1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 01:58:38 ID:MPiSSym/0
響「そ、それは以外だったぞ」

貴音「流石に今日は都合が悪かったでしょうか?」

響「いや、自分一人暮らしだからいつでも歓迎さー」

貴音「響は優しいのですね」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:02:15 ID:MPiSSym/0
貴音「お邪魔致します」

響「貴音動物は平気なのかー?うちは一杯いるけど」

貴音「もちろん平気です。響の家族とあらば、皆可愛いです」

響「もちろん可愛いぞ!ほらみんな!友達の貴音だぞ!」ギュギュッ

貴音「ハム蔵以外にも、いろんな種類の動物がいるのですね」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:05:33 ID:MPiSSym/0
響「ご飯はどうする?食べに行くのが面倒なら、自分が作ってご馳走するぞ」

貴音「そうですね、今日はあまりお腹が減っていないので、軽めなものを」

響「ええ!?貴音が…お腹減っていないのか?」

貴音「響、私にもそのような時はあるのですよ」

響「珍しい…」

畜生共「ギィーギュギュッニャー」

響「ほらほら、みんな分も作るから」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:09:14 ID:MPiSSym/0
貴音「ご馳走さま。中々に美味でした」

響「ご馳走さま!この後どうする?」

貴音「少し水を頂きますね」ジャー

響「あ、ついでにみんなの分の水もお願いしていい?」

貴音「お安いご用です…」ジャー

畜生共「ビービー」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:11:32 ID:MPiSSym/0
畜生共「zzz…」

響「みんな貴音が来てあれだけ騒いでたのに、もう寝ちゃったぞ…ふあぁ…」

貴音「響も眠そうですね、もう着替えて床に就きましょうか?」

響「そうだなー、明日もレッスンだし」

貴音「……」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:14:01 ID:MPiSSym/0
響「Zzz…」

貴音「もう寝てしまいましたか…響」

響「ん…にゃ…」

貴音「さすが、小鳥嬢に頂いた睡眠薬は万能なようですね。動物たちも眠るとは」

畜生共「Zzz…」

貴音「あとは響に耳栓をして…」ゴソゴソ

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:18:53 ID:MPiSSym/0
貴音「さて、小鳥嬢の言うことが本当ならば…」

貴音「響の家のペット達は、またとない面妖で美味な食材になるということですが……」

貴音「響には申し訳ありませんが、せめて悔いの残らぬよう完食してみせましょう…」

貴音「まずは、はむすたーの丸焼き…。名前からして、美味ですね」

ハム蔵「zzz…」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:23:51 ID:MPiSSym/0
ハム蔵「zzz…」

貴音「まずは動脈部分を開き、血抜き」

ハム蔵「…ギュ……ギギギギッ……」ベチャ

貴音「内臓を取り出し、皮を剥ぎ、コンロにて丸焼きに……。ハム蔵はオスでしたね、精巣部分も切り取りましょう」グチャア

ハム蔵であったもの「」

貴音「小型哺乳類であれば解体は簡単かと思いましたが、いかにも難儀するものですね…」グチャ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:30:17 ID:MPiSSym/0
貴音「さあ完成ですか、ハム蔵の丸焼き」

貴音「ふむ…」パクッ

貴音「固くはありますが、不味くはありませんね…」

貴音「いわゆる珍味というものでしょうか。しかしもっとうまく解体して煮込んだりすれば、もっと美味になったのでしょうか…」

貴音「次はペースをあげていきましょう」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:37:15 ID:MPiSSym/0
貴音「ワニのワニ子。首を切って四肢を解体し肉を取り出して……、ワニ肉はなかなか血色がよいのですね」

貴音「ネコ吉……ネコ肉は昔はあったようですね。これも解体し血抜きし…もも肉を肉団子にしましょう」

貴音「シマリスのシマ男…、これは可食部分が少ないようですね、なんとか煮込んでみましょうか」

貴音「ヘビ香は美味しそうですね。開きにしてあぶり焼きにしましょう」

貴音「モモンガのモモ次郎は…、これも可食部が少ないでしょうね、刻んで炙ってみましょう」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:45:22 ID:MPiSSym/0
貴音「ブタ太、うさ江、イヌ美、オウ助も、中々の珍味、美味でした」

貴音「さて、もう明け方ですか…」

貴音「ではそろそろ完了しておりますかな、響」

響「」ポトポト

貴音「やはり人間の血抜きとなると、多大な時間がかかるものですね。動脈を切って逆さに吊るして置いてもまだ血がでるものですね」

響「」ポト…

貴音「人肉はもも肉がおすすめだといんたーねっとで伺いましたが…」

貴音「早速切り取って、ふらいぱんで焼いてみましょう」ギコギコ

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:48:12 ID:MPiSSym/0
貴音「ふむ…さすが響の太ももは、焼いても美しいのですね。では、頂きます…」パクッ

貴音「これは……!!なんと!!」

貴音「こんな美味なものが……この世に存在するとは…」

貴音「……」パクッパクッ

貴音「……これは…病みつきになりますね…」モグモグ

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:52:17 ID:MPiSSym/0
貴音「しかし、もう響を食べ終わってしまいましたか……ご馳走さまです」

響「」

貴音「しかし、これは…是非とも他にも食べてみたい…」ゴクリ

貴音「……」

貴音「他にも、765プロで一人暮らしは……」

貴音「如月千早…………」

貴音「……しかしあまり良い肉付きではありませんね…」シュン

貴音「ほかは…」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:58:57 ID:MPiSSym/0
翌日

あずさ「あらー、貴音ちゃんがうちに?」

貴音「はい、是非あずさの家を拝見してみたいと」

あずさ「あらーもちろんいいわよ。今日で良かったかしら」

貴音「はい、ありがとうございます」


小鳥「あら、今日響ちゃんは?」

貴音「家で体調を崩し寝ております」

小鳥「(昨日の夜は激しかったのね!!)」

貴音「(はい、それはもう小鳥嬢から頂いた睡眠薬で…)」

小鳥「ピヨオオオ……///」

貴音「」ニヤリ




66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 03:00:20 ID:MPiSSym/0
俺も貴音に食べられたいお

響食べたいお




正直すまんかった

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 03:04:46 ID:7VbrkMWB0
許さねぇ
罰としてひびたかほっこり心暖まるSSを書き上げるべき