ソードアートオンライン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/16(火) 19:35:43.97 ID:jklfwS1C0
短いけどアニメのネタバレあるかもなので注意で

【直葉「お兄ちゃんってアスナさんとキスしたことある?」和人「え?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 21:41:17.10 ID:XMzr59yE0
シリカ「……ん、あれ、ここは?」

キリト「おはようシリカ」

シリカ「えっ、き、キリトさんっ!? あ、あのえっと……ああっ! ご、ごめんなさい! 昨日あのままキリトさんのお部屋で寝てしまって、えっとえっと!」

キリト「大丈夫だよ」

ギュッ

シリカ「きききキリトさんっ!? あのあのっ!」

キリト「落ち着いて、ね?」

ナデナデ

シリカ「あ、ふぁ……ん……」

【キリト「シリカを可愛がる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/13(土) 22:30:41.28 ID:3mTHb13t0
75層ボス攻略前のある日

アスナ「キリト君、大変!」
キリト「どうした、アスナ?」
アスナ「これ!これ見て!」
キリト「ん?新聞か・・・また俺たちの噂話でも書いてあるんじゃなかろうな・・・」ペラ
新聞「新たなユニークスキル発見される!」
キリト「これって・・・」
アスナ「そう。新しいユニークスキルが見つかったみたいね。なんでもSAOらしくない、まさにユニークスキルって感じらしいわよ。」

【ウメハラ「ソードアートオンライン?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 00:38:31.82 ID:IuSVNwE+0
オルカ「ああ、世界初のフルダイブVRMMORPG、どんなものかは知ってるか?」

カイト「うん、ゲームの世界で現実と同じように体を動かせるんでしょ?」

オルカ「多重電界による脳との直接神経結合技術。
    今までは電解液に体を満たすかプラグを脊椎に挿すしかなかったのが、
    ただのヘッドギアで実現したんだ、これは本当にすごい技術なんだぜ」

カイト「その技術を一人で基礎設計しちゃったんだっけ?茅場明彦って」

オルカ「しかも膨大な情報を内部処理できるから、ただのパソコンから通常の回線で接続できるし、
    ゲームデータを動かすサーバーさえ用意できれば1万人以上ものデータを同時処理することができるんだ」

【カイト「ソードアート・オンライン?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/03(木) 08:12:48.80 ID:bLl4KzlQ0
連続性はあまり無いが一応前スレ

キリト「…なんだこの本?」
http://m.logsoku.com/r/news4vip/1355729820/

【キリト「スグ、何してんだ?」直葉「え…ね、ネットだよ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/30(金) 21:20:22.06 ID:skz79qjqI
キリト「戻ってきたぞこの世界に」

クライン「コンニチハ~」

キリト「誰」

クライン「ワタシ、初心者、ゲームの事教えてクダサーイ」

キリト「おk」

~裏路地~

キリト「?」

クライン「このゲームでセクロスしたらどうなるのか!」

クライン「教えてもらいマース!」ガバッ

キリト「あっだめぇ///」

【キリト「SAOは圧倒的に女性プレイヤーが少ないよなぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/12/17(月) 16:37:00.24 ID:wdPUeVe40
リズベット「……あー、それね」

キリト「えーと?『恋愛世界ラブオーバーキル ~お前は死ぬまで俺の物だ!!~』…なんだこのタイトル…」

リズベット「…知人に頼まれてね、うん…どうしてもショップに置いてくれって」

キリト「ふーん? つまりプレイヤーが創作した小説みたいなもんか、ちょっと興味あるな…タイトルはともかく本なんてアルゴの攻略本くらいしか読んでないしな」

リズベット「……キリトが読みたいなら止めないけどさ、在庫余ってて困ってるのもあるし………買う?」

キリト「買うよ、いくらだ?」

【キリト「…なんだこの本?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/06(火) 10:24:50.18 ID:qIrwGWfI0
キリト「ふざけんなよちくしょうッッ!!!!」

アスナ「え…どうしたのキリトくん…?」

キリト「どうしたのじゃないんだっつの!! なんなんだこれ!?」ウルウル

アスナ「…なんなんだって……その」

キリト「ちくしょう…馬鹿にしやがって…茅場晶彦…!!」ワナワナ

アスナ「…そんなに怒る事かなー?」

キリト「怒るよ!! だって見えないんだもん!!」ウルウル

アスナ「………えー…」ジトッ

キリト「………ぱんつの下が…なんでモザイクなんだよぉ……」ブワッ

【キリト「どういうことだよッッ!!!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/02(日) 22:42:19.00 ID:RPt2VHLR0
直葉「手伝うってなにを?」

キリト「剣の持ち方のことなんだけどさ」

直葉「お兄ちゃんはあれで強いからいいんじゃない?」

キリト「そうなんだけどな、やっぱり基本的なことも覚えておくべきだろ? どう持つんだっけ」

直葉「えと、こんな風に」

キリト「違う違う、それじゃあ分かりにくいよ、ちょっと後ろから手を取って教えてくれ」

直葉「う、後ろから!?」

キリト「頼むよスグ」

直葉「わ、わかった……」

【キリト「スグ、ちょっと手伝ってくれ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/30(木) 19:28:17.12 ID:9n+RgCIM0
シリカ「一緒に復活アイテム取りに行ってくれませんか?」

キリト(えっ、これでもう今月になって5回目だぞ……)

シリカ「いいですか……?」

キリト「あ、あぁ。時間は大丈夫だけど」

シリカ「やったぁ! ありがとうございます!」ニタァ

【シリカ「キリトさん、またピナが死んじゃったんですけど…」】の続きを読む

このページのトップヘ