2015年02月

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/19(土) 16:58:45.08 ID:ubbCr01f0
ちょっと思いついたものを。
――
幸子「気のない返事ですね。この可愛いボクが帰ってきたんですからもう少し喜んで下さいよ」

P「そうだなー」

幸子「そうだなって。ホントにプロデューサーさんはボクをプロ……って何読んでるんですか?」

P「セブンティーン」

幸子「それって女の子が読むものですよね」

P「一般的にはそうだな」

幸子(え、なんでそんなの読んでるんだろう……?)

P「んー、どうした?お前も読むか?」

幸子「えっ? いや、既に可愛いボクには必要ないですよ」

P「そうか」

【幸子「お疲れ様でーす」 モバP「おう」】の続きを読む

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/19(水) 08:40:00.40 ID:Pl1oUoKM0
亜美「ねぇねぇ真美~」

真美「どうしたの?」

亜美「こないだ亜美、竜宮でタモさんの番組でたじゃんか?」

真美「ああ、あの割と奇妙な物語だね。真美も観たよ→」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392766800

【亜美「765プロ!」真美「七不思議!」】の続きを読む

1: ◆qEJgO2U6bM 2014/02/02(日) 02:17:57.04 ID:ea29XPSDO

輝子「え、えい」

ポスン


P「……」

輝子「…おお」…ユサユサ

輝子「フヒ…、な、なんだか不思議な座り心地……き、きのこっしょんとも少し…違う…」

P(キノコッションってなんだ)

P「どうしたんだ急に」

輝子「あ、スーツってなんだかすべすべしてて……気持ちいいな」フヒ

P「聞けよ」


・シリーズ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391275077

【モバP「なんか飛んで来た」星輝子「…フヒ」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/05(土) 11:41:10.67 ID:NzXSi20y0
幸子「まあ当然ですね、ボクほど可愛いアイドルは765や961にもそうは……って、え?」

幸子「近くにいると生きるのが辛いからプロデュースやめたい……?」


注意:幸子側の台詞だけ・キャラとか正確ではないかもしれん・短い

【幸子「ボクが可愛すぎて生きるのが辛い?」】の続きを読む

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 19:35:52.16 ID:gsNV9xpb0
事務所

先輩P「おうそうだよ。まぁ、舞踏会っていっても踊ったりはしないんだけどな」

先輩P「なんでこんな名称がついているのかっていうのは俺にはわからない」

先輩P「まぁ、簡単に言うとこれは他の事務所のアイドル達が年に一度集まるイベントのようなものだ」

先輩P「ほかの事務所同士のアイドルの親睦を深めたり、プロデューサー同士の情報交換の場所だ」

先輩P「まぁ、仕事で来ないアイドルもいるがな。それが今日あるんだ」

モバP「そ、そうなんですか? ところでなんで僕にそんな話を?」

後輩P「モバPさん! あなただけなんっすよ! うちのプロデューサーとして契約している人間の中で舞踏会の招待状が来ていないのは!」

モバP「え?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392546952

【モバP「シンデレラ舞踏会?」】の続きを読む

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/26(火) 20:58:04.11 ID:YK0p+m+Z0
※モバマス

※アイドルとちひろさんがひどい目に遭います。注意

ちひろ「はい。考えてみませんか?」

P「せっかく今まで育ててきたアイドルたちを手放すなんて……。
  それに、アイドルたちにも申し訳が立ちません」

ちひろ「あ、それは大丈夫です。
    ただ、一時的に別の事務所にお貸しするだけですので」

P「どういうことですか?」

ちひろ「簡単に言えば、出張です。
    他の事務所での仕事を経験することで、
    アイドルも色々な経験ができます。
    聞いた話では、
    そのおかげで仕事が増えたアイドルも居るとか」

P「ふむふむ」

ちひろ「メリットはそれだけじゃありませんよ?
    これを見てください」スッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1361879883

【モバP「特別移籍、ですか?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/12/17(月) 01:19:11.95 ID:pPdRkZHm0
P「13歳のハローワーク?」

幸子「ええ、ボクもトップアイドルになったらさらにいろんなお仕事がくると思いましたので」

P「一日署長とかあるよな。下調べしてるってことか?」

幸子「備えあれば憂いなしですからね!」

P「ふーん。まあ程々にな」

幸子「あ、ちょっと待ってください」

P「ん?」

幸子「プロデューサーさんから見て、ボクってどんな職業が似合うと思います? もちろんアイドル以外で!」

P「そうだな……>>5

【モバP「何読んでるんだ」幸子「これですか?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/12(日) 13:29:22.09 ID:EVdFjbun0
ちひろ「はい」

P「正気ですか」

ちひろ「はい」

P「まだやりますか」

ちひろ「はい」

P「……」

ちひろ「大丈夫です。私とプロデューサーさんは一蓮托生です」

P「本当ですか?」

ちひろ「たぶん」

P「たぶん?」

ちひろ「おそらくは」

P「……」

ちひろ「あっ、ほら。アイドルが来ましたよ!」


>>4
見せるアイドル
済:渋谷凛 佐久間まゆ 前川みく 川島瑞樹 緒方智絵里 城ヶ崎莉嘉 高垣楓 城ヶ崎美嘉

【モバP「アイドルにち○ちんをみせるドッキリ、ですか」その1】の続きを読む

1: ◆ycDKV.3ZYU 2014/02/16(日) 23:20:35.32 ID:jXDxVYTAO
【貴音は猫舌な様です】

貴音「あなた様!あなた様!」クイクイ、クイクイ、

P「んー?」

貴音「ここあは、まだ出来ないのですか?」ワクワク、ワクワク、

P「もう少し待ってな。もうすぐでお湯が沸くから」

貴音「ここあ…あぁ…何たる魅惑的な響き…」

P「ん、沸いたかな」

貴音「!」パァッ

P「ステイ」

貴音「…」シュン...

P「ほら、生クリーム」

貴音「あぁ…」ウットリ...

貴音「で、では…いざ」ワクワク、

P「あー、出来立ては熱いからなー。気を付けろよー?」

貴音「あちっ!><」

P「ほら、言わんこっちゃない」クスクス

貴音「うぅ…あちゅいでし…あなたしゃま…」チビチビ、チビチビ

貴音「…おいし」ニコニコ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392560435

【P「貴音と」】の続きを読む

2: ◆CiplHxdHi6 2013/02/25(月) 00:12:08.03 ID:ZrJUV3oh0
春香「千早ちゃん! 誕生日おめでとう!」

千早「ありがとう、春香」

春香「いやぁ、おめでたいなぁ! 友達が誕生日だと、こっちまで嬉しくなるよ!」

千早「ふふっ」

鞄「……」

千早「あら? 何かしら、その大きな鞄は」

春香「あっ、これ? 今日のために事務所の皆で用意した誕生日プレゼントだよ!」

千早「ッ! こ、これ重くない?」

春香「それだけ密度の濃いものが入ってるんだよ! 開けてみて開けてみて! きっと驚くから!」

千早「一体なにが入って……」

【千早「事務所のみんなからのプレゼントがエスパー伊東だった」】の続きを読む

このページのトップヘ