シャル

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/08/24(水) 08:42:21.51 ID:bnjPxtlk0
シャル「え?何て言ったのかな?聞こえなかったよアハハ...」

一夏「いや、俺も健全な男子高校生なわけだし、彼氏の一人や二人は居るってのがステータスじゃないか?だから俺も作ろうと思ってるんだ。」

シャル「つっこみ所が多すぎて困っちゃうよ一夏・・・・」

一夏「なんのことだ?つっこむ所なんてどこにもないぞ?」

【一夏「そろそろ彼氏を作ろうと思うんだが」 シャル「え?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/09(月) 08:26:44.73 ID:4xhSzezt0
千冬「……は?」

一夏「え?」

千冬「い、今何か言ったか?」

一夏「あ、え?俺声に出してた?」

千冬「うむ。『シャルを本気でくどきおt』」

一夏「うわぁぁああやめてくれっ///」テレテレ

千冬「」

【一夏「シャルを本気で口説き落とそうと思う」】の続きを読む

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/14(土) 23:57:03.04 ID:VfgsONxp0
シャル「これで、いいの・・・?」

一夏「おう、サンキュー。そんじゃ」

シャル「あ、あの、一夏」

一夏「何だよ」

【一夏「箒とデートするから金くれよ」 シャル「……うん、いいよ」】の続きを読む

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/11(水) 00:11:18.38 ID:h9SFnl6w0
シャル「・・・嘘だよ!びっくりした」

一夏「おっ、驚かすなよシャルっ」ドキドキ

シャル「あはは、一夏ってばびっくりしすぎ!!」クスクス

一夏「まったく・・・」

【シャル「一夏、その……妊娠しちゃった……」 一夏「……嘘だろ?」】の続きを読む

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/04/24(日) 00:02:33.55 ID:2GipNPn8O
シャルル「えへへ……フフッ♪」

ラウラ「やけに楽しそうだなシャルロット」

シャルル「うん♪なんでもなーいよっ」

ラウラ「そうか?なぁところで、今度の日曜に私とISの訓練に付き合って欲しいのだが、何か予定あるのか?」

シャルル「んふふ~♪………え?日曜!?だめだめ!ごめんラウラ僕その日はダメなんだ!」

ラウラ「ん?なんだ?予定あるのか?」

シャルル「(マズイなぁ…なんて言って断ろう…)」


こんな感じでよろし

【一夏「俺はお前が好きだ!」 シャル「一夏のばか...///」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/04/05(火) 15:07:18.60 ID:pkf56vWDI
シャルロット「安価で一夏をgetしてみる!」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1301875935/の続きです


シャル(S○Xしよう!)

シャル(急いで一夏と!)

シャル「じゃあね、のほほん!」

のほほん「待ちたまえ!」

シャル「そこをどいて!」

のほほん「一夏は私のもの、そう簡単には渡さない」

シャル「うう......これじゃあ、一夏と出来ないよ......」

シャル「こうなったら、>>408で倒す!」

>>408
鈴の体操服タペストリー

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/04/05(火) 15:20:23.10 ID:pkf56vWDI
今日から学校だけどすっかり忘れてた

シャル「これしか無いけど......それ!」ポイ

のほほん「あれは限定モノのタペストリー!」

シャル(かかった!いまのうちに)

のほほん「でも今はおりむーが大事!タペストリーはいらないよ」

のほほん「のほほんパン~チ」

シャル「うわっ!」ドサ

のほほん「私の勝ち!もうおりむーに手は出さないでね~」

シャル「」



>>6「大丈夫?」

シャル「......君は?」

【シャルロット「安価で一夏を僕のものにする!」】の続きを読む

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/04/03(日) 21:09:53.75 ID:ndyITJFh0
シャル「一夏ってなんであんなに鈍感なんだろ・・・」

シャル「もう何かの精神病か、わかっててやってるとしか思えないよ」

シャル「でも、それでも一夏が好きなんだ・・・」

シャル「どうしたらいいんだろ?」

【シャル「一夏をものにしたい・・・」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/04/19(火) 00:48:31.15 ID:cc4SFbxEO
シャル「な、なに?どうしたの一夏」

一夏「今、誰か屁をこいたよな・・・誰だ?」

鈴「あ、あんたなに言ってんのよ!」

セシリア「そ、そうですわ突然!」

一夏「突然もなにも、今確実に誰かこいただろ!・・・聞こえたよな?シャル」

シャル「えぇっ!?・・・ぼ、僕には聞こえなかったかなぁ?」

一夏「なに・・・?箒、聞こえたよな?」

箒「わたしは、き、聞いていないぞっ!」

一夏「なんだと・・・ラウラ!」

ラウラ「わ、わたしも聞こえなかった。気のせいじゃないのか?それか雑音を聞き違えたか」

一夏「そんな・・・この俺が屁の音を聞き違えるなんて・・・」

一夏(おかしい・・・今俺は確実に屁が鳴る音を聞いた・・・聞いたんだ。だがみんな知らないと言う)

一夏(雑音と聞き違えたというのか・・・まさか・・・いやでもみんな聞いていないなら・・・ん?)

一夏(・・・こ、この臭いは)

一夏「く、くせえ!!」

【一夏「今こいたの誰だ!」】の続きを読む

このページのトップヘ