☆シリアス・感動

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/25(日) 22:58:42.57 ID:h0acXXYn0
 アイドルマスターモバイル シンデレラガールズのSSです。
 その手の話が苦手な方は間違ってご覧にならないようお願いします。
 なお地の文が本文には含まれます。こちらもまた苦手な方はご覧にならないようお願いします。
 

【モバP「夜遅くのお仕事」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/25(日) 13:21:39.01 ID:OphSYSbI0
P(アイドルのプロデュースに夢見てプロダクションを建てたものの…。)

P(所属アイドルがまだいない…。)

P(まだ設立して一週間もたってないからしょうがないが、どうしたものか…。)

ちひろ「………」カタカタ

P(事務員のちひろさんはいるが、特に仕事も無いので暇を持て余している。)

P(そもそもアイドルってどうやってスカウトすりゃ良いんだ!?)

ちひろ「Pさん、お知り合いからメール来てますよ。」

P「えっ!あ、ありがとう確認するよ。」

P(宣伝もロクにしてないのに、メールとは変な話だな…。)カチカチ

『 やっほー、P君元気してる?君の大親友CuPだよー。
プロダクション設立したんだって?
酷いなぁー言ってくれたらいいのに…。
ボクにでも何か手伝えることがあったら言ってよ、
P君ならいつでも大歓迎さ!
ってなわけでいつでも遊びに来てねー。
                        Cute P』

P「………」

【モバP「プロダクションを建てたのに……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/25(火) 22:27:50.62 ID:JEGWQu2n0

長介「ねえちゃんきっと俺達に遠慮してるんだよ。お金もかかるし」

伊織「あの子なら確かにそういいそうね」

長介「でも毎年ねえちゃんは俺達みんなの誕生日一生懸命祝ってくれてるんだ」

長介「だから俺、ねえちゃんの誕生日は祝ってあげたくて・・・」

伊織「なるほどね。で、何か考えはあるの?」

長介「あるよ。誕生日ケーキを作ってあげたいんだ」

伊織「あらいいじゃない。きっと喜ぶわよあの子」

長介「だけど・・・俺、作り方も分からないし材料もなくて・・・」

伊織「・・・だから私のとこに来たわけ?何、ケーキの材料でも買ってほしいのかしら」

長介「ち、違うよ!できるだけ俺達の力だけで作ってあげたいんだ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395754070

【長介「ねえちゃんが誕生日祝わなくてもいいって」伊織「ふ~ん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: sage 2014/03/29(土) 19:46:39.91 ID:v/HnTL6f0

モバP「それじゃあ行ってきます」

モバP「って....まだ寝てるか」

ほんの少し寒さが残る、朝早い頃、俺は家を出た。

モバP「もう4月だっていうのに、ちょっと寒いな」

モバP「ふう、今日から社会人か・・・ちょっと緊張してきた」

モバP「うまくやっていけるといいけど」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396089999

【モバP「よし、あいつらの朝飯は作ったし、すこし早いけど行くかな...」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 21:57:29.69 ID:DHxHJI1So
-765プロ-

伊織「まったく、お父様もお兄様も私のことを全然わかってないわハァ」ハァ

やよい「あれ、伊織ちゃんどうしたの?なんか疲れてるみたい」

伊織「どうもこうもないわよ。まったくあの二人ったら」ハァ

真 「なになに、どうしたの?」

亜美「いおりんが家族とお出かけしたんだって→」

伊織「......昨日、久しぶりに遊びに連れて行ってくれたと思ったら」

伊織「あの二人、どこに行ったと思う?」

真 「どこだろ......やっぱり、ディズニーランドとか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394197049

【響 「自分にたーりーってほんとにいたのか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/02(日) 18:22:51.84 ID:Q/qHPif0o
私の夢は、歌手になる事。


「思い出をありがとう」

「勇気までもらえた」


あの子に、歌を届けるために……。


「悲しみやせつなさ」

「今日ですべてサヨウナラ……」


「あぁ君、ちょっといいかな。」

「は、はい。何か御用でしょうか。」
 
「私はこういうものでね。いや、君のすばらしい歌声にティンときてねぇ、つい声をかけてしまったよ、はっはっは。」

「……765プロ、社長。……あの、それでいったい……。」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1393752171

【千早「961プロの、如月千早です。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/25(月) 22:38:07.51 ID:jzroVq22o
-都内・ライブハウス-

P(小さなライブハウスだな)

千早「プロデューサー、ここ……ですか?」

P「そうだ、ここでお別れコンサートを行う」

千早「お客さんとの距離が近くていいですね」

P「ああ、ここを埋めれられるように頑張ろう」

千早「そう……ですね。私、これまでの活動の全てをそそぎます」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1361799487

【千早「私の始まりの日へ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/25(月) 02:35:57.66 ID:WdYd3MVm0
千早「お疲れ様ですプロデューサー。どうされました?」

P「千早、今日この後は予定あるか?」

千早「いえ特にないです。雪も降ってるので家で音楽を聞いて過ごす予定ですが…」

千早「どうかされましたか?」

P「実はこの雪で交通機関がストップして絶賛帰宅難民中のアイドルが3名と」

P「1人だと怖くて眠れないって寂しがり屋アイドルが事務所にいるんだけど…」

真美「兄ちゃん!?真美の扱いだけひどくない?」

真美「違うからね。亜美もお父さんもお母さんも今日はたまたまいないだけだからね?」

P「電車も動きそうにないし、車も出せそうにないから4人を千早の家に泊められないかと思って」

千早「私はかまいませんが、どうやって家まで来るのですか?」

P「千早の家は事務所から近いし、途中にスーパーもあるから夕飯の食材買って歩いて行くよ」

千早「わかりました。着いたら連絡ください」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1361727357

【千早「消せない絆」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/01(土) 18:24:02.46 ID:23X4PWwO0
お父さんお母さん 元気ですか? 私は元気です

岩手はまだまだ寒さが続いてますよね

雪かき大変でしょうけどがんばってください

この間帰った時は色々とありがとうございました

こっちに戻ってからも雫はお仕事にレッスンに毎日忙しく過ごしています

突然手紙を書くなんて、どうしたんだと思うかもしれませんけど

どうしても書きたくなってこうして筆を取りました

実はこの前事務所でプロデューサーさんとこんなやりとりがありました

お仕事が終わって事務所に帰った時に....

【及川雫「お父さんお母さん、雫は元気です」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/18(水) 21:13:02.33 ID:xiqsnIRw0

幸子「ふぅ……仕事も増えてきてボクのかわいさをようやく世間が理解してきたけれど」

幸子「毎日が忙しくなってきたなぁ……」

幸子「……そうだ! 日記を書いてみようかな」

幸子「どんな仕事をしたのか、ボクがどれだけかわいかったのか」

幸子「それがわかりやすくふりかえれるように。うん、我ながら名案かも」

幸子「流石はボクだよね!」

幸子「……」

幸子「一人でやってないで、どんなこと書くか決めていこう」

【輿水幸子「世界一カワイイボクの普通の日常」】の続きを読む

このページのトップヘ