☆シリアス・感動

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/06/19(水) 14:43:27.96 ID:dDsEzjd10

【島村卯月「蝕まれゆく心と体」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/21(火) 22:17:01.87 ID:wTtaWsb20

それは、月が高く上った夜の事でした。
私は、ある決意を胸に秘め、庭で月光浴をしている父の後姿に、声をかけました。
このような狭い場所に居る私は、そう、まだ外の世界を知らぬまま。
もっと高みから、何も囲われていない場所から、全てを見渡したい。
そう伝えました。
父は、こちらを振り向くことも泣く、頷くだけでした。
別れの言葉を口にしようとして、しかし私はその言葉を飲み込みました。
そう、いずれはまた、帰ってくるのだから。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1390310221

【貴音「私は、アイドル」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/14(火) 14:43:19.25 ID:x4oEnCY50
P「みくー!おいみくー!」

みく「なになに?どうかしたかにゃ?」

P「みくぅ!」

みく「は、はい!?」ビクッ

P「そこになおれぃ!」

みく「な、なおれ?えーっと...」

P「座れ」

みく「えっ?」

P「座れ!」

みく「う、うん....」チョコン

P「....」

みく「え、えーっと...」

【モバP「みくぅ!そこになおれぃ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆jPpg5.obl6 2014/01/24(金) 01:24:42.49 ID:l2RpoTD80

 ゴウゴウと、鈍い音が聞こえる。
 
 薄れゆく意識の中、ただひたすらに、酸素を求めて呼吸をした。
 
 次に聞こえたのは、シャワーの音。逃げようとしても、もう逃げれる体力さえもない。

 少女はそのまま、深い苦しみを味わい、その短い生涯を終えたのである。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1390494282

【P「765プロ連続殺人事件」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 00:40:10.05 ID:s8bL3tag0
千早(アメリカでのレコーディングなどもあった関係で、久しぶりに、本当に久しぶりに訪れた事務所)

千早(まるで私たちのもうひとつの家のようであったはずのその場所を、私はなぜだか『冷たい』と感じてしまった)

千早(それはきっと、奈落に落ちた怪我で入院しているプロデューサーのことを嫌でも思い出してしまって)

千早(そして何よりも、いつも私たちを笑って迎えてくれていた春香の姿が、そこには無いことが分かってしまっていたから……。そのせいなのだと、思う)

千早(律子が春香に仕事を休むよう促してから、一週間)

千早(私は一度も……。春香に会って、いない)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1390405209

【千早「夢」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Prologue 2013/01/24(木) 20:07:36.06 ID:JI4tXZE/0
あるところに、5人の女の子がいました。

大人しいけれど、誰よりも優しい女の子、まどか。

おしとやかで、ちょっぴり寂しがりやな女の子、マミ。

元気いっぱいで、お調子者な女の子、さやか。

自分勝手だけれど、ほんとうは思いやりのある女の子、杏子。

そして、クールでどこか謎めいた女の子、ほむら。


ある日、彼女達は病気で寝たきりのおばあさんのもとへ、順番にお使いに行くことになりました。

おばあさんは、森の奥深くに建つお家に、ひとりで暮らしています。

「森の奥の家へ行くときは、決して道から外れないようにね」

女の子たちは、そのように言いつけられました。

森の中にはオオカミがひそんでいて、女の子たちが迷い込むのを待っているのです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1359025655

【まどか「the PATH」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/23(土) 14:39:58.14 ID:vT4XWxmG0
50段目

丁度半分の区切り。どんなこと聞こうかな、なんて決まってる。

美波「アイドルとして、私はどうだった?」

気になる点として、今までの私は、だ。

P「どうって…そりゃ、凄かったよ」

美波「もっとこう、具体的にないんですか?」

P「具体的にってもなぁ。勿論、魅力的だったよ、カワイイし、綺麗だし」

美波「ん…」

望んでいた答えとは少し違うけれど、こう好きな人から褒められると所謂お世辞というやつだとわかっていても嬉しい。

でも照れくさくて言葉を返せなかった。

【美波「アイドルマスター」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/22(火) 22:01:24.39 ID:Ix5xXLG60
未央「ご褒美」

P「……は?」

未央「ご褒美が欲しい!!CDデビューの!」

P「急に何を言い出すかと思ったら……」

未央「いいでしょ~!待ちに待ったCDデビューだよ?私、頑張ったよ?」

P「まぁ、確かに頑張ってたな」

未央「でしょでしょっ!だから、ご褒美が欲しいなーって♪」

P「うーん……」

【本田未央「ねっ、プロデューサー」モバP「……なんだ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/12/02(日) 13:38:06.30 ID:eEvQNTrc0
 私の名前は、多田李衣菜。
 ロック好きの高校生。

 ……たぶん、それだけ。

 ロックだって、別に詳しいわけじゃない。
 でも、初めて聞いた時にビリビリした曲が、世間ではロックって言われてるって聞いて、ロック好きって名乗ることにした。

 ……そのほうが、かっこよかったし。

 そんな私が、ただの李衣菜からアイドル『多田李衣菜』になったきっかけ。

【多田李衣菜「ロック・フォー・ユー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:32:28.09 ID:cAe2onWJo
医者「肺のこの部分、これが、がん細胞です。残念ですが、他の部分への転移も見られます。手術で完全に取り除くのは不可能でしょう」

プロデューサーを始めて6年目の10月、人生で二度目のがん宣告を受けた。

どうやら、半年前に切除したはずの胃がんが転移していたらしい。

P「それで……あとどれだけ生きられるのでしょうか?」

医者「長くて一年ほどでしょう」

一年か……それならIA大賞まではなんとかなりそうだ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1358886747

【P「サンキュー・マイ・トワイライト」】の続きを読む

このページのトップヘ