二宮飛鳥

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 19:47:41.63 ID:aZzeMSQR0

モバP(以下P)「飛鳥~!お~い!!!」

飛鳥「ん?どうしたんだい?そんな大声をあげて」

P「どうしたもこうしたもない、もうダイビングの撮影時間だぞ」

飛鳥「……フフ、すまない。ボクとしたことが物思いに耽っていたら忘れてしまっていたよ。ありがとうプロデューサー」

P「共演者のあやめちゃんや頼子さんに悠貴ちゃんはもうスタンバイできてるからサクっと準備しちゃえよ」

飛鳥「ああ、わかったよ……。ところでプロデューサー」

P「ん?」

飛鳥「この撮影は全員水着を着て泳ぐみたいなんだが本当かい?」

P「そりゃあダイビングの撮影だからな、水着に関しては俺が飛鳥に似合う柄をしっかりちひろさんと選んだから安心していいぞ」

飛鳥「いやボクが言いたいのはそういうことじゃないんだが……まあいいか」

P「なんだよ不安なのか?」

飛鳥「キミの選ぶ水着に不安を覚えているわけじゃないさ、ボクはキミを信頼している。それは知ってるだろう?」

P「――じゃあ何が不満なんだ?」

飛鳥「果たして今日の撮影にボクは必要なのかな、と、ふと思ってね」

P「いや必要だろ」

飛鳥「即答だね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473504461

【二宮飛鳥「星が瞬くこんな夜は…ってね」】の続きを読む

1: ◆C2VTzcV58A 2016/04/29(金) 14:50:28.29 ID:nQYgI66OO
ある日の事務所


ライラ「ふむふむ……ほうほう」カキカキ

心「はろはろー☆ お、ライラちゃんなにしてるの?」

ライラ「字を書く練習でございますよー。日本語、少しずつ書けるようになっていきますですねー」

心「どれどれ? おお、ちゃんと書けてんじゃん! ところどころ怪しい字があるけど」

心「ライラちゃん、やるぅ~♪ はぁとは外国語全然ダメだぞ☆」

ライラ「てれり、です」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461909028

【二宮飛鳥「コンビニは強い」 ライラ「なるほどですねー」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 03:17:56.57 ID:ML0M3i7n0
いつもと変わらない風景、とりとめのない会話。
そんな当たり前の連続を日常と表現するのなら、それはあまりにも不安定でか細いモノの積み重ねだ。
ボクはそれがようやく理解った。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467310676

【飛鳥「プロデューサーがエナドリの飲みすぎで死んだ」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 18:53:33.13 ID:fXxzc3vV0
飛鳥「ボクはキミのことなんか好きじゃない」


飛鳥「突然こんなこと言ってすまないね。驚かせてしまったかな?」

飛鳥「でもだからと言って、キミのことが憎いとかというわけでもないんだ」

飛鳥「ボクをアイドルとしてここまで導いてくれたことには感謝してるし、信頼もしている」


飛鳥「要はキミという存在を恋愛対象として見れないということさ。キミを一人の男として見ることはできない。あくまでも仕事の時だけの関係」

飛鳥「そう。キミはただの担当プロデューサー。それ以上でもそれ以下でもない」

飛鳥「気を悪くしてしまったのなら謝るよ。でも、これはボクの偽りなき想いさ」


飛鳥「こうして包み隠さず話すのは、キミへの信頼の表れだと捉えて欲しいね」


P「………そうか」



P「お前の言いたいことは理解したけど―――飛鳥?」

飛鳥「なんだい?」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465725212

【モバP「もしも飛鳥が、俺のこと好きじゃなかったら」】の続きを読む

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:03:49.79 ID:2aieDcjh0

飛鳥「……そんなことをして何の意味があるんだい?」

ちひろ「意味はありませんが、反応が見たくて」

飛鳥「反応……ということは、何かの番組かい? しかし、それならちひろさんじゃなくてPが……そう言えば、Pはどこだい?」

ちひろ「ターゲットです」

飛鳥「……ん?」

ちひろ「今回のターゲットはプロデューサーさんたちです。つまり、何かの番組の企画ではありません」

飛鳥「……ますます、意味がわからないな。そんなことをしてどうなる?」

ちひろ「プロデューサーさんたちの面白い姿を見ることができる……じゃあ、ダメですか?」

飛鳥「それは……いや、そうか。確かに、それは面白いかもね」

ちひろ「それじゃあ、まずは練習をしましょうか。これから凛ちゃんが来るので、飛鳥ちゃんは……そうですね。一人称は『私』。『ですます』口調で話して下さい」

飛鳥「凛さんに? ……わかった。フッ、こういうこともまた一興、か……」

ちひろ「ノリが良くて助かります。それでは、私は隠れておきますね」

飛鳥「ああ」


【飛鳥「ボクが『ボクっ子』じゃなくなるドッキリ?」ちひろ「はいっ♪」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 00:22:51.06 ID:X1kqyPoNO
はじめにデレマスのSSです。作者独自の解釈や地の文があります。
また以前、このタイトルでスレッドを作成いたしましたが私情で
放置する形になり過去ログ化させてしまいました。申し訳ありません。
つきましては、その時の内容と続きを投稿した後、依頼出します。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463066571

【武内P「二宮さんがエナドリを?」ちひろ「あ、あのですね…」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 00:12:15.28 ID:Sxx8sbTDO
P「飛鳥、おはよう、いい朝だね」

飛鳥「それは、キミのセカイが輝きを忘れていないことの証明さ」

飛鳥「例えイミテーションの理でも、キミは満足だろうけどね」

飛鳥「それがキミで、ボクのプロデューサーだ」

P「そうだな!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460733135

【モバP「はぁー困った飛鳥に投票するか(ステマ)」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 17:15:33.50 ID:afubTO5v0
この前書いた『飛鳥「23時過ぎのログ」』の前日譚です。読んでも読まなくても大丈夫かと思います。
飛鳥が恋愛相談する話です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459325723

【飛鳥「ボクと彼女らと20時過ぎ」】の続きを読む

このページのトップヘ