アイマスSS

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13 00:43:16 ID:45egUXkr0
貴音「ふぅ、今日も大変な日照り……事務所までの道のりが随分と長く感じられます」

貴音「汗を拭う端からまた新たに汗が吹き出て、これでは干からびてしまいます」

貴音「このような酷暑続きにおいてこそ、常日頃、プロデューサーの仰る通りに水分補給が肝要となるのでしょうね」

貴音「水分補給には水分だけでなく塩分その他の栄養も同時に摂取しなければならあない、でしたか」

貴音「ふふ、らぁめんを食べる口実としては上々ですね。今日も笑って許して下さるでしょうか?」

貴音「気付いていますか? 私がらぁめんを選ぶ訳は、貴方様と気取らず、飾らずに食事を摂りたいからなのですよ?」

貴音「……なんて、独りごちてみても聞こえている訳もありませんね、ふふふ」

貴音「ようやく事務所が見えて来ました……髮、よし。汗、よし。香り……よ、よしとしましょう。大丈夫です、多分」

貴音「すぅー、はぁー……すぅー、はぁー……お、おはようござ」

P「貴音ってくっそでかいですよね」

小鳥「バカでかいですね」

貴音「!?」

引用元: P「貴音ってくっそでかいですよね」小鳥「バカでかいですね」

【P「貴音ってくっそでかいですよね」小鳥「バカでかいですね」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18 17:39:11 ID:BpTv3Msa0
小鳥「え・・・指輪・・・?」

P「小鳥さん結婚しましょう」

小鳥「え・・・」

P「結婚しましょう」

小鳥「えっ・・・あの・・・」

P「ダメですか?」

小鳥「あの・・・少し考えさせて・・・ください・・・」

P「はい」

引用元: P「小鳥さん、これ上げますよ」 小鳥「ありがとうございます」

【P「小鳥さん、これ上げますよ」 小鳥「ありがとうございます」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18 01:35:53 ID:BpTv3Msa0
P「うるおい、ですか?」

小鳥「はい・・・うるおい・・・」

P「霧吹きがあります」

小鳥「いや、そういうのでなく」

P「お茶でm「だからそうでなく」

P「だったら何です?うるおいって。」

小鳥「だからぁ、わかりませんか? 女性にとってのうるおい!」

P「えぇ~・・・?」

小鳥「何だと思います?女性にとって、心を潤す物・・・」

P「めんどくせぇ・・・(なんですか?)」

小鳥「声に出てますよ」

P「っけね」

P「それでぇ、結局何なんです?その女性にとってのうるおいって?」

小鳥「それは>>5です」

引用元: 小鳥「最近うるおいが足りないなぁ・・・」

【小鳥「最近うるおいが足りないなぁ・・・」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15 01:29:09 ID:ZlI3ON1O0
小鳥「いいんですか!?やっほおおおういええええい」


P「結婚するなら共働きですか?」


小鳥「えっ、えっそうですねーやっぱり寿退職とか....えへへ」


P「俺の理想は共働きなんですよねーだからちょっと諦めて...」


小鳥「あっならなら共働きでも全然いいですよ」


P「小鳥さんって子供は何人欲しいですか?」


小鳥「えーっとえーっと二人...欲しいです」


P「俺自分の子供はあんまりほしくないんですよねー、だからちょっと諦めてもらって...」


小鳥「大丈夫です!子供はもう産めるか怪しいですし!!」

引用元: 小鳥「結婚を前提にお付き合いしましょう!」P「別にいいですよ」

【小鳥「結婚を前提にお付き合いしましょう!」P「別にいいですよ」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22 00:33:43 ID:P6yA/80B0
代行なのだ

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22 01:16:08 ID:P6yA/80B0
小鳥「うう……お仕事ないピヨ……ひもじいピヨ……もやしパスタ麺抜きはもういやピヨ……」

小鳥「こんなことならセクハラされたからって前のお仕事止めるんじゃなかった……、この年でニートはいろんな意味で苦しいし……」

高木「君っ!ねえっ!そこの君!」

小鳥「…へ?私ですか?」

高木「うむ!ティンと来た!君こそ我がプロダクションが求めていた人材!ぜひとも私の会社で働いてほしい!」

小鳥「……それって」

高木「うむ、つまりはスカウトだな」

小鳥「……えっちなお誘いはお断りさせていただきます」

高木「そうじゃねーよ」

引用元: P「音無さんですね。よろしく」小鳥「は、はい…」

【P「音無さんですね。よろしく」小鳥「は、はい…」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24 14:56:07 ID:tWMaxqkx0
P「はい」

小鳥「く、くわしく!!」

P「俺が誘惑するので、音無さんはキスを我慢してください」

小鳥「なるほどなるほど、なるほど~」

P「我慢できたら、俺と結婚です」

小鳥「はい!! 早速やりましょう」

P「では……スタート!」

ブチュウウウウウウ

引用元: ・小鳥「プロデューサーキス我慢選手権!?」 P「えぇ、そうです」

【小鳥「プロデューサーキス我慢選手権!?」 P「えぇ、そうです」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07 20:48:13 ID:xEcky/SY0
小鳥「あっ社長」

高木「いやはや、みんなとの七夕祭が終わって笹を片付けにきたら一人でなにをしているのかな」

小鳥「あっいやそのですねー、」

引用元: 小鳥「今年こそ今年こそ今年こそ.....」高木「どうしたのかね」

【小鳥「今年こそ今年こそ今年こそ.....」高木「どうしたのかね」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 21:37:08 ID:dB6DEite0
律子(プロデューサー殿は、仕事はそれなりにできるんですがかなりの心配性です)

律子(小鳥さんもそれにつられて心配がるので、その都度こちらから声をかけて安心させてあげています)

律子「どうしたんですか?二人とも」

P「ああ、律子。実は明日の予定なんだが、どうしても俺の都合が合わせられなくってな」

小鳥「真美ちゃんが一人で現場入りしなきゃいけないんです」

律子「そりゃあプロデューサー殿は担当アイドルが多いですから、全員の予定に合わせてあげるのは難しいでしょうね」

引用元: ・P「ああ心配だ…」小鳥「心配ですね…」

【P「ああ心配だ…」小鳥「心配ですね…」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 16:04:32 ID:95LsoXt40
ピヨちゃん怒りのダイエット

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 16:14:11 ID:95LsoXt40
小鳥「わ、私の羊羹が……」

伊織「賞味期限ギリギリだったんだもの、別に良いでしょ? にひひ♪」

小鳥「はうぅ! 伊織ちゃんのそんな笑顔に比べたら安いけどでも!」

伊織「じゃ、私はレッスンに行ってくるわ。あんまり甘いものばっかり食べてちゃダメよ?」

小鳥「そ、そんなに一杯は食べてないわよ?」

伊織「嘘おっしゃい、最近丸くなってきてるじゃない。困るのはあんただから、別にいいんだけど。じゃあね」

小鳥「うう、行ってらっしゃい……行った、かな? ふふふ、こんな事もあろうかと流しの下にとっておきのどら焼きが!」

引用元: ・小鳥「ふふん♪今日のおやつは~♪」伊織「あら小鳥、ごちそうさま」

【小鳥「ふふん♪今日のおやつは~♪」伊織「あら小鳥、ごちそうさま」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 12:44:11 ID:/9dRLfne0
P「おはようございまーす」

小鳥「・・・」
律子「・・・」

P「・・・?ってあれ?なんでみんないるんだ。やよい今日オフだろ?」

やよい「そ、それは」
伊織「やよい!」

やよい「うぅ・・・」

P「ど、どうしたんだよみんな」

あずさ「・・・」
響「・・・」

美希「・・・正座するの」

P「正座?な、なんだよほんとどうしたんだ」

真「そこに正座して下さい!!」ドンッ!!

P「わっ、わかったわかった」スッ

律子「・・・どういうことですか?」

P「こっちが聞きたいんですけど・・・」

引用元: ・小鳥「プロデューサーさんがももクロのライブ映像に映っていた」

【小鳥「プロデューサーさんがももクロのライブ映像に映っていた」】の続きを読む

このページのトップヘ