あずさ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01 18:49:00 ID:5Ly/cDqg0
P「ジュースとかならともかく、牛乳とアイドルがコラボするなんて珍しいな」

律子「でもだからこそ、なんですよ! 絶対にヒットするわ~!」

P「ふんふん……で、今日はそのサンプルが届いたって?」

律子「はい! えーっと……これです」スッ

P「おお、瓶詰めなんて粋じゃないか! どれどれ……商品名は……」

P「へー、あずささんのミルクか」


あずさ「……」

【P「へー、あずささんのミルクか」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 20:15:39 ID:DDHTIaBe0
P「いやぁ~表紙のあずささん、綺麗ですねぇ…」

あずさ「あ、あらあら~そんな、やだ、ちょっと照れちゃいます~」

律子「いえいえ、本当によく似合ってますよ、ウェディングドレス」

P「ほんとですって、中にも10Pほどですけどいろいろなドレスを着てとった写真も掲載されてますし」

P「これはすごいなぁ…綺麗だ」

あずさ「ええっと…ど、どうしましょう~恥ずかしいわぁ~」

小鳥「ふむむむ…ゼ○シィ…恐ろしい雑誌ですねぇ…」

律子「見ます?」

小鳥「いえ結構、本当にやめてください、まだ私は夢の中に居たいんです」

P「大丈夫ですって、音無さんならすぐ相手見つかりますよ、綺麗ですし」

小鳥「じゃあもらってくれますか?」

P「あはは…俺は仕事が恋人なので…」

小鳥「むむむ…冗談でもそこは喜んでって言って欲しいですよ」

【P「お、ゼ○シィの見本誌が届いたのか」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07 12:30:43 ID:qPLHAat70
真美「『もしアイドル達に個別ストーリーがあったらラスボスは誰だっ!?』大会!
   記念すべき一回目は千早お姉ちゃん! 最終ステージに現れるであろうアイドルはあずさお姉ちゃんを指名だよっ!」

千早「いつか……こんな日が来ると思っていました」

あずさ「千早ちゃん。私なんかが最後の相手でいいの?」

千早「ええ……あずささん、あなたには、負けません」

亜美「お互い静かにヒートアップ! バチバチと視線が火花を鳴らすーっ!!」

ワアアアアアアッ!!!

真美「観客席もおーいに大盛り上がりっ!! 実況は765プロの神童ズ、双海真美と!」

亜美「亜美でお送りするよーっ!!」


千早(今日こそ……超えて見せる!!)

あずさ(すごい気合いだわ。全力で答えないと!)


真美「えーっと! この大決戦は視聴者から募った公平な勝負方法で行われるんだねっ!! 『公平』だよ『公平』!!」

亜美「スペックバトルじゃないよ! ――さあ! 鬼軍曹が出るかジャガーがでるかっ!! ぽちっとな!」

ダララララ……ダン!!

勝負の形式 >>5 

【千早「私のラスボスってあずささんですよね」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21 18:26:43 ID:zVZrl6xAO
P「特にレッスンの後がキツイって、他のアイドル達から」

あずさ「そんな・・・」

P「本当だったら改善しないといけませんからね。腕上げて下さい」

あずさ「えっ・・・?」

P「俺だってこんなことしたくないけど、仕事ですから」

あずさ「で、でも、プロデューサーさんじゃなくても」

P「アイドル続けたくないんですか?」

あずさ「あうっ・・・」スッ

P「じゃあ失礼して」

P「・・・」クンカクンカ

あずさ「うぅ・・・」

P「なるほど・・・なるほど」クンカクンカクンカクンカ

【P「あずささんの腋が臭いって苦情がきてるんです」あずさ「えっ」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/12 01:12:42 ID:vPCK33p40
P「みんな、次のライブのポスターが完成したぞ!!」ジャーン

美希「ふふん、今回もキラキラ出来てるの」

真美「やばい、真美チョ→せくち→」

やよい「元気良くうつってます!!」

春香「良かったー、ちゃんと撮れてて」

千早「私も、問題は無いわね」

真「かわいく撮れてるじゃないか雪歩」

雪歩「ま、真ちゃんも!!」







貴音「……っ」ギリギリ

【貴音「あうとさいだぁ」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 23:03:02 ID:9mSekcbq0
律子「……それはわたしたちが聞きたいです」

あずさ「あら~」

伊織「なによここ……、建物と言えばお寺ばっかりじゃない……」

あずさ「てら~」

亜美「お寺がいっぱい……お寺と言えば……」

あずさ「なら~」

律子「でも人の気配は一切ないし……」


伊織「んもー!ここは一体どこなのよおー!」

【あずさ「あら~、ここはどこかしら~?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25 17:21:21 ID:DGEAnsT50
小鳥「そうです! この間の健康診断で判明した奇病ですよ」

P「……はぁ、嘘をつくのは大概にしてください、小鳥さん」

小鳥「う、うそじゃありませんよ! その証拠に見てください、あの青ざめたあずささんの顔を!」

あずさ「」バタン

小鳥「ああああああ! は、早く!」

P「チッ、わかりましたよ」モミモミ

あずさ「ううん……」

小鳥「ああ、気がつきましたね!」

あずさ「プ、プロデューサーさん、すみません」


というんを期待してるのだが…

【あずさ「プロデューサーにおっぱいを揉まれないと死ぬ病気?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 09:48:01 ID:umhamol80
P「ん……」

あずさ「起きなきゃダメですよ」

P「もう、そんな時間ですか?」

あずさ「そうですよ」

P「……あと10分くらい」

あずさ「それだと朝ごはん食べれなくなっちゃいますよ?」

P「今起きます」

あずさ「はい」

あずさ「あっ、プロデューサーさん、んー」
チュッ

あずさ「ふふっ、おはようのチューです」

【あずさ「プロデューサーさん、もう起きる時間ですよ」】の続きを読む

このページのトップヘ