アイマスSS

1: ◆eAB23W1ius 2016/09/14(水) 12:57:48.21 ID:UmVOoCr90
アイマスSS、地の分あり


初投稿です


誤字、脱字などなどは生暖かい目で見守っていただけると幸いです


設定ミスや違和感があればご指摘いただけると嬉しいです


では始めます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473825467

【春香「プロデューサーさんの誕生日」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/13(火) 20:17:37.68 ID:WPpJnBCW0


ーー事務所


千早「春香に押されて半ば強制的に買わされてしまったけれど……これ、一体どうやって使うのかしら?」

千早「誰かに聞けば簡単なのだろうけれど……あいにく今は誰もいないみたいね」

千早「それにしても音無さんに社長もいないなんて……珍しいこともあったものね」



ーー事務所ビル1階 たるき亭


P「まぁ、珍しいも何もテレビの企画ですからね」

小鳥「と、いうわけで今回は『如月千早 文明の利器に触れる』と題して、千早ちゃんがスマートフォンを買った様子をモニタリングしたいと思います!」

伊織「文明の利器って……あんたら千早をアフリカの少数民族か何かだと思ってるんじゃないでしょうね」

春香「いやいや……機械に関してアフリカの少数民族の人と千早ちゃんを一緒にしたらさすがに失礼だよ!少数民族の人に」

伊織「あんた親友のくせに結構ひどいこと言うのね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473765457

【千早「スマートフォンを買ったわ」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/07(水) 20:13:21.48 ID:S6C+eYkr0


小鳥「アイドルのセキュリティ……つまりガバガバ度を調べるわけですね!」

P「違いますよガバマン小鳥さん。普通に自宅のセキュリティチェックです」

小鳥「期待して損したピヨ……ところでなんでそんなことをするんです?」

P「あいつらも今やTVで見ない日がないくらいの有名人です。ファンに自宅を特定されたりなどもないとは言い切れません。不測の事態が起きる前に俺がチェックしておこうと思いまして」

小鳥「なるほど……では手始めに私の家なんてどうでしょうか」

P「嫌ですよ。小鳥さんの家、酒とつまみの臭いしかしないですもん」

小鳥「愛液の香りもしますよ」

P「余計行きたくねーよ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473246801

【P「アイドルのセキュリティをチェックする」】の続きを読む

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 20:39:10.71 ID:lb6zvx9l0
やよい「ふぅ…」

亜美「ん?やよいっちどうしたの?」

真美「なんか暗いじゃん」

やよい「亜美、真美…」

真美「なんか悩みごと?」

やよい「じつは長介とケンカしちゃって…」

【やよい「カプリコの上の部分?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 00:05:29.38 ID:V5D8ve7M0
あずさ「もう9月になったっていうのにまだまだ暑いし、蒸すわねぇ」

貴音「まったくです。毎年この時期にはまいります…」

やよい「どうしたんですか?」

あずさ「これの話よ」どたぷ~ん

亜美・真美「デカイ(小並)」

やよい「そうなんですかー」

あずさ「ええ。人前で簡単に拭けないし、大変なの」

貴音「やよい達も大人になったら同じ苦しみを味わうでしょう」

やよい「うー、大きくなったら大変そうです」

亜美「でも無いよりはマシっしょ→」


千早「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472828729

【あずさ「この時期は蒸れるわねぇ」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/16(火) 20:01:54.79 ID:ouUwxEDbo
貴音「……とは一体、何なのでしょうか?」

P「え?」

貴音「るぅる無用のアイドルですまっち、です。
   この度の新曲の一部にそのような歌詞があり……
   それも、私のそろぱぁとなのです」

P「あぁ、なるほど歌詞か。いきなり何かと思ったよ。
 つまり、収録にあたって歌詞の意味を理解しておきたいってことなんだな?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1471345314

【貴音「るぅる無用のアイドルですまっち」】の続きを読む

1: ◆/3iSVoliT3rS 2016/08/31(水) 23:35:43.22 ID:vkR/t86b0
*短編です
―――――――――
8月某日

千早「なぜか浴衣の仕事が多いわ」

千早「もう5回よ。4日後にもう1回あるわ…。夏だからかしら? 春香は浴衣の仕事増えた?」

春香「え? 私はそんなに。1回だけだよ」

千早「じゃあ何か別の理由があるのかしら」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472654142

【千早「なぜか浴衣の仕事が多いわ」】の続きを読む

1: ◆x33Mino8QnqT 2016/08/25(木) 16:43:03.20 ID:dT+NTwNC0
765プロ事務所

春香「うん! 千早ちゃんいつも髪下ろしてるでしょ? たまには結んでみたらどうかなーって」

千早「でも私、髪を結んだりしたことってあんまりなくて。それに今までずっと下ろしたままだったしこのままで良いわ」

春香「えぇ〜! 綺麗な髪なのにもったいないよ!」

音無「そうねぇ。確かに綺麗な髪だわ」

千早「綺麗だなんて、音無さんまで…」

春香「やってみよ千早ちゃん! 私がやったげるからさ」

千早「春香が?…。まぁそこまで言うなら良いけど」

春香「じゃあ早速」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472110983

【千早「私の髪を?」】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: ◆Xz5sQ/W/66 2016/08/29(月) 18:37:33.52 ID:GP3jamNW0

 結局のところ、幾つになってもボクはボクのまま。

 小さな頃からの憧れや感じ方というヤツは、例えこの体が大きくなって、
 心も成長したと思っていても、忘れず、根っこの方には残っているものなんだ……なーんて。

 目の前の大きな鏡に映る自分の姿。
 同窓会や街角で、昔の親友とバッタリ再会したかのような錯覚。


「へへっ……久しぶり」


 幸いにも思わず呟いたこの一言は、
 床を掃除し始めていた店員さんには聞こえなかったようだった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472463453

【菊地真「ボクが髪を切った理由(ワケ)」】の続きを読む

このページのトップヘ