2014年02月

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15 15:51:19 ID:QeExElrK0
―さくらテレビ局内―

「お疲れ様でしたー!」

春香「はい!お疲れ様です!」

やよい「お疲れ様でしたー!」

スタスタ

P「春香もやよいもお疲れ。疲れたろう」

春香「私は大丈夫ですよ!まだまだやれます!」

やよい「私もですー!」

P「あはは、まぁ今日は二人ともこれであがりだからそのエネルギーは次の仕事にとっておいてくれ」

春香「えへへ、そうですね」

P「それじゃ二人とも着替え終わったら駐車場に来てくれ。俺はそこで待ってるよ」

やよい「はいー!わかりましたー!」

春香「それじゃ、一旦失礼しますね」

スタスタ……

P「……はぁ」

【P「高槻家に軟禁された」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/16 19:29:58 ID:XNpoRgoM0
春香「おはよーございまーっす!」ガチャ

P「おぅ、おはよう!」

春香「って、うわぁ!?」バッターン

P「だ、大丈夫か!?」

春香「えへへ、コケるのにはなれてますよー」ニコリ

P「でも気をつけろよなー」

春香「はーっい!」ニコニコ

P「ったく…… 返事と笑顔だけはいいんだけどな」

【春香「筋ジストロフィー?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31 11:17:54 ID:T93oVUAZ0
春香「元気だしなよー伊織ー! 文化祭のミスコンなんてお遊びだって!」

真「そ、そうだよ! 生徒会の仕事もしてるのに皆からどうしてもって言われて出ただけなんだろ?」

真美「『まったくもう、そこまで言われちゃ女がすたるわね! 格の違いってやつを後学のために教えてあげるわ!』」

亜美「『ま、ギアは三段目ってとこかしらね……にひひっミスコンの体を為さなくなるかもね』」

やよい「こらっ! あの時の伊織ちゃんのモノマネしないの!」

伊織「…………」

雪歩「あ、あの……伊織ちゃん。つ、次があるよ!」

伊織「うるさいわね……っ!!」

雪歩「ひぃぃ!」

春香「人間負けた時に本質が出るよ! ポジティブにいこ! そうだ次は勝てるよう皆で特訓してあげる!」

伊織「い、いいわよっそんなの!!」

春香「遠慮は無用だよ! まずは軽く>>5でもしようか!」

【春香「伊織が学校のミスコンで負けた」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 00:28:16 ID:FoZxjhO40
やよい「おはようございますー!」

小鳥「おはよう、やよいちゃん。あら、でも確か今日は……」

やよい「はい、一日お休みなんですけど、いざ休みとなるとやることがあまり無くて……」

小鳥「それじゃ、ファンレターの整理を手伝ってくれたら嬉しいんだけど……」

やよい「勿論です……あ、その前にプロデューサーに挨拶してきますね」


やよい「プロデューサー! おはようございます!」

P「……」カタカタ

やよい「プ、プロデューサー? あの……」

P「……」カタカタ

やよい「あ……お仕事の邪魔ですね……すみません……」

【P「やよいを無視し続けたらどうなるか」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 16:44:02 ID:ocdBGADs0
P「ああ、タイトルでわかるとおりバナナマンの冠番組だな。BSだが見たことないか?」

雪歩「はい・・・・。」

P「そうか、結構視聴率はいいらしいんだがな。」
P「その番組から出演オファーがきた。お偉方直々にな。」

雪歩「わ、わたしにですか?!」

P「ああ。萩茶のcmを見たらしくてな。褒められて俺も鼻が高かったぞ。」

【雪歩「21世紀バナナ大使・・・・ですか?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15 19:16:35 ID:Ok7UDCYe0
P「やよいはかわいいな」ギュッ

やよい「あぅ…///」

P「…やよい、キス、しよっか」

やよい「ふぇっ!?」

P「兄妹ならそのくらい普通じゃないか?」

やよい「で、でも…そういうのは好きな人どうしが…」

P「俺はやよいが好きだよ」

やよい「!?」

P「やよいは俺のこと嫌いか?」

やよい「ああああの…そのっ………好き…です…」カァァ

P「じゃあ…」

やよい「はい…」


みたいな感じで

【やよい「お兄ちゃん…」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25 02:02:43 ID:ar2gMhWB0
やよい「みんなで楽しそうにお話してるんですけど、私が来たら急に静かにしたり…」

やよい「なんの話ですかー?って聞いても、皆『なんでもない』って言ってどっかいっちゃうんです」

P「そうか…いつからだ?」

やよい「うーんと、一週間くらい前からです…」

P「………」

P「(そりゃお前の誕生日会をサプライズで準備してるからだよぅ)」

やよい「みんなどうしちゃったんでしょう…」シュン

【やよい「最近事務所のみんながよそよそしいかなーって」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 11:56:19 ID:r6qFDX5o0
P「ああ、ゴミと認識した物を木に変える能力らしいぞ」

春香「ちょっと意味がわかんないです」

P「ま、モノは試しだ」パァアア

春香「わっ!?」

春香「な、何したんですか!?プロデューサーさん!」

P「ほい、ゴミ…それを手に覆ってみろ」ポイ

春香「こ、こうですか…?」パァア

ニョキニョキ

春香「わっ!?プロデューサーさん!!木が生えてきましたよ!!」

P「そういう力だからな」

P「ちなみに大事が起こらないように手で覆えるものに限定されているぞ」

春香「信じられない…こんなことってあるんですね」

P「まあ俺も最初は信じられなかったからな」

【春香「ゴミを木に変える力…?」】の続きを読む

1: 代行ですぅ 2014/02/10 07:01:57 ID:QAenTJi/0
小鳥「だから事務所に入れるわけにはいかないんです」

P「溶け出したって本当に溶けたんですか?」

小鳥「そうなんです!春香ちゃんのクッキーを一緒に食べてた雪歩ちゃんの体が急にドロドロと溶け出して……異常事態なんです!私にも何が何やらわかりません!」

小鳥「私は必死に逃げて……でも真ちゃんがまだ中に残っています、だから事務所の前から動けなくて」

P「なんだって!?」

【P「みんなの体がゼリー状になって溶けているだって?」】の続きを読む

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11 16:46:44 ID:EMJFWv340
P「レッスンお疲れ、やよい」

やよい「プ、プロデューサー……あまり、近づかないでください」

P「えぇっ! 俺、やよいに何か悪いことしたかな」

やよい「そうじゃなくて、レッスン終わったばかりで……その」

P「?」

やよい「汗臭いと思います、私」

P「俺はそんなこと気にしないぞ」

やよい「プロデューサーは気にしなくても、私が気にするんです!」

P「あ、やよい……行ってしまった」

小鳥「プロデューサーさんは何も分かっていませんねぇ……はぁ」


こういうのか

【P「やよいが思春期になった…」】の続きを読む

このページのトップヘ