• カテゴリ:
1: ◆p3yuNM37DY 2014/08/26(火) 13:09:27.18 ID:dOAoZBDUO
事務所


響「はいさーい!貴音!」


貴音「おや、響。おはようございます」


響「ねぇ、貴音。コレしない?」


貴音「これは……『大乱闘すまっしゅぶらざぁず』?」


響「貴音、スマブラ知らないのか?」


貴音「えぇ……電子機器類は苦手な物で……」


響「そんな堅苦しい物じゃないって!」


響「慣れれば楽しいゲームだから、一緒にやろう!」


貴音「はぁ……わかりました」


響「じゃあ自分、プロデューサーにテレビ借りていいか聞いて来るね!」


響「その間、スマブラのパッケージでも見といて!」タタタ


貴音「はぁ……わかりました」


貴音「これが、娯楽品ですね」スッ


貴音「ふむふむ……数字の、6と4が書かれていますね……」






この時は、想像もしなかったんだ…

あの悲劇が起こって、
自分達の仲が険悪になるなんて……

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409026167

【響「貴音とスマブラしたけど、ブチ切れられて仲が険悪になったぞ……」】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 00:06:16.53 ID:blo4bGpf0

アリーナライブ後
765プロダクション

P「お前達、本当に良いライブを俺に見せてくれた……これで安心して、俺もハリウッドに行ける」

響「たまには手紙も出してよね!」

やよい「わ、私達も頑張りますからぁ!」

伊織「まだ泣くには早いわよ、やよい」

P「そうだぞ、とりあえず、準備とかでもう暫くは居るんだから」

高木「大変だっ!」

P「ん?どうしました社長。そんなに慌てて」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404572776

【P「超高速!輝きの向こう側へ」】の続きを読む

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/13(火) 04:10:08.27 ID:UcnHAPnm0
貴音「なにもそこまで驚かなくとも」

響「だって寝てたと思ってたから」

貴音「目覚めてしまったのです」

響「ごめん」

貴音「早く布団に戻りましょう、怖いわけではありません」

響「すぐ戻るから先にいってて」

貴音「怖いわけではないのです」






貴音「えぇ、怖いわけでは」

響「怖いんじゃん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399921798

【響「うぎゃあ」】の続きを読む

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/11(日) 13:59:12.91 ID:F0efFz1I0
響「うん」

P「で、何でかなって思ったら、隣で春香がもぞもぞしてるわけよ」

響「うんうん」

P「で、まあトイレか何かかなって思って黙ってたんだけど」

響「うん」

P「そしたらさ、急に春香が俺の腕に抱き付いてきたわけよ」

響「……ふーん」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399784342

【P「昨日さ、夜中に突然目が覚めてさ」】の続きを読む

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/13(火) 21:24:01.36 ID:0pprtG6V0
響「それを逆手にとって売りに出せば人気でるんじゃないか!?自分って頭いいなー!」

春香「え?」

伊織「自分を見直したほうがいいわよ響」

真「自棄になるな響、響は臭くなんかないよ」

響「な、なんでみんなそんな対応するんだー!?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399983826

【響「自分、臭いって言われてるけどさ」】の続きを読む

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) 2012/04/08(日) 20:01:49.18 ID:BmJ9W9l80
ある女が、渋谷へ買い物に行くところだった。
だが女は、コートを忘れて取りに戻った。
コートを着た時、電話が鳴った。
女は電話に出て2分間話した。
女が電話で話している間、響は、渋谷のスタジオでダンスレッスンをしていた。

響がレッスンをしている間、買い物の女は電話を終え、外に出てタクシーに乗った。
タクシーの運転手は、その前に喫茶店でコーヒーを飲んだ。
その間ずっと、響はレッスンをしていた。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1333882908(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)

【響「ハム蔵に花束を」】の続きを読む

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/10(木) 21:49:18.83 ID:r9uEZXhC0

響「ごめん貴音、もう一回言ってもらえる?」

貴音「? 響、朏ましたか、と」

響「とりあえず助詞を省いた理由から聞こうかな」

貴音「設定の根幹に関わるところにいきなり踏み込むとは」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397134158

【貴音「響、もう朏ましたか?」 響「ちょっと待って」】の続きを読む

このページのトップヘ