☆その他

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/08(土) 17:38:25.97 ID:MVpYeoyV0
響「~♪」

小鳥「あら、響ちゃん。何読んでるの?」

響「これか? これは、昨日発売の『歌姫の都-ARCADIA OF DIVA-』5巻だぞ! このシリーズお気に入りなんだ!」

小鳥「ライトノベル? 良いわよね、時間がなくても割とサクッと読めるし」

響「フェブアリア・ミーコストゥムとスケイスィー・スプリュートの恋の行方が気になって夜も眠れないぞ」

小鳥「お気に入りの本って、続きが気になると止まらなくなるわよね」

響「だから新刊がでるとすぐ買っちゃうんだー」

ガチャ

P「只今戻りました」

響「」ビクッ

小鳥「あら、プロデューサーさん。おかえりなさい」

P「外は寒いですね、雪も……ん? 響、何を隠してるんだ?」

響「な、なんでもないぞ!」

P「……またラノベか?」

響「だったらなんだよ! 自分が読むものは自分の勝手でしょ!」

P「ラノベなんて豚が読むモノだろwwwwwww」

響「」カチン

響「なんだよ! いっつもいっつも自分が好きな本馬鹿にして!」

P「どうせ「○○くん好きー!」「え?なんだって?」みたいな難聴主人公のハーレムものなんだろ?wwwww」

P「そんなもんブヒブヒ言いながら読んでる奴らしか居ねえよwwwwwまともなやつはそんなもん読まねえもんwwwww」

小鳥「」



【響「プロデューサーがラノベ馬鹿にしてくる」】の続きを読む

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2014/04/18(金) 13:15:52.59 ID:pJwFbIJ6o
幸子「プロデューサーさん、お疲れですか?」 

P「ああ、幸子。ここ最近は立て続けに色々あったからな……仕事が溜まってく一方で」 

P「おかげ最近寝不足気味だよ」 

幸子「そうなんですか……それならプロデューサーさん!」 

P「うん?」 

幸子「ボクを見てください!」 

P「うん、見てるけど」
【輿水幸子「お疲れですか?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21 17:31:32 ID:E50zC6750
古泉「はい」

キョン「はいじゃない 協力してくれよな」

古泉「あなたにそのような趣味があったとは」

キョン「馬鹿もん 考えてもみろよ
食ザーだぞ 自分のを女の子が飲むんだぞ」

古泉「特に変な感情は湧いてきませんが」

キョン「とにかくハルヒに飲ませたいんだ」

古泉「まあ、それがあなたの望みなら最善を尽くしましょう」

キョン「恩に着るよ古泉」

【キョン「ハルヒに精液飲ませたい」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26 21:10:42 ID:+2ubFx5X0
始業式

中島「いよいよ5年生だな、磯野!」

カツオ「う、うん……」

中島「どうした磯野?」

カツオ「なあ中島、僕達って昨日も5年生じゃなかったか?」

中島「はぁ?何言ってるんだ磯野
昨日まで冬休みがあって、今日の始業式で進級したんだ
僕達が昨日も5年生なわけないじゃないか」

カツオ「そうだよな……(でも何だろう……この違和感……)」

【カツオ「なあ中島、僕達って昨日も5年生じゃなかったか?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30 19:25:22 ID:OMwYvHvaO
波平「今回のカツオもそろそろ限界じゃな・・・」

マスオ「そうですねぇ、おとーさーん。そろそろ代わって頂きましょうか」

カツオ「ま、待ってよ、僕はまだカツオをやれるよ!」

サザエ「カツオー、無理はだめよ。私達は国民全員から愛されて日曜日6時半を支える長寿番組なの。妥協は許されないのよ」

波平「心配するな、カツオ。新しいカツオがお前の後を継いでくれるさ」

カツオ「ま、待って、やめ、やめて」

カツオ「ウワアアアアアアアアアアア!!」

波平「安楽死させるつもりがちと恐怖を与えてしまったかの」

マスオ「それはおとーさんのカツオ君への『愛』があったんですよ。愛していたからこそ手元が少し緩んでしまったんですよー」

波平「毎度毎度心苦しいわい。『サザエさん』という国家プロジェクトのためとはいえのぅ」

タラオ「わー、カツオお兄ちゃん黒焦げでーす!」

波平「さ、マスオ君、新しいカツオの手配じゃ」

マスオ「はい、おとーさん」

【波平「今回のカツオもそろそろ限界じゃな・・・」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/27 23:58:48 ID:Qvyqrwp20
その子は、今まで私が出会ってきたどんな女の子とも違った。
ううん。同じだけど違った。

憂や和ちゃんみたいに私のお世話をしてくれるところは同じ。
同じだけど何か違った。

う~ん、やっぱり上手く言葉にできないや。
とにかく、私はムギちゃんに抱きつけなかった。

【唯「たぶん一目惚れだったと思う」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11 21:11:28 ID:eOLOsxWV0
皐月「何だそれは?」

犬牟田「数字の1がポッキーの形状に似ていることから作られた記念日です」

犬牟田「正しくはポッキー&プリッツの日だとか」

猿投山「へぇ、プリッツも入ってたのか。俺ずっとポッキーだけの記念日だと思ってた」

蟇郡「フン……学園に菓子を持ち込み、校内の風紀を乱す輩が増えんといいがな……」

蛇崩「風紀部委員長の蟇くんは真面目ねぇ」ポリポリ

猿投山「いや言われてるそばから食うなよポッキー」

【鬼龍院皐月「ポッキーの日?」】の続きを読む

このページのトップヘ