アイマスSS

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 00:28:16 ID:FoZxjhO40
やよい「おはようございますー!」

小鳥「おはよう、やよいちゃん。あら、でも確か今日は……」

やよい「はい、一日お休みなんですけど、いざ休みとなるとやることがあまり無くて……」

小鳥「それじゃ、ファンレターの整理を手伝ってくれたら嬉しいんだけど……」

やよい「勿論です……あ、その前にプロデューサーに挨拶してきますね」


やよい「プロデューサー! おはようございます!」

P「……」カタカタ

やよい「プ、プロデューサー? あの……」

P「……」カタカタ

やよい「あ……お仕事の邪魔ですね……すみません……」

【P「やよいを無視し続けたらどうなるか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 16:44:02 ID:ocdBGADs0
P「ああ、タイトルでわかるとおりバナナマンの冠番組だな。BSだが見たことないか?」

雪歩「はい・・・・。」

P「そうか、結構視聴率はいいらしいんだがな。」
P「その番組から出演オファーがきた。お偉方直々にな。」

雪歩「わ、わたしにですか?!」

P「ああ。萩茶のcmを見たらしくてな。褒められて俺も鼻が高かったぞ。」

【雪歩「21世紀バナナ大使・・・・ですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25 02:02:43 ID:ar2gMhWB0
やよい「みんなで楽しそうにお話してるんですけど、私が来たら急に静かにしたり…」

やよい「なんの話ですかー?って聞いても、皆『なんでもない』って言ってどっかいっちゃうんです」

P「そうか…いつからだ?」

やよい「うーんと、一週間くらい前からです…」

P「………」

P「(そりゃお前の誕生日会をサプライズで準備してるからだよぅ)」

やよい「みんなどうしちゃったんでしょう…」シュン

【やよい「最近事務所のみんながよそよそしいかなーって」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02 11:56:19 ID:r6qFDX5o0
P「ああ、ゴミと認識した物を木に変える能力らしいぞ」

春香「ちょっと意味がわかんないです」

P「ま、モノは試しだ」パァアア

春香「わっ!?」

春香「な、何したんですか!?プロデューサーさん!」

P「ほい、ゴミ…それを手に覆ってみろ」ポイ

春香「こ、こうですか…?」パァア

ニョキニョキ

春香「わっ!?プロデューサーさん!!木が生えてきましたよ!!」

P「そういう力だからな」

P「ちなみに大事が起こらないように手で覆えるものに限定されているぞ」

春香「信じられない…こんなことってあるんですね」

P「まあ俺も最初は信じられなかったからな」

【春香「ゴミを木に変える力…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 代行ですぅ 2014/02/10 07:01:57 ID:QAenTJi/0
小鳥「だから事務所に入れるわけにはいかないんです」

P「溶け出したって本当に溶けたんですか?」

小鳥「そうなんです!春香ちゃんのクッキーを一緒に食べてた雪歩ちゃんの体が急にドロドロと溶け出して……異常事態なんです!私にも何が何やらわかりません!」

小鳥「私は必死に逃げて……でも真ちゃんがまだ中に残っています、だから事務所の前から動けなくて」

P「なんだって!?」

【P「みんなの体がゼリー状になって溶けているだって?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11 16:46:44 ID:EMJFWv340
P「レッスンお疲れ、やよい」

やよい「プ、プロデューサー……あまり、近づかないでください」

P「えぇっ! 俺、やよいに何か悪いことしたかな」

やよい「そうじゃなくて、レッスン終わったばかりで……その」

P「?」

やよい「汗臭いと思います、私」

P「俺はそんなこと気にしないぞ」

やよい「プロデューサーは気にしなくても、私が気にするんです!」

P「あ、やよい……行ってしまった」

小鳥「プロデューサーさんは何も分かっていませんねぇ……はぁ」


こういうのか

【P「やよいが思春期になった…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28 10:45:15 ID:V/zg2iYmO
律子「なんでもストーカー対策らしいわよ」

千早「大変ですね」

真美「え→!だったら番号教えといてくれればいいのにぃ~」

春香「プロデューサーさーん」ピンポーン

亜美「あっはは、はるるん兄ちゃん今仕事だから家に居るわけないよ→」

春香「あっ!そっかぁ」

【真美「あれ→?兄ちゃん家のカギ暗証番号式にしたんだ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03 13:12:34 ID:mIA5dita0
美希「ほんとの事言わないとハニィを殺してミキも死ぬの。」

P「お、落ち着いて美希。それは今度担当する事になった新人アイドルで…」

美希「嘘なの!この女に電話かけたらハニィの事ダーリンって呼んだの!ハニィのうそつき!」  ブスッ!

P「ギャアアアアア!」

【美希「ねぇハニィ。ハニィの携帯の履歴に残ってるこの女は誰なの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23 10:25:24 ID:TDP/Ayeo0
音無「東洋、西洋問わずに妖怪の力を得てしまいました」

P「なんでそんなことが……」

音無「実はかくかくじかじか……」

P「つまり、社長が怪しい商人から買ったビデオを事務所で見た結果…ということですか?」

音無「はい」

P「なにやってんだあいつ……」

音無「ちなみに、私は>>8の力を得てしまいました」

【P「アイドル達が妖怪の力を?」音無「はい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/20 10:28:33 ID:HYQi3NC80
佐村河内P「新任のプロデューサーの、佐村河内だ」

春香「よろしくお願いします」

佐村河内P「よろしく」

高木社長「佐村河内君は、耳が聞こえないが有能だからね」

春香「え? でも今、返事してましたよ?」

【佐村河内守「ここが765プロか……」】の続きを読む

このページのトップヘ