2015年11月

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 23:48:32.60 ID:mHDHB9JL0
泰葉「…………」トクトク・・・

泰葉「…………」

泰葉「…………」コクコク

泰葉「……ぷは」



泰葉(……さっきから)


千枝「…………」キラキラ


泰葉(視線を感じる……)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413816502

【モバP「おとなのやすは」】の続きを読む

1: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 20:59:51.69 ID:zVOy09sM0
※キャラ崩壊



モバP(※以下P表記)「はぁっ!?」

凛「私、プロデューサーが心配なんだけど……」

P「おい凛!まゆは同じ事務所の仲間で、お前とも友達の筈だろ?」

凛「うん……」

P「それをそんな風に言うなんて、いくら凛でも怒るぞ?」

凛「でもっ!プロデューサーに何かあったら……!」

P「……そもそも、なんでまゆをストーカーだなんて言うんだ?」

凛「それは……」

P「それは?」

凛「この前の事だけど……――」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413806381

【渋谷凛「プロデューサーは、まゆをストーカーで訴えないの?」】の続きを読む

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 02:33:11.02 ID:kfL8nILfO
春香「い、痛いです…!プロデューサーさん!」

P「ちっ…あぁ!」ゴフッ

春香「っ…、!!うっ…おぉ」

春香「や……やめ……」

P「あぁ!!くそ!!ああぉぁ!」ドフッ

春香「………!!!」

春香「いぃっ!…」

P「くっ…」ボフッボフッ

春香「イィッ……ぉぉ!」

春香「おぉぉれる」

春香「折れるぅ!折れます!」

春香「プロデューサーさん!!」

P「……」ピタッ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413739991

【春香「や、やめてください…!」P「オラァ!」】の続きを読む

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 17:30:39.46 ID:6oVBSUC10
   765プロ 事務所

P(ふぅ……やっと事務所に帰ってこれたぞ)

P(やれやれ、今日の打ち合わせはずいぶんと長引いたな)

P(もう夕方か。しかし、俺の仕事はまだ終わらない!)

P(これから明日用の書類をまとめないと……ん?)

あずさ「貴音ちゃん。少しだけだから、ね?」

貴音「そんなことを言われましても、嫌なものは嫌なのです!」

あずさ「あらあら~。そんなに怖がらなくてもいいんじゃないかしら?」

貴音「あずさ! どうか、どうかご勘弁を!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413534629

【P「あずささんが、手をワキワキさせて貴音ににじり寄ってるぞ」】の続きを読む

1: ◆p3yuNM37DY 2014/10/14(火) 14:32:56.48 ID:mU0F2vtoO
小鳥「やよいちゃんにですか?」


P「はい……前まではそこそこ仲が良かったのに……」


小鳥(あのやよいちゃんがプロデューサーさんを……)


小鳥(う~ん……普段の様子を見てる限り、そうとは思えないけどなぁ……)



小鳥「嫌われてるって感じたのは、いつぐらいから?」


P「大体……1ヶ月前くらいですかね」


小鳥「本当に最近ですね……」


P「それまでは仲は良好かと思ってたのに……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413264776

【P「最近やよいに嫌われてるかもしれないんです」】の続きを読む

1: ◆bfNwuk7fw. 2014/10/13(月) 22:05:07.07 ID:1VyVAR3mo
春香「またいきなりとんでもないこと言いますね」

P「ああ、確かに疲れてるのかもな。だから明日の休みに実家に帰ろうと思ってる」

春香「で、いったい何が千早ちゃんに見えるっていうんですか」

P「いやな、確かに俺もおかしいと思ってるんだけどな、出来たら笑わないで聞いてほしいんだが」

春香「平らなものが千早ちゃんに見える点で既に常軌を逸してますよ」

P「そうだな……じゃあまずは」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413205497

【P「最近平らなものが全部千早に見えるんだよ」】の続きを読む

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/14(火) 17:05:26.28 ID:MvStHG0m0


年齢制限は、【R18-B】となっております

「ん?」と思った点などは、SSを最後まで読めばわかる仕様となっております
他の閲覧者様に配慮した書き込みを、どうぞよろしくお願いいたします



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413273916

【やよい「あー、だるい」】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/14(火) 09:14:40.48 ID:unfUQ+Ra0
響「急にどうしたんだ?プロデューサー」

765P(※以下P表記)「いやな、響って完璧だろ?」

響「まあね」

P「元気で可愛くって歌も上手いし、家事も出来る……アイドルとしても女の子としも完璧だもんな」

響「ふふーん!もっと褒めてくれても、良いぞ」

P「それで、どうしたらこんな完璧な女の子が出来上がるんだろうなーと思ってさ」

響「今プロデューサーが言った、元気、歌が上手い、家事も出来る、可愛いは全部ちゃんと理由が付けられるよ」

P「本当か?」

響「うん」

P「じゃあまずは、元気な理由から教えて貰えるか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413245670

【P「響が完璧な理由を探ろう」】の続きを読む

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/14(火) 23:18:19.80 ID:rvPDD/C20


「Pさんは、私が何歳か知っていますか?」


十月になりすっかり秋めいた町中を二人で歩いていた。

レッスン終わりだし、疲れて黙っていたのかもと思っていたけど、俺の隣、頭一つ低い位置から、不意にそんな声が聞こえてきた。


「知ってるさ。十七歳だろ?」


彼女、道明寺歌鈴に、当たり前だろって付け加えてそう微笑んだ。

元気はつらつ… とは少し違うのかもしれないけど、いつもの歌鈴の様子とは違った声色が、何か大事な話でも始めるのかなと、そんな予感をさせた。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413296289

【モバP「あと一年」】の続きを読む

1: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/14(火) 22:41:06.24 ID:nbrafRk80
P「そもそも事務員からして薬事法?に引っかかりそうだったりするからなあ」

P「もちろんこの風潮を何とかしなければならない、っていう善意ある人もいるといえばいるけど。765さんとかそうらしい」

P「大抵はむしろこの時代にいかに同調するかっていう流れなんだよ。うちの事務所もそうだ」

P「そして俺もまたそれに流されてる人間の一人なんだよな。情けない話だが」

P「っと、外に気配。どうやら担当アイドルが出社してきたようだ。この時間って事は……」

P「>>2かな」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413294056

【モバP「世はまさにアイドル暗黒時代」】の続きを読む

このページのトップヘ