2014年05月

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/13(土) 12:51:48.49 ID:FaV3kjEIO
P「もうこの街にはいられない・・・高飛びせな!」ガサガサ

P「通帳と着替えと・・・とりあえずこれだけあれば大丈夫だな」

ガチャッ

P「!?」

スタスタ

P(ひいいい!誰か来たああああ!)

ガチャッ
伊織「あら、旅行でもいくの?」

P「や、やあいい伊織?鍵は?」

伊織「そんなことより、どこに行くのかしら」

P(やばい!なんとかしないと確実に消される!文字通り消される!考えろ・・・考えるんだ)

伊織「ねえ、質問に答えて欲しいんだけど」

P「・・・伊織を迎えに行こうと思ってさ」

伊織「はぁ?」

【P「事務所で11股かけてるのがばれた」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 10:27:18 ID:sTCNOqRY0
春香「ちょっと、プロデューサーさん」

P「ん? どうかしたか?」

春香「ここの予定間違ってないですか?」

P「えっと……あっ、すまん」

春香「もー、そんなのだからプロデューサーさんはダメなんですよ」

P「申し訳ない」

春香「ちゃんと頭働いてますか?」

P「……」

春香「糖分ちゃんと取らないと頭働かないですよ? って事で、これクッキーです」

P「えっ、いいのか?」

春香「か、勘違いしないでくださいよ! ただの社交辞令です」

【P「春香にカチューシャ付けさせたらツンデレになった」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/15(月) 10:24:56.54 ID:58wifc1B0
やよい「あ、あのっ、プロデューサー!!」

P「ん、どうした、やよい?」

やよい「あ、あのっ!良かったらこれどーぞっ!!」

P「スポーツドリンク...飲みかけみたいだけど、貰っちゃって良いのか?」

やよい「はいっ!もちろんですっ!!」

P「でも、まだ半分くらい残ってるしさすがに全部貰うのはな...」

やよい「い、いいからっ!気にしないでください!!」

P「じゃあ、一口だけ貰うよ...んっ」ゴクッ

やよい(はわわわわわプププロデューサーとかか間接きすしちゃいましたー!?うぅぅ...うっうー///)

P「...ぷはっ!ありがとな、やよい」ナデナデ

やよい「ふわぁ...えへへー///」

【P「なんか喉乾いたなー」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/07(土) 23:21:34.95 ID:TJZRdAk2P
セシリア「どこをペロペロしてくださるの?」

一夏「>>5をペロペロする」

【一夏「セシリアをペロペロする」 セシリア「え…///」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 01:38:09.64 ID:m+FE3ffg0
医者「…」

P「先生!」

医者「君は…天海さんのプロデューサー、所謂仕事仲間だね」

医者「仕事仲間に言っていいのか解らないが、君には伝えた方が良いかもしれないね」

P「…」

医者「はっきり言って、長くはない…」

P「ッ!?」

【P「先生!どうなんですか春香の容態は!?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07 20:14:33 ID:lm7/ZWzW0
某日都内某所車内 pm3:00

P「…」ペラッ

P「はぁ…いいよなぁマンガの中はさ」

P「手が幻想殺しだったり腕が伸びたり…」

P「俺もなんかこういう能力とか欲しいなぁ………こどもっぽすぎるか」

P「…でもやっぱりあこがれるよなぁ…」

美少女「はぁ…なんでプライベートまで女装で…」テクテク

P「たとえばあそこで歩いてる美少女に向かって…」

P「こう手を向けて…ふんってやったら風でもおきてパンツが見れたりしないかな…」

P「………」

P「えいっ!」クンッ

P「…なるわけないか」

美少女「…!?え!?なんで勝手にパンツが落ちてっ!」ズリッ

美少女「ぎゃ…ぎゃおおおん!」ワタワタ

P「………今の…俺が?」

【P「パンティをずり下げる能力に目覚めた」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 02:30:49 ID:vYeKL9yy0
響「……」サッ サッサッ

P「……」サッ ダダダッ

響「あー、やられたぞ」

P「まだまだだな、響」

春香「え、えっとー、二人とも何をしてるんですか?」

響「お、春香じゃないか」

P「よう春香。今響とやってたのはエアバスケだ」

春香「エ、エアバスケ……?」

P「エアギターってあるだろ?あれのバスケ版だと思ってくれ」

響「プロデューサーはなかなか強いんだぞ」

春香「……」

【P「響、遊ぼう!」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/12/20(火) 00:22:19.81 ID:X/+EPkzMO
一夏「おーいシャルー」

シャル「なーに一夏?」

一夏「はい、クリスマスプレゼント」

シャル「・・・ぼ、僕にくれるの?」

一夏「あ、あんまり気の利いた物じゃないけど、よかったらもらってくれないか。嫌だったらいいんだ」

シャル「もらう!もらうよ!」

一夏「じゃあ、はい」スッ

シャル「ありがとう・・・ありがとう一夏!」

一夏「ほんと期待しないでくれよ?」

シャル「ううん、一夏から貰えるものならなんだって嬉しいもん!」

一夏「そりゃ大袈裟だろ」

シャル「開けてもいい?」

一夏「どうぞどうぞ」

シャル「・・・」ゴソゴソ

【一夏「クリスマスプレゼント」シャル「ありがとう!」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09 02:20:48 ID:Aeh12Vcg0
P「はい・・・本当に申し訳ありません・・・」ペコペコ

社長「困るよキミ・・・風邪引いたくらいで休むなんて・・・」

P「はい・・・本当ご迷惑をおかけしました・・・」ペコペコ

社長「天海君にも迷惑をかけて・・・そうだろう?天海君」

春香「・・・」

【P「すみません・・・すみません・・・」ペコペコ 春香「・・・」】の続きを読む

このページのトップヘ