちなさい」

杏子「お、オメー…」

ほむら「ごめんなさい、遅れたわ」

さやか「……!」

さやか「そうか…二人がかりでマミさんを殺したって事か!

さやか「なるほど、そりゃそうだよね!マミさんが一人の魔法少女如きに負けるハズが無いし!」

杏子「お、オイ…!マミを殺したってどういう――――」

ほむら「あら?美樹さやか、魔法少女になると同時に頭の残り僅かのネジが全部抜け落ちちゃったのかしら?」

さやか「黙れェェッッ!!!」ダッ!

ボゴォッ!

さやか「げほっ!」ドサッ

まどか「さやかちゃん!」

ほむら「図に乗るんじゃない!」グリグリ

さやか「うぐぁああああ!!!」

ほむら「鹿目まどか、あなたの弟…凄く可愛いわね」

まどか「え…?ど、どうしてタツヤの事を…!?」

ほむら「本当に可愛いわ、とっても泣くのが上手ね」

まどか「そ…そんな…!まさか…!」

ほむら「鹿目まどか、さっさとこのネジが全て無くなったブリキ人形を連れて立ち去りなさい」

ほむら「いい?こんな痛い事をされたくなかったら魔法少女なんかにならない事ね」

さやか「あ…あぐぁぁ……!」

ほむら「あぁ、後、弟さんの事だけど。契約したりとか他の誰かに喋ったりしたら…」

ほむら「タツヤくんには冷たくなって帰ってもらうわ」

まどか「……!…!」ワナワナ

ほむら「それまで私の目的が達成されたら、温かく動いた状態で返してあげるから安心しなさい」

ほむら「それじゃあね」サッ

杏子「………」

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 16:42:18.30 ID:YkuG16o+0
―――――――

杏子「なぁ…どういう事だよ…マミを殺したって…!」

ほむら「…向うから襲ってきたから、止むを得ずにね」

杏子「マミの方から襲ったって事か…!?そんなバカな事が…!」

ほむら「人は変わるのよ佐倉杏子。あなたもそうでしょ?」

杏子「……っ」

ほむら「それで?力いっぱい込めたその拳をどうするつもり?」

杏子「……っ!」ギリギリ

ほむら「あなたは『情』なんてキッパリ捨てたと思ったんだけど…」

杏子「そ、そうさ…アタシは情なんて捨てた…マミなんか…」

ほむら「そう、それが正解よ、佐倉杏子。情なんて何の意味もない。デメリットでしかないのよ」

ほむら「それをあなたは学んでいるハズよ」

杏子「そう…だよ…」

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 17:00:00.63 ID:YkuG16o+0
――――――――

ビル 屋上


ほむら「………」

ほむら「まさか先に美樹さやかと接触されるとは……」

ほむら「あれだけ説得したのに…彼女は確実に美樹さやかを始末する気ね…」

ほむら「挙句の果てに、まどかの弟を監禁するなんて……」

ほむら「とにかく、『彼女』には悟られずに鹿目タツヤを救出しなくては…」

――――――――

廃ビル 前


ほむら(……ここに鹿目タツヤが)

ほむら(『彼女』が居なきゃいいんだけど……)

ガチャッ キィィ・・・

カツーン・・・カツーン・・・カツーン・・・

ほむら「……!」

タツヤ「………」

ほむら(眠ってるわね……)

ほむら(酷い…こんなに痣が…)

ほむら(やはり…『彼女』に任せたのが間違いだったわ)

66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 17:23:23.68 ID:YkuG16o+0
夜  まどか家前


ピンポーン…

まどか「はい……!?」

ほむら「……鹿目さん」

まどか「タ、タツヤ!」バッ!

ほむら「………」サッ

まどか「ま、待って!暁美さん…!」

ほむら「……何?」スッ

まどか「どうして…暁美さんが『二人居る』の?」

ほむら「……質問の意味が分からないわ」

まどか「だからっ…マミさんを殺したり…タツヤを誘拐したりした暁美さんは…『何者』なの?」

ほむら「……あれは」

ほむら「いえ……事が済んだ後に教えるわ」

67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 18:19:54.13 ID:YkuG16o+0
ほむら「ただ言える事は、彼女は私の協力者『だった』魔法少女」

まどか「『だった』…?」

ほむら「たった今……『彼女』は私の協力者ではなく…敵となった」

まどか「え…?」

ほむら「………」

68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 18:59:22.36 ID:YkuG16o+0
ほむら(しかし、どうやって彼女の魔法を利用しようかしら……)

ほむら(彼女の魔法ならば、一ヶ月前に『リセット』する事が可能だけど…)

ほむら(とりあえず彼女と接触するには……!)

ほむら(美樹さやかを監視して、彼女が美樹さやかと接触した所を狙う…!)

ほむら(四六時中見張る事になるけど…だけど放っておけば最終的にはまどかにまで手をかけるかもしれない)

ほむら(それと…佐倉杏子の協力も必要ね。彼女は私の偽者という事と彼女の異常な性格を伝えなくては…)

ほむら(佐倉杏子も利用され、最終的には捨てられるという可能性もある…)

ほむら(彼女…本気でワルプルギスを一人で倒すつもり…?)

ピピピッ!ピピピッ!

ほむら「! 電話…」

『非通知』

ほむら「………」ピッ

―――――――――――

廃ビル前

偽ほむら「………」ツー…ツー…

偽ほむら(とうとう彼女を敵に回してしまったわね…)

偽ほむら(美樹さやかは、彼女の話に耳なんて貸さないと思うけど…佐倉杏子は私に不信感を抱いている……)

偽ほむら(もし私の本性を佐倉杏子に教えられたら…)

偽ほむら(それはまずい…!早く彼女を見つけて黙らさなくては…!)

70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 19:20:51.39 ID:YkuG16o+0
翌朝 さやか宅前

さやか「ん…?」

ほむら「………」

さやか「な、何か用かよ…!」

ほむら「いいえ、美樹さやか…美樹さんと一緒に登校したい気分なの」

さやか「そうかい。悪いけど、あたしはそんな気分じゃないね」

ほむら「………」ジー…

さやか「……何?なんなの?」

ほむら「美樹さやか…あなたの戦闘スタイル、陰から見物させてもらったわ…とても素晴らしい戦い方ね」

さやか「……」

ほむら「派手な戦い方で素晴らしいわ、私の戦い方なんか地味でね、魔法少女が近代兵器を使って戦うなんて笑っちゃうでしょ?」

さやか「何を言ってるの…?」

ほむら「私、美樹さんが羨ましいわ、とってもね」

さやか「……?」

ほむら「それにしても見なさい!!この朝!!この透き通るような綺麗な青空!!!美しい鳥の囀り!!!」

ほむら「やっぱり朝は素晴らしいわね!『今を生きている』って感じがするというか…!」

さやか「ど、どうしたんだよ、あんた…」

ほむら「いえ、ごめんなさい…ついこの美しい光景に興奮してしまって……」フフ…

さやか(ど、どうしたんだコイツ…?イカれちまったのか…?まるで人が変わったような…)

さやか(この前のコイツは人を見下す様な事を吐いていたけど…それが突然『羨ましい』とか言い始めた…)

さやか(…まどかがこの前電話でタッくんを『本物の転校生』が『偽者の転校生』の元から連れて戻しに来たとか言ってたけど…まさか、この前の転校生が偽者で今のコイツは本物…?)

さやか(いや、とにかく用心に越した事は無いわ…)

72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 19:33:47.71 ID:YkuG16o+0
ほむら「よっと」バッ!

さやか「……」

ほむら「ふふ…こんな私でも倒立ぐらい出来るのよ?」ニヤニヤ

さやか「……スカート捲れてるよ」

ほむら「そして、倒立からの……ブリッジッ!」ドンッ!

ほむら「あはは!やった!上手くいったわ!」

ほむら「どうしても倒立からのブリッジが出来なかったんだけど…上手くいったわ、まさに奇跡ね!」

ほむら「ねぇ!美樹さんも出来るかしら?運動神経が良さそうだけど…ひょっとして出来ない?」

さやか(本当に何考えてんだコイツ……)

さやか「……それぐらい出来るわよ」

さやか「よっと!」バッ!

ほむら「!」

さやか「そいっ」ドンッ

ほむら「凄い…!流石美樹さんね!」パチパチ

ほむら「もう一回!もう一回!」

さやか(何なんだ…)

さやか「……よっ」バッ!

ほむら「いい縞パンね、どこで買ったの?」

さやか「なっ!?――――」バッ!

ほむら「ぷっ!あはははは!」ケラケラ

さやか「こっ、この――!///」カァァ

73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 19:47:54.80 ID:YkuG16o+0
ほむら「美樹さん…」

さやか「な、なんだよ」

ほむら「『私、あなたが居る時だけしかこんな態度をとらないわ』」

ほむら「『あなた以外の人が居ても、ずっとこんな感じで居る事にしたわ!』」

さやか「……?」

ほむら「あなた…ずっと鹿目さんと居たから大人しい転校生を装ってたけど……」

ほむら「もういいわよね?曝け出していいわよね?」

さやか「別にいいんじゃない…?」

ほむら「やったー!」ガシッ

さやか「ちょっ…腕掴むな…!」

ほむら「いいじゃない!」

74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 19:56:33.80 ID:YkuG16o+0
―――――

通学路


まどか「あ、さやかちゃ――」


さやか「ちょっ…引っ付きすぎ!歩きにくいんだよ!」グイグイ

ほむら「いいじゃない!いいじゃない!あら、鹿目さんに志筑さん、おはよう」

まどか「ほ、ほ、ほむらちゃ…さやかちゃんに…な、な、何を…どうしてそんな恋人どうしみたいな…」

仁美「」ポカーン

ほむら「丁度いいわ、私達のラブラブっぷりを二人に見せ付けてやりましょうよ!」ギュゥゥ…

さやか「ちょっ!」

まどか「はわわわ!」

仁美「そ、そ、そそそそ、それは、それは!あ、暁美さん、さやかさん!そ、それは…!それは!」

仁美「き、禁断の恋ですわぁぁ!ぶくぶくぶく……」

まどか「仁美ちゃん!?」

さやか「カニみたいに泡吹いて立ったまま気絶してる……」

ほむら「あらあら…少しお子様には刺激が強すぎたかしら…?」ペロッ

さやか「ひゃっ!」

まどか「あわわわ!」

仁美「」ブクブクブクブク……

75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 21:30:23.42 ID:YkuG16o+0
―――――――

学校


さやか(な、なんなんだアイツ……)

さやか(もしかして…本当にアイツの偽者と本物が居るんじゃ…)

さやか(いやまさか…)

ほむら「美樹さん」

さやか「わっ!なんだよ…!」

ほむら「私、美樹さんの事信じてる!」

さやか「?」

ほむら「だから『今の』私の事を信じてね?」スッ

さやか「お、オイ…!?」

さやか「これ…照明弾?説明書付き……」

―――――

路地裏

杏子「よぉ、どうしたんだ?」

偽ほむら「凄く変な質問をするけど…さっき私来なかった?」

杏子「確かに変な質問だな…、いいや?来なかったが」

偽ほむら(……!?真っ先に佐倉杏子の所に行くと思ったけど…まさか、そのまま学校に行って美樹さやかの所に…?)

76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 23:18:35.56 ID:YkuG16o+0
―――――――

夜  工事現場


偽ほむら(暁美ほむら……どこに行った…!?)

偽ほむら「!」

さやか「…」ウロウロ

偽ほむら「美樹さやか…!」

偽ほむら(暁美ほむらが現れる前に排除せねば…!)


さやか「!」

偽ほむら「………」ザッザッザッ

さやか(転校生…?)

偽ほむら「何をマヌケ面してるの?美樹さやか」

さやか「………」

偽ほむら「悪いけど、あなたには死んでもらうわ…鬱陶しいし…魔法少女は私と佐倉杏子だけで充分よ…」

偽ほむら「ほら、早く変身しなさい…!それともそのまま殺される気?」パァァ…

さやか「………」パァァ…

77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 23:32:53.39 ID:YkuG16o+0
偽ほむら(瞬殺してやる…!私だけの時間を加速させて…!)チャッ

さやか「ッ!」ダッ!

偽ほむら「なっ!?」

偽ほむら(逃げた…!?何をする気…!?)

偽ほむら(クッ…建設中の建物の中に入られた…!これでは銃が当たらない…!)

偽ほむら「だが!時間を加速させてっ!」

カチッ!キュルキュルキュルキュルキュル!

偽ほむら「」ゴオッ!

さやか「ッ!」バッ!

偽ほむら「上に逃げる気…!?無駄よ!」

さやか「はぁ…はぁ…」シュタッ

偽ほむら「鬼ごっこはおしまいよ」ザッ

さやか「は、早い…けど…」

さやか「っ!」チャッ!

偽ほむら「何っ!?銃―――」サッ!


ボンッ!ヒュルルルルルルルルルルルーー……

キラキラキラ……

偽ほむら「照明弾…!?どこから持ってきたか知らないけど…人に向けて撃つものではないわ、美樹さやか」

偽ほむら「もう一度、時間を加速させて今度こそ始末してやるわ…!」

78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 23:41:30.60 ID:YkuG16o+0
さやか「ぷっ…」

偽ほむら「……?」

さやか「あはははははははははははははははははは!!!」

偽ほむら「どうしたの…?頭がおかしくなったの…?」

さやか「転校生に謝らなくちゃね…あたし、マミさんが殺されて自棄になってたよ」

さやか「何だ…そういう事だったのね…こればかりは、あたしが全面的に悪かったわ」

さやか「学校でやったあの態度が強烈過ぎて、しないのが凄く不自然に感じたよ…」

偽ほむら「何を言って……ハッ!?」


ゴォオオオオオオオオオ・・・・


ほむら「……ようやく、会えたわね」

杏子「このゲス野朗が……!」

80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 23:56:35.49 ID:YkuG16o+0
偽ほむら(い、居る…二人…魔法少女が二人…!)

偽ほむら(後ろに居るのは…佐倉杏子と暁美ほむら…!まさか行き違いになってたの…!?)

偽ほむら(こ、これは…違う…これは悪い夢なのよ…私がこんなミスをするなんて…!)

偽ほむら(そ、そうよ…目を覚ますとそこはベットの上で、何もかも計画通りに行った状態で…)

ほむら「佐倉杏子に…あなたの事を詳しく教えたわ。巴マミにした悪どい闇討ちの事も……」

杏子「覚悟は出来てるんだろーなテメェー…!」

偽ほむら「クッ…!クックククク……!」

偽ほむら「ッ!」バッ!

ほむら(時間停止)カチッ

ほむら(佐倉杏子を動かして……)スッ

杏子「! これは…!」

ほむら「佐倉杏子、ヤツの体を拘束するのよ」

杏子「あ?あぁ!分かった!」シュッ!

ほむら(時間停止解除)カチッ

偽ほむら「なぁぁぁっ!?こ、これは…!?」ガチッ!

ほむら「美樹さやか!そいつの盾を逆方向に回して!」

偽ほむら「なっ!?や、止め…!」

さやか「わ、分かった!」ガシッ!

グルンッ!ギュルギュルギュルギュルギュルギュル!

偽ほむら「う、うわぁああああッ!!!」

ほむら「佐倉杏子!アイツを引き寄せて!」

杏子「え!?」

ほむら「早く!」

杏子「わ、分かったよ!」グンッ!

偽ほむら「うわぁぁぁ!!!」ギュルギュルギュルギュルギュルギュル……

杏子「うわぁっ!ぶつかる!」

ほむら「……!」

81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 00:17:47.89 ID:ZJ1Lq4M30
カッッ!

ギイィィィィィィィィィィンンン………


―――――――――


偽ほむら「ゲホッ!ゴホッ…!な、何時間巻き戻った…!?」

ほむら「あの回転速度だと、およそ一ヶ月前よ」

杏子「こ、ここは…!?」

偽ほむら「……ど、どうして…美樹さやかを…アイツは…一番」

ほむら「彼女に対して強烈なキャラを演じさせてもらったわ、美樹さやかに対する物凄い好意を抱くキャラとして」

ほむら「放課後までしつこいくらい好意を振りまいてたわ…ハッキリ言って疲れたわ…」

ほむら「彼女は『今の』私の事……『学校に会っている時の私』の事を本物と信じてくれたわ」

ほむら「あなたとは全く違う態度を彼女に取り続けた……」

ほむら「口で私が本物だと言ってもイマイチ彼女は信じてくれないしね…」

ほむら「まぁ、それがあなたが偽者だという事に気付いてくれたのは、それだけじゃないんだけどね」

偽ほむら「……?」

82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 00:57:08.18 ID:ZJ1Lq4M30
ほむら「残念よ…」

偽ほむら「ま、待って…!こ、今度はちゃんと従うわ!」

偽ほむら「お、お願い!待って!」

ほむら「駄目よ…もうあなたの嘘は聞き飽きたわ。やはりあなたは『洗脳』するべきだわ」

杏子「お、オイ!どうなってんだよ!これ!説明しろ!さっきのは何なんだ!?」

ほむら「彼女の魔法の力よ。『時間が巻き戻った』のよ」

杏子「時間が…巻き戻る…?」



ほむら(本当に奇跡だったわ…この時間軸に来た時は一ヶ月前より少し前の日まで戻ってきた…)

ほむら(病院を抜け出してウロウロしていると。私とよく似た容姿の魔法少女が私の前に現れた…)

ほむら(本来なら彼女は巴マミの存在に気付き、見滝原から出て行くハズだったらしい……)

ほむら(彼女を引き止めてワルプルギスの話を持ち出してみると、すぐに彼女はその話しに喰い付いた)

ほうら(なにやら彼女はワルプルギスに対して個人的な恨みがあったみたい)

ほむら(彼女の魔法は時間を操る魔法…まさか魔法まで同じとは、さすがに驚いたわ)

ほむら(ワルプルギスの情報と戦闘パターンを提供する代わり、極力被害を出さず
鹿目まどかを魔法少女にさせないように見張る、という事を条件に二人で手を組んだ)

ほむら(だけどそれは間違いだった…)

ほむら(何が『暁美ほむらはワルプルギスを倒す為に必要』よ……一人で戦う気満々だったクセに…)

ほむら(そんな彼女の本名は――)

83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 01:26:21.15 ID:ZJ1Lq4M30
――――――――――

ほむらの家


偽ほむら「」

ほむら「………」

杏子「どうしたんだ?何をやったんだ?」

ほむら「完全に洗脳したわ。これで彼女は完全に『もう一人の暁美ほむら』になるわ」

杏子「そ、そんな事が出来るのか…?」

杏子「だったら、まどかってヤツにもそうすれば良いんじゃないのか?そうしたら…」

ほむら「嫌よ。まどかが私と同じ性格になってしまうじゃない」

杏子「それにしても、どうしてこんなヤツと手を組んだの?」

ほむら「彼女は別の時間軸に移動出来ない、ただ巻き戻すだけ」

ほむら「だから…ループ処理のような事が出来ると思って協力したのだけど…」

杏子「ルー…なんだそれ…?」

ほむら「……条件を満たすまで繰り返してやり直して調整するって感じの事よ…確か」

85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 02:33:04.13 ID:ZJ1Lq4M30
杏子「……コイツ。何者なんだ?」

ほむら「……彼女は…この時代の人間じゃない」

ほむら「かなり過去からやって来た魔法少女…らしいわ」

ほむら「血眼になってワルプルギスを探していたらしいけど……彼女にはワルプルギスに勝てる自身があった」

杏子「ワルプルギスを何で執拗に追うんだコイツは?」

ほむら「一度、ボコボコに負かされてプライドをズタズタにされた……理由はただそれだけよ」

ほむら「しかし、あの自信はどこから湧いてくるのかしら…いくら彼女でもワルプルギスの力は桁違いだって
分かるハズなのに……」

杏子「ワルプルギスの弱点を知っているとか…?」

ほむら「だったら私に戦闘パターンの情報を求めて来ないわ…何かあるのよ」

ほむら「ワルプルギスは複数の魔法少女じゃないと倒せない…だけど、それでも他の魔法少女との協力を拒んだ」

杏子「自分の顔に泥を塗ったワルプルギスを自分の手でズタズタにしてやろうって思ったんじゃないのか?」

ほむら「だけど……彼女らしくない考えね…無謀よそんなの」

ほむら「きっと彼女にしか知らない事があるのよ…」

杏子「………」

86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 02:46:00.17 ID:ZJ1Lq4M30
ほむら「さて…これからの事だけど杏子、あなたには巴マミと同盟を結んで貰うわ」

杏子「えぇっ!?で、でもよぉ…!」

ほむら「大丈夫…彼女は一人を恐れている『もう一回やり直そう』とかなんとか言ったらすぐに仲間に入れてくれるわ」

ほむら「そして少し時が経った後に…彼女を…私として巴マミと手を組ませる」

杏子「アイツはお前の影武者じゃないのか?アンタはどうするんだよ」

ほむら「私はまどかやさやかが契約しないように見張る…」

杏子「でもよぉ…それだとワルプルギスと戦う魔法少女三人だけだぜ?」

ほむら「私が居るわ。これで四人、あなた達がワルプルギスと戦ってる最中に飛び入りするわ」

杏子「え…それじゃあ、お前が二人居る事に」

ほむら「正確にはそっくりさんと本人が居る事になるわ」

杏子「マミにはどう説明する気だよ…」

ほむら「その時はその時よ」

87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 02:58:09.34 ID:ZJ1Lq4M30
QB「君達は…?」

杏子「キュゥべえ!?」

ほむら「………」

QB「複数の魔法少女が一箇所に集まってるから何かと思って来たら…君は佐倉杏子で確か君は―――」

パァンッ!

QB「」グシャッ!

杏子「!?」

ほむら「……絶対にお前の思い通りにさせないわ、インキュベータ」

ほむら「今回でワルプルギスの夜を越えてみせるわ…」

ほむら「絶対に越えてみせる…」

ほむら「私の邪魔をする者は誰であろうと容赦しない」

ほむら「特にお前達はね…」

89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 03:10:17.17 ID:ZJ1Lq4M30
QB「やれやれ…酷い事をしてくれるね。いくら代わりがあるって言っても勿体無いじゃないか」ムシャムシャ

杏子「キュ…キュゥべえがキュゥべえを食ってる…!?」

QB「ほら、ドン引きされちゃったじゃないか」

ほむら「……さっさと消えなさい。現れる度にモザイクが必要になる程すり潰してグチャグチャにするわよ」チャッ

杏子(モーニングスター……)

QB「わ、分かったよ…。だけどこれだけは処理させてからにしてくれ」ムシャムシャ

QB「それじゃあ」スゥ

杏子「キュゥべえって共食いするんだな……」

ほむら「余計な邪魔が入ったわね……そろそろ彼女が目を覚ます時間ね」

90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 03:24:20.25 ID:ZJ1Lq4M30
偽ほむら「………」

ほむら「……」

杏子「…オイ、起きないぜ?」

ほむら「……」パシィッ!

杏子(ビンタっ!?)

ドガァッ!

偽ほむら「……何するのよ」

ほむら「あなたの名前は?」

偽ほむら「私は暁美ほむら…」

ほむら「私も暁美ほむら」

偽ほむら「知ってるわ」

ほむら「良し。あなたの魔法は何?」

偽ほむら「時間の加速化と減速化…巻き戻しに早送り」

ほむら「……まぁそこは問題無し」

杏子「で?どうするんだ?」

ほむら「明日辺りに学校に見滝原に転校するから…まず最初はテストのつもりでこの子を行かせるわ」

杏子「そうか」

ほむら「最初からあなたが仲間になってくれるってのは心強いわね」

杏子「なんだよ急に」

ほむら「いちいちさやかとあなたの戦いを止めて同じ事説明しなくて良いし」

杏子「あぁ…」

ほむら「時間の巻き戻しに、あなたを巻き込んで正解だったわ」

91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 03:34:51.39 ID:ZJ1Lq4M30
通学路

杏子「で?アタシはどうすればいいんだ?」

ほむら「そこでスタンバイしてて、巴マミを見つけたら涙目になりながら後ろからハグするのよ」

杏子「出来るかっ!」

ほむら「じゃあ、どういう風にするか、おまかせするわ…」

杏子「そうさせてくれ……あ、そうだ」

ほむら「何?」

杏子「そいつからワルプルギスを一人で倒せる方法、今なら聞きだせるかも」

偽ほむ「……」

ほむら「じゃあ試してみるわね、ワルプルギスを一人で倒せる方法を知ってるなら教えて」

偽ほむ「答える必要が無いわ」ファサァ

ほむら「私の洗脳なんて…完璧じゃないの…」

杏子「あぁー…そうか…」

93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 04:43:17.77 ID:ZJ1Lq4M30
ほむら「あなたにとって、まどかは何?」

偽ほむ「友人」

ほむら「それで良し」

ほむら「それじゃあ、さやかは?」

偽ほむ「友人の友人」

ほむら「……まぁ良いわ」

ほむら「それじゃあ頼んだわよ」

杏子「大丈夫かアイツ?」

ほむら「大丈夫よ、だけど記憶を全て改竄した訳じゃないから…変な事を言わなきゃいいけど」

杏子「……アンタはどうするの?」

ほむら「用事があるわ」スッ

94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 04:49:52.90 ID:ZJ1Lq4M30
学校

早乙女「それじゃあ自己紹介いってみよー!」

偽ほむ「暁美ほむらです、よろしく」

まどか(綺麗な人…)

偽ほむ「………」ジー…

まどか「?」

偽ほむ「………」スタスタ

まどか「?」

偽ほむ「鹿目さん。私、魔法少女になったよ」

まどか「」

さやか「」

仁美「」

―――――――――――

CDショップ

ほむら「へっくし!」

ほむら「あ、危ない危ない……」

ほむら「これでよし」カチッ

ほむら「さて…後はここで待機して、まどか達が来るのを待つのみ」

95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 05:11:36.33 ID:ZJ1Lq4M30
渡り廊下

偽ほむ「――…鹿目まどか」

まどか「え?な、何…かな?」

偽ほむ「アミメニシキヘビは大型の動物…牛も食べるのよ…」

まどか「え?」

偽ほむ「私がインドネシアに居た時、全長890センチのアミメニシキヘビを見かけたわ」

偽ほむ「あの時の修学旅行…行き先は地味な所ばっかりだったけど楽しかったわ」

まどか「え?そ、そうなんだ…小学生の時?」

偽ほむ「いえ、高1の時のよ」

まどか「え」

偽ほむ「……鹿目まどか」クルッ

まどか「な、何?」

偽ほむ「あなたは友人や家族が大切だと思っている?」

まどか「え…た、大切だよ…?クラスのみんなも…家族も…」

偽ほむ「そう…その気持ちが本当なら、今と違う自分になろうだなんて思わない事ね」サッ

まどか「あれ…?保健室はいいのかな…?」

96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 11:40:07.91 ID:ZJ1Lq4M30
―――――――

夕方    通学路



マミ「……!」

杏子「よ、よぉ…」

マミ「佐倉さん…?どうしてここに…」

杏子「えっと…やっぱりさ、一人で戦うってのは何か物足りなく感じたっつーか…その…」

マミ「?」

杏子「あのだな…」

マミ「ふふ。分かったわよ、また一緒に戦いましょう」

杏子「!」

杏子「お、おう!また、よろしくな!」

97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 11:52:02.30 ID:ZJ1Lq4M30
CDショップ裏 


ほむら「そろそろ下校の時間ね…偽ほむと杏子…上手くやれてるかしら」

QB「!」ピョコン

ほむら「あら、さっきぶり」

QB「っ」ダッ!

ほむら「……」カチリッ

ボンッ!

QB「」グシャアッ!

ほむら「こんな事もあろうかと爆弾を仕掛けておいたのよ」

QB「酷い事をしてくれるじゃ―」

ほむら「立ち去りなさい、インキュベータ…さもなくば……」

QB「分かったよ…だけど、これだけは処理させてくれ」ムシャムシャ

QB「じゃあね」

ほむら「これで良し…」

98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 12:08:21.94 ID:ZJ1Lq4M30
――――――――

ほむら「………」スタスタ…

まどか「あ!」

QB「……」プルプル

ほむら(素直に帰ってくれるわけないわよね…)

ほむら(魔法少女の姿じゃないから怪しまれないと思うけど…)

まどか「…?どうしてここに…」

ほむら「いえ。どうしてかさっぱり、何か不思議な力でここに引き連れて来られたような」

まどか「…?あ、そうだ!この子、こんなに怪我をして…!」

ほむら「それは一大事ね…病院に連れて行く必要があるわ」ヒョイ

QB「………」

ほむら「この子は私に任せて、そこに居る美樹さやかと一緒に帰りなさい」

さやか「うっ!バレてたか…」

ほむら「それじゃあ私はこの子を病院に連れて行くわ」スッ

99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 12:27:16.37 ID:ZJ1Lq4M30
鉄橋

ほむら「……」ポイッ

ボチャンッ

ほむら「さて…後は任せたわ杏子」

―――――――

さやか「転校生のヤツ凄いな…どうしてあたしに気付いたんだろう、Sixth Sense(第六感)?」

まどか「何でそんな発音良く…」


ズォオオオオオオオ・・・


まどか「な、何…!?これ…!?」

さやか「……景色が変わっていく、これは一体…?」

使い魔A「―――!――!」

使い魔B「―――!」

さやか「な、何だよコイツら!」

ズバァアッ!

使い魔A「」グチャア
使い魔B「」ドチャア

さやか「な…!?何か良く分からない物が一瞬で真っ二つに切断された?!」

使い魔C「」ドグチャ

使い魔D「」ブチャア

使い魔E「」ズシャア!

まどか「な、何か見えない物が次々と異形な物を切り裂いていってる…!」

100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 12:30:32.55 ID:ZJ1Lq4M30
スゥゥゥゥゥ・・・

まどか「消えた…?」

さやか「な、何だったんだ…?」

――――――――

マミ「ちょっと佐倉さん、先に行き過ぎよ」

杏子「悪い悪い!久し振りにマミと戦うから興奮しちゃってさ…」

マミ「もう…今度から気を付けなさいね」

杏子「はーい」

101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 19:27:41.40 ID:KLXeOQHH0
ほむら家

ほむら「まずはこれで良し」

杏子「あの二人が魔法少女を知るキッカケを潰したしな」

ほむら「いいえ。アイツはあの手この手で、まどか達に契約を迫りに来るわ…もしかしたらこうしている間に……」

杏子「それマズイんじゃないのか?」

ほむら「何の為の偽ほむよ。ちゃんとまどかを見張ってるわ」

杏子「そうか…ってまどかだけかよ!?」

ほむら「大丈夫よ、さやかは無闇に契約するような子じゃないわ。多分」

杏子「多分!?」

ほむら「でも出来れば、さやかも契約して欲しくない…」

ほむら「キュゥべえが、さやかの所に行かなきゃいいんだけど…」

102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 19:40:12.89 ID:KLXeOQHH0
翌朝


まどか「おはよ…っ!?」

さやか「おっす、まどか」

キュゥべえ「やぁ」

仁美「おはようございます」

まどか「ど、どうしたの?その子…!?その子確か暁美さんに…!ていうか今喋って…!」

仁美「…?まどかさん、『その子』って…?」

まどか「え?」

さやか『いやー、実はこの子昨日の夜に尋ねて来てね』

まどか「ひっ!?」

キュゥべえ『これはテレパシーだよ鹿目まどか、僕を通して美樹さやかの声をキミに送り届けているんだ』

まどか(こ、この声…CDショップで聞いた声!?)

キュゥべえ『キミにも出来るハズだよ』

まどか『こ、こうかな?』

さやか『うん、バッチし聞こえてるよー』

仁美(二人共押し黙って…どうかしたのでしょうか…?)

103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:32:26.13 ID:KLXeOQHH0
まどか『そ、それで、あなたは何者なの…?』

キュゥべえ『僕の名前はキュゥべえ!鹿目まどか、美樹さやか…僕と契約して、魔法少女になってよ!』

まどか『魔法…少女…?』

―――――――――

ほむら「……」

杏子「どうする?」

ほむら「偽ほむ」

偽ほむ「分かったわ」

―――――――――

偽ほむ「おはよう」ヌッ

さやか「あ!まどか!離れて!」グイッ

まどか「え?」

偽ほむ「…?」

さやか「あんた。この子を川に投げ捨てたらしいじゃない!」

まどか「え!」

偽ほむ「……どうしてそう思ったのかしら?」

さやか「だってこの子が…」

偽ほむ「あなたは人間よりも、その喋る得体の知れない生物の言葉を信じるの?」

偽ほむ「それとも、私の雰囲気で決め付けてるのかしら…?失礼極まりないわよ、あなた」

さやか「……それもそうだね。ちょっとどうかしてたよ」

キュゥべえ「おや?」

104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:45:26.30 ID:KLXeOQHH0
まどか「え?許しちゃうの?」

さやか「う~ん…キュゥべえの証言だけだし、実際に見た訳じゃないしな~…」

キュゥべえ「おやおや?」

さやか「雰囲気で決め付けてる所も少しあるし…」

キュゥべえ「おやおやおや?」

さやか「それに、確かに得たいの知れない生き物の言葉を信じるのもどうかと思うし…」

キュゥべえ「おやおやおやおや?」

さやか「うーん…転校生は無罪だ。ごめんね転校生」

偽ほむ「半分だけ許してやるわ」

キュゥべえ「おや?おやおやおや?おや?」

まどか「私もごめんなさい!」

偽ほむ「全然いいのよ」ニコニコ

キュゥべえ「訳が分からなry」

バスッッ!

キュゥべえ「」グチャア!

―――――――――

ほむら「目標排除確認」

杏子「色々持ってんだなお前…」

ほむら「サプレッサー付きスナイパーライフルよ」ジャキッ

105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 22:26:43.69 ID:KLXeOQHH0
学校

まどか『何でも願いが叶えられるの?』

QB『キミが望むなら何でも叶えてあげるよ』

さやか『えー!何が良いかなー!?大金持ちになるとか!』

まどか『も、もうちょっと良く考えようよ…』

ほむら(信じないとか言って思いっきり信じてるじゃない…)

ほむら(今頃、私…偽ほむが巴マミと同盟を結んでる頃ね……)

―――――――――――――

マミ「あなたも魔法少女ですって?」

偽ほむ「えぇ、そうよ」

マミ「それで…私に何か用?」

偽ほむ「手を組まない?」

マミ「……!」

偽ほむ「縄張り争いとか興味無いの」

マミ「どうして私が魔法少女と分かったのかしら?」

偽ほむ「キュゥべえから聞いたのよ。で、どうするの?組むの?組まないの?」

マミ「…いいわよ、組んであげる。敵意は無さそうだし」

偽ほむ「そう。それじゃあ今後ともよろしく」スッ

マミ「?」

偽ほむ「同盟の握手よ……利き腕を相手に預けるのを避けてるの?」

マミ「い、いえ、そんな事無いわ。よろしく…えーっと」ガシッ

偽ほむ「暁美ほむらよ、よろしく」

106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 22:43:36.67 ID:KLXeOQHH0
教室

まどか「ねぇ暁美さん」

ほむら「…ほむらで良いわ、何かしら?」

まどか「ほ…ほむらちゃんは…キュゥべえが見えてたよね?」

ほむら「…そうね」

さやか「という事はあんた魔法少女って事?」ボソッ

ほむら「……まぁ、そういう事になるわね。だけど、決して楽しいものじゃないわ」

ほむら「いつも死と隣り合わせの世界…生半可な思いなら、ならないで」

ほむら「というより…ならない方がいいわ。願いを一つ叶えるとかヤツは言ってるけど…その代償は大きいわ」

さやか「……!」モジモジ

さやか「ちょっ、ちょっとトイレ!」ダッ!

まどか「うん」

ほむら「人が真剣な話しをしてるのに…」

107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 22:48:10.58 ID:KLXeOQHH0
女子トイレ


さやか「うひ~漏れる漏れる……」

ガチャッ

偽ほむ「あら」

さやか「!?」

さやか「さ、さっき教室に居たのに…いつの間に…!?」

偽ほむ「……そんな呑気にしてていいの?」

さやか「あ、そうだった!トイレ!」バタンッ!

――――――――

さやか「ふぅ~…スッキリ」

さやか「あれ?転校生?」

さやか「何だったんだ?」

108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/25(水) 21:54:43.27 ID:W8Iv6atd0
教室

ほむら「だからどれ程、魔法少女が危険かと言うと―――」ペラペラ

まどか「……」クー…クー…

さやか「おまたせー…っ!?」

ほむら「何?」

さやか「…やっぱり見間違いかな…?」

ほむら「……何の事?」

さやか「いや、何でもない」

ほむら「それでね、魔法少女ってのは―――」

キーンコーンカーンコーン

まどか「むにゃ…」

さやか「ほ、ほら!転校生!チャイムが鳴ったよ!?」

ほむら「チッ。話しは後ね」ガタッ

さやか(うげー……)

仁美「………」

110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/26(木) 02:20:38.49 ID:NRE47DLv0
先生「それで、ここをこうするには―――」

まどか『ほむらちゃん、次の休み時間の時も魔法少女について話すっぽいよ…』

さやか『やだなー…アイツの話なんか駄目な塾の講師みたいで分かりにくいし』

まどか『私なんか途中で寝ちゃったよ』

さやか『あはは、あたしと同じだね』

ほむら『聞こえてるわよ』

さやか『うっひゃああ!』

ほむら『悪かったわね、駄目な塾の講師みたいで』

まどか『ご、ごめんね!ほむらちゃん!』

さやか『ご、ごめんなさい!何でもしますから許して!』

ほむら『何でもする…?なら魔法少女についての話を聞いてくれる?』

さやか『な、何でもと言っても限度が――』

先生「それじゃあ美樹さんここ答えて下さい」

さやか「………分からないです」

111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/26(木) 02:33:38.32 ID:NRE47DLv0
夕方   公園


マミ「この子が佐倉さんよ。暁美さんに挨拶して佐倉さん」

杏子「よろしくなー。わーい、うれしいなー」

偽ほむ「よろしくー。このひとつよそう、たのもしそう」

マミ「うふふ、よかったわ。佐倉さんの事だから、ちょっかいをかけると思ってたけど」

杏子「そんなことしないぜー」

マミ「あなた達が仲間になってくれて嬉しいわ。私ずっと一人ぼっちで戦ってきたから」

杏子「あぁ、一人ぼっちは寂しいもんな?」

ポンッ

マミ「?」

偽ほむ「一人も良いわよ。自分だけの時間って感じで素晴らしいわよ?一人旅も結構良いわよ?」

マミ「え、えぇ…」

偽ほむ「!」ピピピ…

偽ほむ「ごめんなさい。友達から電話が来たわ」サッ

マミ「?」

112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/26(木) 02:47:49.81 ID:NRE47DLv0
物陰


偽ほむ「何?」

ほむら「あなたの貴重な意見なんて誰も聞いてないのよ」

偽ほむ「でも」

ほむら「でもじゃない、話合わせておけば良いのよ『マミさんも頑張ってたんですねー』とか言っておけば良いの」

偽ほむ「でも」

ほむら「でもじゃない。残念だけどペナルティよ、あなたは余計な事をしたからビンタするわ」

偽ほむ「でも」

ほむら「でもでも、うるさいわね『ほむ』って言いなさい」

偽ほむ「ほむ」

パシィンッ!

偽ほむ「痛い」

ほむら「痛いハズ無いわ。私にビンタされたのだから幸せなハズよ」

バシィンッ!バシィンッ!

偽ほむ「幸せ」

ほむら「よしよし」ナデナデ

ほむら(……こうやって元の人格の考えを完全に消滅させておかなくては)

113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/27(金) 19:32:24.27 ID:M0Ek83a/0
偽ほむ「お待たせ」

マミ「何してたの…ってその頬どうしたの!?」

偽ほむ「大丈夫。そんな事より魔女探ししないの?」

マミ「あ、あぁ…そうだったわね。それじゃ、行きましょうか」

杏子「おう」

偽ほむ「………」

――――――――――

マミ「ティロ・フィナーレ!」ズギァン!

薔薇園の魔女「」グチャア!

杏子「やった!」

偽ほむ「やったわね」

マミ「さ、今回はこれでおしまいにしましょう」

杏子「おう。それじゃあ」

マミ「あら?佐倉さん、見滝原に宿あったの?」

杏子「…あぁ、えっと…」

杏子(会ったばかりなのに、ほむらの家に居候してるなんて言っていいのかな?)

マミ「良かったら、私の家に――――」

偽ほむ「その必要は無いわ」

杏子「え」

偽ほむ「佐倉杏子は私の家に『一緒に住む』の。だからあなたの協力は要らないわ」

杏子「え」

マミ「そ、そう…あなた達、会ったばかりなのに、ほんの数時間で急激に仲良くなったわね……嬉しいわ」

マミ「そ、それじゃあ私はこれで……」

杏子「ちょっ」

偽ほむ「?」

114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/27(金) 19:42:30.65 ID:M0Ek83a/0
夜  ほむらの家


杏子「どうしよう…!絶対にマミに勘違いされたよ!」

ほむら「やはりイマイチ洗脳が甘いわね…完全に私になりきれてない」

偽ほむ「…?何かマズイ事言ったかしら?」

ほむら「さぁ、その胸に聞いてごらんなさい」

偽ほむ「……」スッ…

ほむら「マズイわね、せっかく一人ぼっち回避出来たのに……」

ほむら「マミのメンタル次第では明日、不登校になるかも」

杏子「チッ…どうにかしねーとな…」

ほむら「とにかく、私は明日学校行くわ」

偽ほむ「何も聞こえないわよ」

ほむら「黙りなさい。あなたはマミのマンションに張り込んで、巴マミが登校するかどうか見張ってて、出てきたら
また電話で連絡して来て」

偽ほむ「分かったわ」

115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/27(金) 19:48:49.43 ID:M0Ek83a/0
同時刻 マミの部屋

マミ「はぁぁ~~~」

キュゥべえ「どうしたんだい?」

マミ「いや…別に何でも無いわ」

キュゥべえ「暁美ほむらと佐倉杏子の事かい?」

マミ「えぇ…まぁ…私の知らない所でそんな約束してたなんて…」

キュゥべえ「………」

キュゥべえ「そう言えば。君と同じ学校の後輩二人が魔法少女としての素質があるんだ」

マミ「え?」

キュゥべえ「その二人の名前は鹿目まどかと美樹さやか。クラスは―――」

116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/27(金) 19:58:00.98 ID:M0Ek83a/0
朝 通学路


ほむら「……」

仁美「……」モジモジ

ほむら「……遅いわね」

仁美「えっ!?」ビクッ

ほむら「二人共…」

仁美「そ、そうですわ…ね」

仁美(どうしましょう…ほむらさんとはあまり喋った事がないのに……)

仁美(でも、この気まずい雰囲気をなんとかしなくてはいけませんわ!)

仁美「あのっ」

ピピピッ

ほむら「! ごめんなさい、ちょっと電話」ピッ

仁美「」ドキドキ…

117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/27(金) 20:11:40.84 ID:M0Ek83a/0
ほむら「もしもし」

偽ほむ『巴マミがマンションから出て来て、学校に向かってるわ』

ほむら「そう…良かった…」ホッ

偽ほむ『なんか鼻歌歌いながらスキップしてたから大丈夫そうよ』

ほむら「………」

偽ほむ『どうかした?』

ほむら「……いえ、ご苦労。後はこっちでマミの様子を見るから、あなたは家に戻ってて」

偽ほむ『分かったわ』

118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/28(土) 01:04:36.78 ID:aBPyWJ9t0
学校


ほむら「………」

マミ「……」キョロキョロ

ほむら(まどかとさやかを探してるのね…きっとキュゥべえから聞いたのね…)

ほむら『巴さん?何か用かしら?』テレパシー

マミ『えっ!?あ、い、いや……』

マミ『あなたのクラスに、その、魔法少女の素質がある子が二人居るって…キュゥべえが…』

ほむら『……巴さん。ここの見滝原には三人(本当は四人だけど)も魔法少女が居るのよ?これ以上魔法少女を増やす必要は無いと思うけど?』

マミ『だけど。やっぱり魔法少女は多い方が良いかなーって…ね』

ほむら『……その二人が魔法少女にしても、初心者なんて足しか引っ張らないわよ』

マミ『だ、大丈夫よ!私が居るもの!』

ほむら『…そういう問題じゃないの。良い?魔法少女はとても危険だという事は、あなたが一番分かっているハズよ』

マミ『う…』

ほむら『魔女の結界の中は何が起きるか分からない。ひょっとしたら死ぬかもしれない、そんな未知の世界に可愛い後輩を無理矢理連れて行こうというの?』

119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/28(土) 01:38:07.60 ID:aBPyWJ9t0
マミ『で、でも…ぶっちゃけ魔法少女ってカッコよくない!?』

ほむら『……何を言ってるの?』

マミ『カッコよくない!?きっと憧れて――』

ほむら『カッコいいかもしれないけど…憧れなんかでなるとロクな事にならないわ』

ほむら『私の友人の魔法少女(偽ほむ)の話しなんだけど…彼女は訳があって世界中の色々な魔法少女と行動した事があるの』

ほむら『その中で憧れで魔法少女なった女の子が何人も居たらしいけど…』

ほむら『そういう子は必ず死んでるらしいわ』

マミ『……』

ほむら『それより特に、必殺技なんか考える人なんて凄い惨たらしい死に方をするらしいわ』

マミ『』グサッ

ほむら『しかも、必殺技に母国の言葉を使わずに別の国の言葉を使うヤツなんて得に死にやすいわ』

マミ『』

ほむら『魔法少女グループで会話が続かない時は、友人はその事を笑いのネタにしてたらしいわ』

マミ『』

――――――

偽ほむ「あ、そう言えば必殺技考えてた魔法少女が居たわ。それもイタリア語」

魔法少女A「ウッソー!」

魔法少女B「ダサー!」

魔法少女C「そういうのって普通中学で卒業するよねー!」

魔法少女D「きゃはははー!」

――――――

121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/28(土) 02:15:47.45 ID:aBPyWJ9t0
ほむら『さて、あなたはどうする?将来後輩に陰でネタキャラ扱いされるか…諦めるか…』

マミ『ど、どうしてネタにされる前提なのよ!?』

ほむら『人は簡単に変わるのよ、私や杏子や私の友人もその例に入る』

ほむら『昔はとても純粋な子だったのに、たったの数年で何かがキッカケで変わるの』

ほむら『友達だろうが先輩だろうが問答無用でネタにするようになるわ』

マミ『や、やっぱり…誘うのは…止めておくわ』

ほむら『それが正しいわ、それに…あなたには私や杏子が居るでしょ?』

マミ『で、でも…あなたも私をネタに…?』

ほむら『しないわよ。私とあなたは…仲間じゃない』

マミ『な、仲間…///』

マミ『ありがとう!暁美さん!』ダッ

ほむら(あ……)


――――――――――――

昨日の夜  ほむらの家


ほむら「勝った、5マミよ」パサッ

杏子「あー○ソ!もう少しでティロ・フィナーレして6マミだったんだけどなァー!」

偽ほむ「私なんか途中でマミってしまったわ。まだマシよ」

杏子「もう一回だ!もう一回!おい、ほむら!カードをシャッフルしやがれ!今度は負けねーぞ!」

ほむら「何度やっても無駄よ、あなた達じゃ私に勝てない」シャッシャッ

杏子「うるせー!」

――――――――――

ほむら(……ごめんなさい巴さん)  

123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/28(土) 02:52:06.42 ID:aBPyWJ9t0
廊下


偽ほむ「……!」

まどか「あれ?ほむらちゃん?さっき教室に居たハズじゃ――」

偽ほむ「あ、そう言えば、まどか。あなたの名字は確か『鹿目』だったわね」

まどか「うん、そうだよ!」

偽ほむ「鹿目ね…懐かしいわね」

まどか「私と同じ名字の人と会った事あるの?」

偽ほむ「えぇ…あなたとは真逆の性格の子だったわ」

偽ほむ(その子は昔の魔法少女なんだけど、凄い乱暴なヤツだった)

偽ほむ(だけど、お節介な所はちょっぴり似てるかしら)

偽ほむ(でも、まどかの方が一番可愛らしいわ。あっちの鹿目なんて人使いが荒かったし)

まどか「ほむらちゃん?」

偽ほむ「いえ、何でも無いわ。昔の事よ…」

124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/28(土) 03:13:22.56 ID:aBPyWJ9t0
偽ほむ「あなたは良い家族に生まれて良かったわね、性格が物語ってるわ」

まどか「うん、ママのお陰でもあるんだ」

偽ほむ「へぇ?それはさずかし優しいお母さんなのね」

まどか「うん、とても良いママだよ。パパも凄く良い人だし」

偽ほむ「そうなの」

まどか「弟も居るの!とっても可愛くてねタツヤって言うんだ!それでね――」

偽ほむ「え、えぇ……」

偽ほむ(マズイ…暁美ほむらが作り出した別人格とはいえ、記憶は共有してるから……罪悪感が…)

偽ほむ(目を爛々と輝かせ、家族の事を語る純粋なあなたの姿が私の心を突き刺す…!し、死ぬ…!)グググ…

まどか「…?」

偽ほむ(で、でも。時間を巻き戻したからノーカウントよね…?)

まどか「大丈夫?顔色悪いよほむらちゃん…?保健室行く?」オロオロ…

偽ほむ「だ、大丈夫よ……」

まどか「で、でも…」オロオロ…

偽ほむ(クッ…あなたの優しいパパを騙し、優しいママを心配させ、可愛い弟に酷い事をした馬の○ソ以下の史上最低のカス野朗が目の前に居るのにこの子は…!)

偽ほむ(いや…時間を巻き戻されてるから記憶がリセットさせてるだけだろうけど…!)

偽ほむ(暁美ほむらの洗脳が効いてる証拠ね…鹿目まどかがこんなに魅力的だなんて…!)ガクッ

まどか「ほむらちゃん!?」

125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/28(土) 03:22:33.89 ID:aBPyWJ9t0
昼休み  屋上


ほむら「何か用?」

偽ほむ「感謝するわ暁美ほむら」

ほむら「どうしたの?改まって」

偽ほむ「私に鹿目まどかの魅力に気付かせてくれて…ありがとう」ガシッ

ほむら「ふふっ、ようやくその領域まで辿り着けたのね…流石よ」ガシッ

さやか「あたし先に屋上で弁当を食べてるから――」ガチャ

ほむら「……」

偽ほむ「……」

さやか「……」

126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/28(土) 03:37:04.00 ID:aBPyWJ9t0
さやか「……」バタンッ

まどか「あれ?どうしたの?さやかちゃん?」

仁美「誰か居ますの?」

さやか「いや…寝不足かな…?転校生が二人居たように見えたんだ」

まどか「え?」

さやか「もう一回」ガチャッ

偽ほむ「――!――!」モタモタ…

ほむら「――!―!」モタモタ…

さやか「……」バタンッ

まどか「さやかちゃん…?さっき…ほむらちゃんが二人……」

さやか「ごめん、ちょっと次元の壁を越えて別世界の扉を開けてしまったみたいだわ」

仁美「なんてメルヘンチックな……」

127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/28(土) 04:06:13.70 ID:aBPyWJ9t0
さやか「代わりに、まどかが開けてよ」

まどか「う、うん…」ガチャ

ほむら「あら」

さやか「あれ?」

ほむら「あ、ここでご飯を食べるの?ごめんなさいね」

まどか「いや、良いんだよ!?居てくれても!」

ほむら「そう…?じゃあ…」

さやか「おい転校生。その座ってるダンボールは何だ?」

ほむら「あなたには関係ないわ」

さやか「うーん…でも、転校生さ。ダンボールから足がはみ出てるんだよね」

ほむら「あっ!」

さやか「このダンボールの中に誰か居る!」グイッ

ほむら「ちょっ!」

さやか「だーれだ!?」バッ

杏子「あーチクショウ…バレたか」

さやか「だ、誰!?同じ制服を着てるけど…何者!?」

杏子「アタシの名前は佐倉杏子!よろしくな!」

ほむら(杏子…!?)

杏子「それじゃあ…アタシはバレた事だし…それじゃあ!」ダッ!

仁美「行っちゃいましたわ…」

さやか「何だったんだ…?」

128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/28(土) 10:30:42.64 ID:aBPyWJ9t0

杏子「フー…」

ほむら「杏子」

杏子「どわっ!?」

ほむら「…いえ、あなたは杏子じゃないわね。驚いたわ、そんな特技があるなんて…偽ほむ」

偽ほむ「えぇ、瞬時に魔法少女に変身して盾から変装グッズを取り出して変装したのよ…こんな事もあろうかとね」

ほむら「凄いわね。どうやってするの?」

偽ほむ「その人の頭を思い浮かべて、特徴的な所は化粧して―――」

129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/28(土) 10:56:58.09 ID:aBPyWJ9t0
――――――――

ほむら「なるほどね…」

偽ほむ「色々な時代の世界に行って、魔法少女修行してた時に身に着けた特技よ」

ほむら「……そういえば、いつかまどかと同じ名字の魔法少女が居たって言ってたわよね」

偽ほむ「えぇ…」

ほむら「下の名前は?」

偽ほむ「うーん…名字で呼びあってたから下の名前は分からないわ」

ほむら「……その魔法少女って何年前の?」

偽ほむ「何年だったかしら…1980年ぐらい?」

ほむら「その魔法少女って、今も生きてるの?」

偽ほむ「えぇ、きっと生きてるわ」

ほむら「って事は…魔法熟女に……」

偽ほむ「いや、もう解約して魔法少女を引退してるわ」

ほむら「そう……ん?ちょっと待って」

偽ほむ「?」

ほむら「解約出来るの?」

偽ほむ「えぇ。それが?」

130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/28(土) 11:15:31.54 ID:aBPyWJ9t0
ほむら「何歳ぐらいから解約出来るの?」

偽ほむ「高校一年ぐらいになると、キュゥべえの方から解約の話しを持ちかけて来るわ」

ほむら「どうしてそういう重要な事を早く言わないの!?」

偽ほむ「キュゥべえ風に言えば『聞かれなかったから』よ、知ってるものだと思ってたわ」

ほむら「キュゥべえ!」

キュゥべえ「なんだい?」ヒョコ

ほむら「高一になると解約出来るって…本当!?」

キュゥべえ「そうだよ。強制じゃないけどね」

キュゥべえ「一番エネルギーを摂取しやすいのは、中学生までだからね。中学生の年齢を越えると、どうしてもエネルギーの回収率が悪くなってしまうんだ」

ほむら「どうして、そういう事を契約前に教えないの…!?」

キュゥべえ「聞かれなかったからさ」

131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/28(土) 11:29:15.89 ID:aBPyWJ9t0
キュゥべえ「それじゃあ僕はこれでお暇させてもらうよ」スッ

ほむら「なら…例え、まどかを契約させても高校生になるまで守りきり解約させれば……!」

ほむら「あ…でも…まどかの性格じゃ解約しないかも……」

偽ほむ「いえ、大体は解約するわ。聖人君子の様な人も高校生ぐらいの年齢になると解約していたし」

偽ほむ「その前にワルプルギスの夜を倒さなきゃならないわ。まどかがワルプルギスの夜の時に契約して倒してしまったら元も子もないわ」ポロッ

ほむら「……何か落ちたわよ?」ヒョイ

偽ほむ「おっと」

ほむら(おもちゃの鍵…?)

偽ほむ「ありがとう、それじゃ」

132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 00:33:44.11 ID:iLThaYPZ0
――――――――――

魔女の結界



杏子「マミ!今だ!」

マミ「分かったわ!ティロ・フィナーレ!」

お菓子の魔女「」ドバァ

マミ「やった!」

ほむら(よし…これで巴マミが死ぬのは避けれた…後はさやか……)

ほむら(偽ほむはどうやって、さやかを引き止めるのかしら……)
――――――――――

同時刻    病院


さやか「―――奇跡も、魔法もあるんだよ!」ダッ

恭介「さやか!?」

バタンッ!

偽ほむ「待ちなさい」

さやか「!?」

偽ほむ「話しは聞かせてもらったわ」

さやか「転校生!?まさか盗み聞きしてたの!?」

偽ほむ「…まさかあなた、魔法少女になるつもり?」

さやか「悪いけど転校生…あたしキュゥべえと契約して恭介の腕を治すの…散々、魔法少女の危険性を教えてくれたのに悪いね…」

偽ほむ「……美樹さやか、あなたは『奇跡』も『魔法』もあるって言ってたわね?」

さやか「え…?」

133: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 03:11:29.37 ID:iLThaYPZ0
偽ほむ「キュゥべえが作り出す『奇跡』や『魔法』より、人間が作り上げた『奇跡』と『魔法』に賭けてみない?」

さやか「どういう意味…?」

偽ほむ「私は訳があって色んな世界や様々な時代に行って色々な技術を身に着けた」

偽ほむ「当然、医術も習った」

さやか「……む、無理だよ、どんな医術をしたって今の時代では無理だって…」

偽ほむ「医術で治す訳じゃないのよ、治すのはあなたが言ってた『奇跡』と『魔法』よ」

さやか「え…?」

偽ほむ「私がとある時代に行った時、ある部族に出会ったの」

偽ほむ「食料と水を分けてくれて、魔法少女探しをしようと村から出ようとした時」

偽ほむ「そこで私は彼等の『魔法』と『奇跡』を見た」

偽ほむ「彼等は祭壇の上で、事故で足が動けなくなってた仲間を治したの」

さやか「!」

偽ほむ「医療技術も大して無い時代…それでも事故でグチャグチャになった足を治せた」

偽ほむ「後で分かった。あれは人間が作り出した『魔法』だと」

偽ほむ「あの魔法と私の医術があれば…上条恭介の腕を治せるかもしれない」

さやか「本当…?」

偽ほむ「えぇ…ただし上条恭介を手術する場所が必要になるわ」

偽ほむ「夜に、この病院の手術室を使うにしても警備員が見回りしてるだろうし…」

偽ほむ「上条恭介を手術出来る場所まで運ぶ必要もある…」

さやか「どこで手術するの?」

偽ほむ「私の家でするわ」

さやか「転校生の家で?」

偽ほむ「夜になったら上条恭介を拉致して家に連れて行くわ…心配ならあなたも来るといい」

さやか「いつするの?」

偽ほむ「今日実行するわ」

134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 03:22:52.63 ID:iLThaYPZ0
夜  病院


さやか「ふぅ…なんとか抜け出せた…」

恭介「ありがとうさやか…ここまで運んでくれて」

さやか「本当に良いの?あたしが紹介したのに言うのも何だけど…得体の知れない医者なのよ?」

恭介「構わないさ、僕の腕が治るなら……それで、その知り合いの医者ってどこに?」

ほむ医者「アイヤ~~!早く車に乗るネ!早くしないと見つかってしまうヨ!」

杏子医者「モタモタしてるんじゃないヨ!朝になるまで君の腕治さなきゃいけないんだヨ!」

恭介「だ、大丈夫かな……?白衣までは医者らしいんだけど…なんでホッケーマスク着けてるのこの人達…」ヒソヒソ

さやか「だ、大丈夫だよ!(なんでそんな怪しさMAXな格好なの!?)」ヒソヒソ

杏子医者「さ、ささ、恭介君。車に乗るヨロシ。私は人体解剖得意だから心配ないネ」

恭介「し、心配になってきたな…本当に大丈夫?」ヒソヒソ

さやか「奇跡を信じようよ!(コイツら、ほんと馬鹿!)」ヒソヒソ

135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 03:28:23.44 ID:iLThaYPZ0
――――――――
車内


恭介「zzz……」

さやか「恭介は?」

ほむ医者「麻酔で寝てるだけネ。心配ないネ」

さやか「それにしてもあんた何者なの…?手術も出来るわ車の運転も出来るわ…」

偽ほむ「別に、なんの変哲も無いただの少女よ」

さやか「いや手術も運転も普通の少女じゃ無理な気が……」

杏子医者「そんな事より食うかい?」ロッキー

さやか「いや…いいわ…」

杏子医者「そんなら私が食うネ」ボリボリ

さやか「この人達何者なの?」

偽ほむ「私の協力者よ。気にしないで」

さやか「いや…気になるよ…」

136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 04:33:09.59 ID:iLThaYPZ0
――――――――

ほむらの家 


杏子医者「君はそこで待つネ。大丈夫大丈夫」ポンポン

さやか「は、はい…お願いします…」

バタンッ

ほむら「ふぅ…」バッ

ほむら「所で本当に治せるの?大丈夫なんでしょうね?」

偽ほむ「大丈夫よ」タブン

偽ほむ「そんな事より、ここの換気はちゃんとした?メスとかの消毒は?」

ほむら「えぇ、消毒も換気もしたし。あなたが病院から盗んできた機材もちゃんとセット出来たわ」

偽ほむ「盗んだ訳じゃないわよ、借りたのよ」

恭介「zzz……」

杏子「もう始めるのか?」

137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 04:39:13.93 ID:iLThaYPZ0
偽ほむ「えぇ…それじゃあ始めるわよ。消毒液を」

杏子「あいよ」

ほむら「これで成功すれば私達の好感度は上がるけど…もし失敗したら真っ先に魔法少女になって私達と敵対するわよ」

偽ほむ「やる前から失敗する事を考えてどうするのよ。大丈夫だってば(見よう見真似だけど)」

偽ほむ「よし…麻酔は打ったし、メス」

杏子「ほいよ」

偽ほむ「……」ズブブ…

偽ほむ「ねぇ杏子」

杏子「何だよ」

偽ほむ「さやかの髪形…どう思う?」

138: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 04:43:07.20 ID:iLThaYPZ0
杏子「何だよ急に。そんな事より手術に集中しろよ」

偽ほむ「『手術に集中』なんて…よく続けて言えたわね」

杏子「早くしろよ!」

偽ほむ「だーかーら。さやかの髪型どう思う?」

杏子「あ?まぁ…よく分からんが良いんじゃないのか?」

偽ほむ「なりたい?」

杏子「は?」

偽ほむ「さやかみたいに髪切る?ショートカットにしてみる?」ジョギジョギ

杏子「え…?や、止めろ!」バッ

139: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 04:51:25.29 ID:iLThaYPZ0
偽ほむ「魔術を始める為には髪が必要なのよ、それも結構な量」

杏子「お、お前が切ればいいじゃないか!」

偽ほむ「そしたら、ほむらに化ける事が出来なくなるじゃない」

ほむら「その通り」

偽ほむ「諦めなさい。隣の部屋で切ってきて」

ほむら「分かったわ」ガシッ

杏子「そ、そんな…やめろぉおおお!うわあああああああああああ……」ズルズル…

―――――――――

さやか「ひ、悲鳴!?一体何が…!?」

―――――――――

ジョギジョギジョギジョギジョギジョギジョギジョギ・・・

ガチャ


ほむら「切ってきたわ」

杏子「うぅ…ヒデェ…」

偽ほむ「案外似合ってるじゃない」

杏子「うるへぇ…」

偽ほむ「その鉄の容器の中に入れて」

ほむら「分かったわ」バサバサ

140: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 04:58:13.89 ID:iLThaYPZ0
偽ほむ「そしてここで人間の愛液を髪に……」ドロォォ…

杏子「止めろ!そんな変な液を私の髪にかけるな!」

偽ほむ「大丈夫よ、私のだから」

杏子「そういう問題じゃ無い!」

偽ほむ「さらにこの中にネズミの内臓に猫の眼球に犬の舌を混ぜる」ドボドボ

杏子「うげげげぇぇぇ……」

偽ほむ「そして牛の鼻を入れ、これを燃やす」

ボォォオオオオオ・・・

ほむら「す、凄い臭い…」

杏子「マスクしてても凄い臭う…うげぇ…」

偽ほむ「この煙が良いのよ」

141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 05:07:10.94 ID:iLThaYPZ0
偽ほむ「そして自然に火が消えるまで待ち…」

偽ほむ「この黒焦げの杏子髪で上条恭介の神経に縫う……」チキチキ…

杏子「おい、換気していいか?」ゲホゲホッ

偽ほむ「駄目よ。煙は絶対に外に出してはいけないわ」

偽ほむ「―――――…―――――……」ブツブツ…

杏子「な、何か言いながら真剣に上条恭介の神経を髪で縫ってる…」

ほむら「それにこの焼けた髪…普通の力じゃ切れないわ。柔らかい触り心地なのにワイヤーの様に硬い!」

杏子「よく偽ほむの愛液とかにまみれた髪なんか触れるなオイ…」

偽ほむ「―――……」ブツブツ…

142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 05:11:03.26 ID:iLThaYPZ0
偽ほむ「汗!」

ほむら「え?」

偽ほむ「汗!汗拭いて!集中出来ないわ!」

杏子「悪ィ悪ィ」フキフキ…

ほむら「どう?」

偽ほむ「もう少しよ…もう少し…」プツプツ…

偽ほむ「よし。簡単な所は終わったわ…次ね」

偽ほむ(クッ…凄い複雑に千切れてるわね…)

偽ほむ(少しでもミスをすれば腕は二度と治らなくなり、最悪の場合死ぬかもしれない…ミスは許されないわ…)

143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 05:18:54.28 ID:iLThaYPZ0
さやか「大丈夫かなー…大丈夫かなー…」ウロウロウロ

―――――――――


杏子「オイ、もう4時だぞ!」

偽ほむ「急かさないで!もう少しでラストスパートよ…!」

偽ほむ「――――…」ブツブツブツ

―――――――――――

偽ほむ「ふぅぅ…」

杏子「終わったのか…?」

偽ほむ「えぇ。もう完璧よ、見よう見真似でやった割りには上手くいったわ」

ほむら「えぇ!?見よう見真似でやってたの!?」

杏子「それ本当に大丈夫なのか!?」

偽ほむ「大丈夫よ。手応えはあったわ」

ガチャッ

さやか「先生!恭介は!?」

ほむら「大丈夫。成功した(らしい)わ」

さやか「やったー!わーい!」

杏子「あー、良かった良かった」

偽ほむ「さ、上条恭介を病院に戻すわよ」

恭介「zzz…」

さやか「はい…ってあれ?転校生が二人…」

ほむら「あ」
偽ほむ「あ」

144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 06:26:56.77 ID:iLThaYPZ0
―――――――
病室


恭介「う…うぅ~ん…」

恭介「あれ…?僕の病室…」

恭介「さやか…?」

恭介「あ……」

恭介「腕に…感覚が…」

145: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 06:34:09.35 ID:iLThaYPZ0
――――――――
車内


偽ほむ「なんとか成功して良かったわ」

ほむら「そうね、一時はどうなるかと思ったけど」

杏子「スピー…スピー…」

偽ほむ「杏子も疲れて寝ちゃったみたいね」

ほむら「休み無しだったから仕方無いわね」

さやか「……ちょっと」

偽ほむ「何?」

さやか「どうして転校生が二人居るの?」

ほむら「話すと長くなるわ……」

146: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 06:37:49.06 ID:iLThaYPZ0
―――――――

さやか「なるほど…転校生のそっくりさんの偽ほむか」

さやか「それじゃあ、本名は?」

偽ほむ「本名も何も…私は暁美ほむらよ」

さやか「あー…良い感じに洗脳されてるねこれは」

キキィッ!

偽ほむ「ほら、着いたわよ。早く帰りなさい、親が心配する前に」

さやか「ん。ありがとうね二人共」

バタンッ

147: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 06:44:05.66 ID:iLThaYPZ0
ほむら「さて…いよいよね」

偽ほむ「ワルプルギスの夜……」

ほむら「杏子は最初から仲間で、マミが死ぬのも避け、さやかの魔法少女化も避け…」

ほむら「数々の障害を避けて、とうとうここまで来れたわね…お陰で時間が余ってしまったわ」

偽ほむ「……」

ほむら「もう邪魔する物は無いわ。後は―――」

偽ほむ「スー…スー…」

ほむら「ちょっ…ちょっと!寝ないでよ!誰が車運転するのよ!?」

148: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 06:56:49.74 ID:iLThaYPZ0
――――――――――

???


ザァァァァ・・・・


偽ほむ「………」

「待ちな」

偽ほむ「……何?」

「一人で何処行こうってんだ?」

偽ほむ「……アンタには関係ない」

ガシッ

「関係無い事なんか無い。そうやってずっと一匹狼気取るつもりか?」

偽ほむ「………」

「あの魔女は今までとは段違いなんだぞ」

偽ほむ「知ってる」

「…知ってるなら」

偽ほむ「私はあの魔女を倒さなくてはいけない。一人で戦って倒さねばならない、逃げ出さない為に、心を強く冷酷にする為に」

「テメェー一人だけの命じゃねぇんだぞ、そういう勝手な事をして仲間はどれだけ…」

偽ほむ「余計なお世話よ鹿目。あなたの力なんていらない、魔法少女と組む事だって楽してグリーフシードを回収する為よ、馴れ合う為じゃないわ」

鹿目「……もう知らん。勝手にしろ」

偽ほむ「勝手にさせてもらうわ」

149: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 06:59:44.99 ID:iLThaYPZ0
――――――
車内


偽ほむ「……は!」

ほむら「ようやく起きたのね…」

偽ほむ「悪い悪い…少し疲れちゃってね」

ほむら「さぁ、もう帰るわよ。車出して」

偽ほむ「分かったわ」

杏子「スピー……」

150: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 07:15:21.35 ID:iLThaYPZ0
―――――――――
ほむらの家


偽ほむ「……」ガチャ

ほむら「杏子は?」

偽ほむ「ベットに運んだわ」

TV『1970年八月九日に行方不明になった当時中学三年生の神代美也さんの手がかりと思える持ち物が山中で発見されました…しかし一向に神代美也さんの行方に繋がる手がかりは見つかっておりません』

TV『警察は引き続き、捜索を開始しています』

TV『次のニュースです、○×店の新作スイーツを求めて全国から多くの人達が―――』

偽ほむ「…甘そうね、このスイーツ」

ほむら「このゼリーで我慢しなさい」サッ

偽ほむ「そんな……まぁいいけど…」ペリッ

偽ほむ「私達はもうチームね。あなたと私に杏子」

ほむら「いきなりどうしたの?」

偽ほむ「いや…純粋に他の魔法少女と手を組んだ事無くってね」

偽ほむ「ずっと利用してたの」

ほむら「あぁ…そんな事言ってたわね」

151: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 07:30:40.96 ID:iLThaYPZ0
偽ほむ「私達『チーム・フロリダ』と名乗りましょうよ」

ほむら「どうしてフロリダ?」

偽ほむ「なんとなく」

ほむら「フフッ、別に良いけど。マミはどうするの?」

偽ほむ「マミは……補欠?」

ほむら「そんな事言ったらマミが悲しむわよ?」

偽ほむ「あぁ、違いないわね」

偽ほむ「ぷっ」

偽ほむ「あははははは!!!!」

ほむら「フフ…どうしたのよ急に?」

偽ほむ「もうすぐでワルプルギスの夜が来るわね……」

ほむら「えぇ…」

杏子「よぉー…何話してんだー?」

偽ほむ「ねぇ杏子、私達はこれから『チーム・カルフォルニア』って名乗りましょうよ」

ほむら「さっきまでフロリダって言ってたじゃない!」

偽ほむ「あはは、そうだったね!」

杏子「オイオイ!何だよ何だよ、楽しそうにしやがってよー!混ぜろよ~!」

キュゥべえ「随分ご機嫌だね…」ヒョコッ

――――――――

マミ「!」ゾクッ

マミ「やだ…何…?今の…?孤独の予感がする…」

152: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 15:07:33.59 ID:iLThaYPZ0
―――――――――――




『スーパーセルが発生しました。付近の市民はただちに避難してください』


偽ほむ「遂に来たわね…」

マミ「みんな!準備は良い!?」

杏子「ああ!」

ほむら「来るわ」







マミ「あれ?暁美さんが二人……」



ワルプルギスの夜『アハハハハハ!!!』

偽ほむ「ようやく会えたわね…ワルプルギスの夜…」

153: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 15:13:16.45 ID:iLThaYPZ0
マミ「行くわよ!」

偽ほむ「喰らえ!」カチッ

キラッ

マミ「え…?何か空が光った…」

ズギャアアアンッ!

ワルプルギスの夜『アハ』ドグシャッ!

偽ほむ「……」カチカチカチカチカチ

キラッキラキラキラ・・・

ボボボボボボボボ!!!

ワルプルギスの夜『アハハハ』ビダンビダン

杏子「ワルプルギスの夜が地面に叩きつけられてる…」

マミ「何…?空からレーザー光線が…」

偽ほむ「アメリカ軍のサテライトレーザーよ」

ほむら「よくそんな物盗めたわね……」

154: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 15:19:12.39 ID:iLThaYPZ0
偽ほむ「そして、さらに!」カチッ

ゴォオオオオオオ・・・

偽ほむ「弾切れした衛星を自爆させて。ワルプルギスの夜の上に落とす!」

ドゴォオオオオオオ!!!

ワルプルギスの夜『アハ』

マミ「私達…いらなかったんじゃ…」

偽ほむ「いいえ、あの程度じゃ死なないわ」

ワルプルギスの夜『アハハハハハハハハ!!!』

杏子「あんだけくらってもまだ生きてるのかよ!」

マミ「クッ!行くわよ!」バッ!

杏子「ああ!」バッ!

ほむら「っ」スッ

ガシッ

偽ほむ「待って、ほむら」

ほむら「何?」

偽ほむ「あなたに…これの使い方をそろそろ教えなきゃならないわね」

ほむら「おもちゃの鍵…」

155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 15:44:10.56 ID:iLThaYPZ0
偽ほむ「これは私が大昔の時代のギリシャで見つけた鍵…インキュベーターが作った鍵よ」

ほむら「インキュベーター…」

偽ほむ「この鍵はソウルジェムに刺し、左に回すと魔力を封印する」

偽ほむ「そして右に回すと…ソウルジェムの穢れを解放し、自らの力にする」

ほむら「!」

偽ほむ「ただし、これにはタイミングがある…魔女化一歩手前で鍵を回すの」

偽ほむ「それと、魔力でソウルジェムを穢れさせても意味が無いわ」

偽ほむ「『絶望』し『勝利に餓える』必要があるわ」

偽ほむ「成功すればワルプルギスの夜を倒す力を得る事が出来、失敗すれば…インキュベーターに莫大なエネルギーを
摂取されるだけ」

偽ほむ「…あなた、使ってみる?」

ほむら「……」

偽ほむ「無理なら、私が使うわ」

ほむら「いえ…私がやる。私が決着を付けるわ」

157: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 16:31:23.52 ID:iLThaYPZ0
偽ほむ「それじゃあ、キッチリ穢れを溜めてね」

ほむら「ちょっ…!鍵は!?」

偽ほむ「あなたのソウルジェムが完全に穢れ切る一歩手前になったら来るわ。それまで鍵は渡せない」

ほむら「……!」

偽ほむ「それじゃあ…ね」

バッ!



ワルプルギスの夜『アハハハハハ!』

杏子「○ソッ…!あれ程のダメージを負ったハズなのに…!」

マミ「佐倉さん!後ろ!」

ゴォオオオオオオオ・・・・!

杏子「なっ!?ビルが…」

ドゴォオオッ!

マミ「佐倉さん!」

偽ほむ「間に合ったわね…」

マミ「暁美さん…!」

杏子「悪い、偽ほむ」

偽ほむ「どういたしまして」

158: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 16:35:41.02 ID:iLThaYPZ0
ほむら「……」

ほむら「………うっ」

ほむら「駄目…これ以上は…」

ほむら「偽ほむ!」

偽ほむ「……」スタッ

ほむら「ほら、もうこれ以上は無理だわ。早く鍵を!」

偽ほむ「……」スッ

シュアアアアア・・・

ほむら「なっ!?グリーフシードを…!何をしてるの!?」

偽ほむ「その穢れは…絶望しか無かった。勝つ事に対する飢えは全く無い」

偽ほむ「もう一度よ」

ほむら「っ…!」

159: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 16:41:23.92 ID:iLThaYPZ0
ワルプルギスの夜『アハハハハハ!!!』グォォッ

マミ「きゃっ!」

杏子「マミ!○ソッ…!」

使い魔達「「――――!」」」」ワラワラ

偽ほむ「どきなさい」ドガァッ!

使い魔「」グチャ

杏子「どきやがれ!」ズバァッ!

使い魔「」ブチャア

杏子「大丈夫か!?マミ!?」

マミ「え、えぇ…なんとか…!」

偽ほむ「無理して突っ込み過ぎよ、距離を取るわよ!」

―――――――

ほむら「ハァ…ハァ……!」

偽ほむ「どう?」スタッ

ほむら「これなら…文句は無いでしょ?」

偽ほむ「駄目よ」

ほむら「!?」

偽ほむ「勝利に対する飢えが足りないわ」

160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 16:49:50.12 ID:iLThaYPZ0
ほむら「何よ…!勝利に対する飢えって…!」

ほむら「そんなの絶望と真逆の事じゃない!」

偽ほむ「いえ、同じよ…暁美ほむら、その程度じゃ鍵はやれないわ」

ほむら「……!」

偽ほむ「あなたには大切な人は居ないの?」

ほむら「…え?」

偽ほむ「守ってあげたい人は?あなたは何の為に様々な時間軸に行き来してたの?」

偽ほむ「何の為に?誰の為に?」

ほむら「それは…まどかの為に…」

偽ほむ「まどか…だけ?まどかさえ救えればそれでいいって訳?」

ほむら「そ、そんな事…もちろん杏子だって…マミだって、さやかだって……」

ほむら「この街の人だって……守りたい」

ほむら「もちろん…あなたも…」

偽ほむ「それは本心?それとも上っ面?」

ほむら「本心よ…!」

161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 16:56:56.68 ID:iLThaYPZ0
偽ほむ「いいえ。上っ面ね」

ほむら「なっ!?」

偽ほむ「まだ、あなたは『まどかだけ助かれば、それでいい』と考えてる」

ほむら「そんな事――!」

偽ほむ「いえ、そう考えているわ」

ほむら「ふざけないで!あなた…もしや洗脳が…!」

偽ほむ「いえ、解けてないわ。私はあなたが作り出した、理想像よ」

ほむら「っ…!いい加減に鍵を渡しなさい!」

162: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 17:06:11.64 ID:iLThaYPZ0
偽ほむ「……」ヒョイ

ほむら「っ!」

ほむら「あ、遊んでる場合じゃないのよ!早くその勝利の飢えとやらを教えなさい!」

偽ほむ「教えたら意味は無いわ、自然に気付くものよ」

ほむら「あなたは…!あなたは私じゃない!暁美ほむらじゃない!」

ほむら「暁美ほむらは私よ!あなたは全くの別人!」

偽ほむ「いいえ、私は暁美ほむらよ」

ほむら「…!」

偽ほむ「洗脳は解かして鍵を奪おうとしても、そうはいかないわ」

―――――――

ワルプルギスの夜『アハハハハハハハハ!!!』

マミ「きゃああ!」

杏子「マミ…ぐあっ!」


――――――――

ほむら「……!?杏子!マミ!」

偽ほむ「………」

ほむら「いい加減に早く渡しなさい!もう穢れも充分に溜まったでしょ!」

偽ほむ「……」ガシッ

シュアアアアアア・・・!

ほむら「ま、また…!」

偽ほむ「無理よ。あなたが勝利に飢え、絶望するまで…鍵は渡せないわ」

ほむら「……!」

163: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 17:20:25.00 ID:iLThaYPZ0
避難所


ザァアアアアアアア・・・・


詢子「……雨」

まどか「どうしたの?ママ?」

詢子「そう言えば…あの時もこんな雨だったな…」

まどか「ママ?」

詢子「あぁ、ただ昔の事を思い出しただけさ」

まどか「昔の事?」

詢子「あぁ。昔の友達の事をな…アイツ元気にしてっかな…」

詢子「目的の為なら手段も選ばないし、友達だって平気に利用する最低なヤツだったよ」

まどか「へ、へぇ…」

詢子「だけど…そんな酷いヤツなんだけど…なんか見てられなかったんだよなぁ…」

詢子「誰に対しても心の壁を作っててさ、一人になろうとしてたんだよな」

165: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 18:28:46.55 ID:iLThaYPZ0
詢子「………アイツも私の事を上っ面だけの友達としか思ってなかったのかな?」

まどか「ママ…」

まどか(ママがこんな寂しそうな顔をするなんて……)

キュゥべえ「やぁ、まどか」

まどか「キュゥべえ…」

詢子「……」

まどか「場所を移す?」

キュゥべえ「いや、このままでいいさ」

キュゥべえ「今、ワルプルギスの夜という特大級の魔女が迫ってる」

キュゥべえ「放っておけば、この街は消滅する」

まどか「……!」

キュゥべえ「今、暁美ほむら達が戦ってる。だが彼女達では勝てないだろう」

まどか「そんな…!」

166: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 18:36:55.36 ID:iLThaYPZ0
キュゥべえ「でも、君なら勝てる」

キュゥべえ「僕と契約して魔法少女になれば、ワルプルギスの夜なんてイチコロさ」

まどか「本当?」

キュゥべえ「もちろんだとも!」

まどか「それじゃあキュゥべえ…私…!」

ガシッ!

キュゥべえ「あれ?」

詢子「………」

まどか「ママ…?」

詢子「……」ブンッ!

キュゥべえ「きゅべえっ!」ベチャ

詢子「帰れ。この悪魔め」

キュゥべえ「やれやれ…分かったよ」スゥゥ…

まどか「ママ…見えるの?キュゥべえが…?」

詢子「あぁ…見えるみたいだ、解約すればもう二度と見えないと思ったんだけどな…」

まどか「ママ…まさか…」

167: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 18:52:41.56 ID:iLThaYPZ0
―――――――――――


ほむら「ハァ…!ハァ…!」

マミ「う…ぅう…」

杏子「ゲホッ…」

偽ほむ「……」

マミ「ごめんなさい…役に立てなくて…」

杏子「つーかお前ら…援護してくれよ…これじゃあ四人の意味ないじゃん…」

偽ほむ「大丈夫よ、今度は私一人がアイツと戦う」

ほむら「なっ!?」

マミ「そんな…!無茶よ…!」

杏子「勝算はあるのか…!?」

偽ほむ「無い」

ほむら「あなた…まさか、死ぬつもり!?」

偽ほむ「………鍵は置いておく」

偽ほむ「チャンスは一回だけ…間違った所で鍵を開けないようにね」

ほむら「……!」

偽ほむ「いい?勝利に飢えるのよ…これが重要だから…」

偽ほむ「大丈夫。あなたなら勝てるわ…きっと」

ほむら「あ…!」

偽ほむ「それじゃあね……」バッ

ほむら「待って…!」

ほむら「行かないでッ!!!『神代』ッッ!!!」

168: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 19:04:11.81 ID:iLThaYPZ0
―――――――

過去


偽ほむ「ゲホッ…!ゴホッ…どうして…?あなたが…?」

鹿目「ハァ…ハァ…!」

偽ほむ「どうして…?」

鹿目「っ!」ダキッ

偽ほむ「!? か、鹿目…?」

鹿目「止めろよ…もう、一人で戦うなよ…お前…」

鹿目「どうして仲間に助けを求めようとしないんだ…?どうしてそんなになってまで戦うんだよ…!」

偽ほむ「鹿目…」

鹿目「……約束してくれ」

偽ほむ「…?」

鹿目「もう…一人で戦わないでくれ…誰かの手を借りて戦ってくれ…」

鹿目「一人で戦うアンタの姿を見たくない…」

鹿目「お願いだ……神代」

偽ほむ「鹿目……悪い……」

――――――――――――

偽ほむ(……すまない鹿目。約束を破ってしまった)

169: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 19:15:16.83 ID:iLThaYPZ0
ワルプルギスの夜『アハハハハハ!!!』

偽ほむ「……!」グワッ!

ワルプルギスの夜『アハハハハハハハハハハ!』ゴォォッ!

杏子「まずい!火だ!」

偽ほむ「……!」ズボォッ!

マミ「炎に突っ込んで行ったわ!なんて無謀な…!」

偽ほむ「……!」ジャキッ!

ドゴォオオオッ!

ワルプルギスの夜『アハハハハハハ!!!』

杏子「駄目だ…!効いてねぇ!」

偽ほむ「……」ズバァッ!

マミ「あっ!?右腕が吹き飛んだわ…!あれじゃ戦えない…!戻って来て!」


偽ほむ「……」チャキッ


ほむら「ま、まだ…戦うつもり…?」

170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 19:53:18.67 ID:iLThaYPZ0
ワルプルギスの夜『ハハハッ!アハハハハハハハハハッ!!!』

偽ほむ「……ッ!」ジャギッ!

ほむら「片手でランチャーを…!」

ドゴォォオオッッッ!

ボォオオオオオンッ!

ワルプルギスの夜『アハハハハハハハッ!』

杏子「駄目だ…!このままじゃ…!」

ほむら「どうして…!?なんで魔法を使わないの…!?」

ほむら「自分の動きを加速させれば、ワルプルギスの夜の攻撃は避けれるのに…!」

偽ほむ「……ッ!」ドバァッ!

マミ「きゃっ!」

杏子「クッ…!今度は足を…!」

ほむら「……!」

171: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 20:07:30.66 ID:iLThaYPZ0
マミ「もう一人の暁美さんが落ちていくわ!」

杏子「マズイ!早く助けに…!」

マミ「駄目よ…!この距離じゃ…!」

杏子「あ……」

ゴォオオオオ・・・

ドゴォオオオオオオオオオオ!!!!

ほむら「神代が……」

杏子「下敷きになっちまった…!」

ほむら「そんな…嘘よ神代…あなたは…!」

マミ「……!」

ワルプルギスの夜『アハハハハハハハハハ!アハハハ!!!』

ほむら「終わった…」

ほむら「結局…何も変わりやしなかった…」

ほむら(神代は死んだ。マミや杏子はもう戦える状態じゃない……)

ほむら(今からでも私が戦った所で、ワルプルギスに勝てる訳が無い……)

ほむら(もう駄目だ…でも、もう一回やり直せば。ひょっとしたらまた神代と会えるかもしれない…)

ほむら(まず一旦逃げなきゃ…)

ほむら(待て…どうして逃げようとするの…?マミや杏子が居るのに…)

ほむら(やっぱり…上っ面だけだったのね…あなたが正しかったわ神代…)

172: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 20:13:54.50 ID:iLThaYPZ0
ほむら(まどかを守るとか言いながら…もう守る程の力も無い…)

ほむら(どうして…?どうして、こんなにも無力なの…?)

杏子「逃げな、ほむら」

ほむら「え…?」

杏子「避難所のみんなをもっと遠くの方に行くように伝えるんだ!」

マミ「ここは私達が引き受けたわ!早く!」

ほむら「む、無理よ…第一…ボロボロじゃない…!」

ほむら「神代は…私達なんかよりも多くの魔女を倒してるのよ…!」

ほむら「何年間も修行をしてたのに…無意味だったのよ…!」

ほむら「勝てる訳が…!」

杏子「勝てなくてもいいんだ。ここで踏ん張るヤツがいねぇと、どうするんだ」

ほむら「杏子…!」

マミ「さぁ!早く!」

ほむら「マミ…!」

173: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 20:20:39.22 ID:iLThaYPZ0
ほむら(……戦わなきゃ)

ほむら(私が…戦わなきゃ…!)

ほむら(戦って…杏子もマミも…まどかもさやかも…みんな守らなきゃ…!)

ほむら(勝たなきゃ…!勝ちたい…!あの魔女に…戦って勝ちたい…!)

ほむら(神代の為にも勝ちたい…!)

ほむら(例え五臓六腑がグチャグチャになろうが…!死に物狂いで…!)

ほむら(勝たなきゃ!)

ほむら「うわぁあああああああーーーーーーッッッ!!!!」バッ!

杏子「か、鍵を!?」

マミ「暁美さん!?」

カチリッ

174: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 20:38:44.30 ID:iLThaYPZ0
――――――――――


まどか「な、何…?アレ…」

詢子「ドス黒いオーラが広がっている…あんなに禍々しいのに、見てると凄く安心する……」

詢子「まさか…あなたなの?神代…?」

キュゥべえ「やれやれ…僕達の落し物をまさか彼女が持っていたとはね」

まどか「キュゥべえ!?」

キュゥべえ「驚いたよ、まさか神代美也が持ってたとはね」

キュゥべえ「ただし使用しているのは、神代美也じゃない。使ってるのは暁美ほむらだ」

まどか「ほむらちゃんが…?それに神代美也って…!?」

キュゥべえ「暁美ほむらの協力者の一人さ、そして当時魔法少女だった鹿目詢子の仲間だった人さ」

詢子「神代…!?神代が居るのか!?」

キュゥべえ「うん、さっきまで居たさ」

180: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 16:44:48.77 ID:FRZ5rcGq0
詢子「さっきまで……だと?どういう意味だ」

キュゥべえ「もう神代美也はこの世には居ない、今頃ビルの下敷きになってるさ」

詢子「そんな……ホラ吹くんじゃねぇ…!神代は簡単に死ぬ様なヤツじゃ…!」

キュゥべえ「残念だけど真実さ」

詢子「クッ…!うぅぅ……!」

まどか「ママ…」

詢子「……!……!」

181: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 16:54:51.39 ID:FRZ5rcGq0
――――――――

ゴォオオオオ・・・

ほむら「……」

マミ「暁美……さん、なの?」

ほむら「ア…アアア……」

ほむら「――――――――!」ドウッ!

杏子「ワルプルギスに向かって、と、飛んだ!」

ワルプルギスの夜『アハハハハハ!!!』ボボボボ!

ほむら「――――――」シュッ!

杏子「ワルプルギスの攻撃を避けた!」

マミ「もう少しでワルプルギスと接触するわ!」

182: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 08:47:19.27 ID:iK51D2d20
ほむら「―――――!」ガシィッ

ワルプルギスの夜『アハハハハハハ――――』

ブチィブチブチィ!

杏子「ひ、引き裂いた…!」

ほむら「―――!―――!」

―――――――――――

キュゥべえ「だけどあのままじゃ、暁美ほむらは力に飲み込まれてやがて無差別に攻撃し始める」

キュゥべえ「鍵で解放した力を抑えるには、鍵を逆方向に回して封じ込めるしかない」

キュゥべえ「しかし今の暁美ほむらは、完全に勝つ事に飢えており手をつけられない状態だ」

キュゥべえ「彼女の闘争の邪魔をする者は誰であろうと排除してくる」

まどか「そ、そんな……」

キュゥべえ「だけど、君なら可能だ」

まどか「え!?」

キュゥべえ「彼女の仲間である二人はもう立てない、神代美也は死んだ」

キュゥべえ「もう君が契約して魔法少女になって彼女を止めるしかない」

183: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 08:58:21.90 ID:iK51D2d20
ワルプルギスの夜『アハハハハ――』

ほむら「―――――」

――――――――――――


まどか「いいよ、ほむらちゃんを助ける為なら」

詢子「なっ!?バカ!止めろ!」

まどか「ごめんママ…でも、ほむらちゃんは私の大切な友達なの!」

詢子「……っ!」

キュゥべえ「願いは決まったかい?」

まどか「うん、キュゥべえ…私…」

ガシッィ!

キュゥべえ「?」

「~~~~♪」

まどか「え…!?ほむらちゃ…」

詢子「いや…お前は…!」

キュゥべえ「驚いた。まさか生きてたとはね……」

詢子「神代…お前…なのか…?」

神代「~~♪」

185: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 09:04:40.64 ID:iK51D2d20
キュゥべえ「やぁ。数年ぶりだね」

神代「~~♪」

まどか「……!」

キュゥべえ「何か用かい?」

神代「3秒だけ契約する時間をあげるわ」

神代「はい、3」

キュゥべえ「え」

神代「2」

キュゥべえ「あ」

神代「1」

キュゥべえ「まどか、僕と契約して――」

神代「0」ブンッ!



キュゥべえ「うわぁぁ~~~~!」ピュー

ワルプルギスの夜『アハハ――』ガンッ!

ほむら「―――――!」グッ

ドッゴォオオオオオオオ!!!

ワルプルギスの夜『』グチャアア

杏子「スゲェ…!なんて威力のパンチなんだ…!ワルプルギスをグチャグチャに…!」

186: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 09:12:06.02 ID:iK51D2d20
神代「ほむら…よくやったわね…」

詢子「お前…どうやって生きて…!」

神代「…ビルの下敷きになる前に助けてくれたのよ」

さやか「あれ?まどかのお母さん?どうしてここに?」シュタッ

まどか「さやかちゃん!?ってその格好…!」

詢子「さやかちゃん、あんたまさか…!」

神代「事故にあった猫を助ける為に契約したのよ、このバカ」

さやか「ま、まぁまぁ!結果的に神代も助けれたし、結果オーライじゃん?」

187: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 09:20:04.63 ID:iK51D2d20
詢子「………」

神代「何よ?どうしたのよ鹿目…あんた随分老けたわね」

詢子「うるせぇ!い、いや…本当に神代か…?なんか、変わったような…」

神代「……そうね、私は変わったわ」

さやか「神代!ほむらがワルプルギスの夜倒したよ!今度は無差別に攻撃しまくるって展開じゃ…」

神代「あんた神代、神代と言うけど…本来なら私はあなたのお母さんより年上なのよ」

さやか「あ、そうだったんですか…ごめんなさい…」

さやか「神代さん!ほむらがワルプルギスの夜倒しましたよ!今度は新たな敵を求めて暴走するんじゃないんですか!?」

神代「大丈夫、暴走なんかしないわ」タブン

189: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 20:42:26.85 ID:9QlWbmQy0
ほむら「………」グォオオ…

さやか「ヒッ!こっち来た!」

神代「大丈夫」


ほむら「……」スタッ…

さやか「……!」

まどか「……」

神代「ほむら。ソウルジェムを」

ほむら「………」スッ…

神代「……さ、鍵を」

グイッ

神代「え?」

ダキッ

神代「ほむら?」

ほむら「……」

190: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/04(金) 20:25:43.23 ID:Xsseykek0
カチッ

シュゥウウウウウウウ・・・

まどか「ほむらちゃんの周りに漂っていた黒い気が…消えた…」

ほむら「……」

神代「……どうした?」

ほむら「あなた…魔法をワザと使わなかったわね」

神代「………」

ほむら「美樹さやかが来るのを知っててワザと攻撃を受けて…」

ほむら「死んだフリして、私を絶望させる為に…」

神代「……ごめんなさい」

191: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/04(金) 20:55:15.85 ID:Xsseykek0
神代「……さて、ワルプルギスの夜は倒した」

神代「私はもう、用済みね」

ほむら「え…?」

神代「私は戻る。元の時代に…私が行方不明になった1970年8月9日に…」

詢子「もう…行くのか?」

神代「えぇ…」

詢子「その、せっかく会ったんだし…もうちょっとゆっくりしたって…」

神代「……ごめんなさい鹿目」

詢子「……そうか、まぁ…いいけどさ。」

さやか「……神代さん」

神代「何?」

さやか「恭介の腕治してくれてありがとうございます。でも結局魔法少女になっちゃいましたけど」

神代「…いや、礼は、ほむらに言ってあげて」

ほむら「え…?」

神代「上条恭介の腕を治したのは『神代』としてではなく、『ほむら』として治したの」

神代「『神代』という人間は何もしなかった」

192: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/04(金) 21:07:59.37 ID:Xsseykek0
神代「ほむら」

ほむら「……」

神代「そしてみんな」

詢子「……」

まどか「……」

さやか「……」

神代「今度は…『暁美ほむらの偽者』としてではなく」

神代「『神代美也』として会いましょう」

神代「ほむら、私の事…杏子やマミにも伝えておいてね」

ほむら「う…ん…」

神代「さて…今度この時間に来る時は…」スッ…

神代「多分、働いてるかもしれないわね…」カチッ


キュルルルルルルルルルルルルルルルルルル・・・・

ピカッッ!


さやか「消えた…」

ほむら「……さようなら…『偽ほむ』…」

193: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/04(金) 21:15:10.43 ID:Xsseykek0
―――――――――

さやか「久々の外での体育だー!」

まどか「本当に久々だねー」

ほむら「ワルプルギスの夜のせいで、グラウンドが滅茶苦茶になってたから……ね」フラフラ…

ジリジリジリ・・・

さやか「にしても暑い!」

まどか「そうだねー…」

ほむら「……」フラフラ…

まどか「大丈夫?顔色悪いよ、ほむらちゃん…?」

ほむら「」バタッ

まどか「ほむらちゃん!?」

さやか「た、大変だ!早く保健室に運ばないと!」

195: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/04(金) 21:22:37.06 ID:Xsseykek0
――――――――――
保健室

ほむら「う~ん…?ここは……」

おばさん「保健室よ。あなたのお友達が運んできてくれたの」

ほむら「そうだったんですか…」

おばさん「熱中症ね。しばらく休んでおくといいわ」

ほむら「……すみません」

おばさん「あら?どうしたの?まだ具合が悪いの?」

ほむら「いえ……その、友達と離れ離れになってしまって」

おばさん「この前の災害で?それは可哀想に…」

ほむら「いえ…別に亡くなった訳じゃないんですけど。見滝原から元の家に帰っただけで…」

おばさん「あぁ、そうなの」

196: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/04(金) 21:28:22.81 ID:Xsseykek0
ほむら「その…私、その子が居なかったら何も出来なかったんです」

おばさん「?」

ほむら「これまでも…私が『ある事』を成し遂げれたのも、その子のおかげで…」

ほむら「でも…いざあの子が居なくなると、不安になって…」

ほむら「あの子は…私が失敗しても励ましてくれて…ミスがあったらフォローしてくれた…」

ほむら「本当に心強かったんです…」

おばさん「………」

ほむら「私…一人では不安で…」

197: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/04(金) 21:34:42.68 ID:Xsseykek0
おばさん「……そんな事無いわ」

ほむら「え?」

おばさん「あなたは今まで一人で頑張って来たじゃない」

おばさん「鹿目まどか…いや、みんなを助けたいという一心で…」

おばさん「何回も繰り返してここまでやれてきたじゃない」

おばさん「あなたはもう大丈夫、もうあなたに『影』は要らない」

ほむら「あなた……!」

おばさん「……」

198: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/04(金) 21:49:15.52 ID:Xsseykek0
おばさん「……そう言えば自己紹介がまだだったわね」

おばさん「今日から見滝原中学の養護教諭…保健室の先生をやらせてもらう事になった…」

神代「神代美也よ。よろしく」

ほむら「………!」

神代「あら?担任の早乙女先生に聞いてなかった?」

ほむら「本物…なの…?」

神代「……人格は別だけど、本物の神代美也よ」

ほむら「……本当に神代!?本当の本当に!?」

神代「えぇ…あなたにとっては数日振りかしら?私は数年振りだけど」

ほむら「……っ!」ボロボロ…

ほむら「神代…!」グスッ

神代「ん?」

ほむら「お帰りなさい…『神代美也』…」

神代「……ただいま、暁美ほむら」

199: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/04(金) 22:00:24.77 ID:Xsseykek0
おまけ  チーム・フロリダ



―――――――――――
数日後   保健室


杏子「よぉー!来てやったぜ神代ォー!」

神代「また不法侵入しに来たのね」

杏子「……それにしても随分老けたなー」

神代「つねるわよ」

杏子「おおっ、恐い恐い」サッ

ほむら「何気にチーム・フロリダが揃ったわね」

神代「え?何それ?」

ほむら「え?ほら、言ってたじゃない…あなたが決めた…」

神代「チーム・コロンビアじゃなかったかしら?」

ほむら「違うわよ、確かアメリカのどっかの州の名前を付けてたのよ」

杏子「ワシントン?」

ほむら「いや…違うわ。フロリダ…絶対にフロリダよ」

神代「えぇー?あ、カルフォルニアだった気が…」

杏子「違う!確かニューヨークだ!」

ほむら「いや絶対にフロリダよ!」

――――――――

早乙女(はっ!?私より年上の神代先生にタメ口で喋っている生徒が…注意しなきゃ!)

200: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/04(金) 22:08:15.92 ID:Xsseykek0
早乙女「こら!私より年上の神代先生に何をタメ口で…」ガラッ

神代「あら?どうかしましたか早乙女先生」

シーン…

早乙女「あ、あれ?さっき保健室から生徒の声が聞こえたのに…」

神代「何を言ってるんですか?誰も居ませんよ」

早乙女「そ、そうですか…失礼しました」

神代「あ、早乙女先生」

早乙女「はい?」

神代「『私より年上』は余計です」

早乙女「ビクリッ!す、すみません…」ガラガラ…


杏子「行ったか?」

ほむら「行ったようね」

神代「えぇ、行ったわ」

ほむら「咄嗟にベットの下に隠れてよかったわ…本当にチーム・フロリダを思い出すわね」

杏子「だーかーら!チーム・ニューヨークだって言ってんだろ!」

神代「チーム・カルフォルニアよ!そう私の記憶で残ってるわよ!」

ほむら「チーム・カルフォルニアはあなたが言い間違えて、それで結局――――」


ギャー!ギャー!





おわり

201: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/04(金) 22:19:36.10 ID:Xsseykek0
おまけ2

――――――――

まどか「最近気付いたんだけど神代さんって、ほむらちゃんとは違う所あったよね?」

ほむら「え?そうかしら…?顔はそっくりだったと思うんだけど…」

まどか「でも神代さんって、左目の目元にホクロがあるよ!」

まどか「よーく見たら違いが分かるんだよねー最初は全然気付かなかったよー!」

ほむら「そ、そうだったの……へー……」

ほむら(神代が私を演じてる時に、そこに気付かれなくて良かった…)

203: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/04(金) 23:58:11.72 ID:nE7YgKnyo

完結したか。偽ほむもだいぶ丸くなったな

引用元: ・ほむら「私の邪魔をする者は誰であろうと容赦しない」