1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:37:50.87 ID:BJ43HXgw0
小鳥「じゃあ、私もイベントのお手伝いしてきますね」ガチャ

P「はい、行ってらっしゃい、俺は資料作ってますから」

小鳥「はーい」バタン

P「……」カタカタカタカタ

伊織「……ダーリン♪」ピト

P「んー?」カタカタカタカタ

伊織「にひひっ」ギュー

P「どーしたの?」

伊織「やっと二人だけの時間が来たから」

P「そっか、甘えたいのかな?うりうり」

伊織「んっ……もう!猫じゃないんだからそこくすぐられてもっ……あははっ

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:38:34.99 ID:HvYL35g+0
伊織かわいいよ伊織

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:39:13.33 ID:BJ43HXgw0
P「嫌なの?」

伊織「んーん、してほしい」ニコ

P「ほれほれ」

伊織「んー///」キュー

P「伊織は猫ちゃんだね」

伊織「もう、全然ロマンチックじゃないわ……アンタってホント」

P「あんた?」

伊織「……ダーリン」

P「よくできました」ナデナデ

伊織「んにゅ……」トローン

P「伊織はかわいいね」

伊織「……そうかな」

P「いっつも自分のこと可愛いって言ってるくせに」

伊織「あれは強がりなの!」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:40:32.38 ID:BJ43HXgw0
P「そうか」

伊織「ホントは自信なんてないの」シュン

P「……」

伊織「だから、ダーリンにいっぱい、褒めて欲しいの」

P「伊織」

伊織「ん?」

P「大好きだよ」

伊織「///」

P「可愛い」

伊織「ほんと?」

P「日本一かわいいよ」

伊織「大げさ///」

P「俺が信じられない?」

伊織「信じてる」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:41:19.11 ID:BJ43HXgw0
P「世界一かわいい」

伊織「もう///」

P「そういえば、ちょっとしたプレゼントが」

伊織「えっなに?」

P「でも、大したもんじゃないぞ」

伊織「なになに?」

P「笑ってもいいよ」

伊織「……」ドキドキ

P「冷蔵庫の中に」ガチャ

伊織「?」

P「ポン・ジュース♪」

伊織「わっ」キラキラ

P「飲む?」

伊織「飲む!!」ピョンピョン

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:42:05.57 ID:BJ43HXgw0
P「コップもってきてー」

伊織「うん」タッタッタッタッタ

P「よっと」キャポ

伊織「もってきたー」タッタッタッタッタ

P「そこ置いて」

伊織「うん」コト

P「お揃いのマグカップ、ちゃんと隠せてる?」

伊織「にひひっ大丈夫、ロッカーに入れてるから」

P「ごめんな、お金があったらウェッジウッドやジノリのカップ買えるのに」

伊織「そんなのどうだっていいの!」

P「でも、家だと高級な食器ばかりなんじゃないか?」

伊織「そうだけど、私はこの100円のマグカップの方が好き!」

P「伊織……」

伊織「だって、二人で選んで買ったんだもの、付き合って1週間記念の、宝物」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:43:16.71 ID:BJ43HXgw0
P「……伊織」チュ

伊織「……ダーリン///」ポー

P「はい伊織の」トクトク

伊織「ありがとう♪」ニコ

P「じゃあ俺のも」

伊織「あたしにやらせて!」

P「はい」

伊織「どうぞー」トクトク

P「どーもー」

伊織「じゃ、カンパイ」

P「乾杯」

キーン

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:45:18.47 ID:BJ43HXgw0
伊織「……」コクコク

P「……」ゴク

伊織「美味しい!」ニパァ

P「美味しいね」

伊織「今まで飲んだオレンジジュースの中でも一番美味しいかも」

P「あれ?前に送られてきたとかで1リットル2000円するオレンジジュースみんなで飲んでたろ?」

伊織「うん、愛媛の親戚がよく送ってくるの」コクコク

P「ポンジュースの方が上?」ゴク

伊織「なんでだろう……ダーリンと二人で飲んでるからかな///」

P「伊織……」

伊織「……今キスしたら、オレンジ味だね」テレッ

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:46:20.37 ID:BJ43HXgw0
P「キス、する?」

伊織「したい///」

P「いいよ」

伊織「目を閉じて……」

P「ん」

伊織「……」チウ

P「……」

伊織「……」チュー

P「……」

伊織「……」チュパ

P「……どう?」

伊織「オレンジ///」

P「オレンジだったね」

伊織「……ダーリン、おひざのうえ行きたい」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:47:09.65 ID:BJ43HXgw0
P「おーいーで」

伊織「よいしょ」チョコン

P「軽いなぁ」

伊織「どうせ小さいもん」

P「気にしてるの?」

伊織「気にしてるのー!!」ポカポカ

P「あはは、女の子らしくて、とってもかわいいよ」

伊織「そうかな……」

P「そうだよ、だからこうして、包み込むように抱っこできちゃう」ギュー

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:48:34.08 ID:BJ43HXgw0
伊織「んーー///」

P「よしよし」セナカナデナデ

伊織「子供扱いしてー!!」

P「いい子いい子」アタマナデナデ

伊織「それ好き///」

P「姫様」

伊織「ふふふ……なにそれ」

P「私は姫様の騎士、必ず守って差し上げます」

伊織「……わたくしを奪い、逃げて下さい」

P「ホントに奪い去っちゃおうかな」

伊織「それでもいいの、アイドル辞めて働いてもいいし、狭いアパートだって平気」

P「ほんとに?」

伊織「本当に」

P「……」

伊織「ダーリンがいるなら、どんなとこだって」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:55:18.47 ID:BJ43HXgw0
伊織「……ねえ」

P「ん?」

伊織「私達、もう付き合って3ヶ月になるんだよ」

P「そうか、早いな」

伊織「あの……まだなの?」

P「ん?」

伊織「まだ、しないの?」

P「なにを?」

伊織「むー」

P「ごめん、ごめん、ホントはわかってる」

伊織「じゃあ」

P「伊織の口から聞きたい」

伊織「えっ……」

P「もう一度言ってみて」

伊織「……」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:57:18.80 ID:BJ43HXgw0
伊織「ゴニョゴニョ‥…しないの?///」

P「ん?よく聞こえない」

伊織「……ッス///」

P「なんだって?」

伊織「セ○クス!!///////」

P「///」

伊織「恥ずかしい///」

P「伊織はしたい?」

伊織「……」

P「どう?」

伊織「ダーリンは?」

P「伊織の気持ちから聞きたい」

伊織「……いじわる」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:59:02.49 ID:BJ43HXgw0
P「伊織、素直な気持ちを教えて」ツン

伊織「ふあ///」

P「セ○クス、したいの?」

伊織「したい。して欲しいの」

P「……」

伊織「……」

P「今夜、俺のアパートで、どう?」

伊織「今がいい」

P「えっ……ここ?誰か来ちゃうかも」

伊織「鍵かければ、大丈夫」

P「コンドームもない」

伊織「安全日」

P「……」

伊織「ごめんなさい、計算してた」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 21:59:34.11 ID:BJ43HXgw0
P「でも、何も事務所じゃなくたって」

伊織「ダーリンと初めて会った場所だから」

P「!」

伊織「今までわがままばかり言ってごめんなさい、大変だったでしょ」

P「そんなことない」

伊織「私の心だけじゃなくて、体もダーリンのものにして欲しい」

P「伊織……」

伊織「全部、ダーリンにあげる……捨てないでね?」

P「伊織!!」ギュー

伊織「……いっぱい愛して」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 22:00:46.96 ID:BJ43HXgw0
伊織「はっ!?」

伊織「……」

伊織「……夢?」

伊織「なんでアイツの夢なんて!!!あんな奴なんとも思ってないのに!!!」ジタバタ

伊織「あ」グショ

伊織「シーツまで染みちゃってる……///」

伊織「……認めない!恋なんかじゃないから!!///」



                     SUPER HAPPY END

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 22:14:39.27 ID:nNhpT+Eu0


かわいい

引用元: 伊織「……ダーリン♪」ピト