アイマスSS

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21 21:26:50 ID:IOjnJmU30
やよい「あ、ハエだ」

伊織「え、嘘」

やよい「このへんに生ゴミなんてないのにね」

伊織「鬱陶しいわねこのハエ」

やよい「捕まえてあげる!」

伊織「無理よ…すばしっこいのよコイツ」

やよい「んー、………………えい!!」ムンズ

伊織「掴んだ!?」

やよい「ハエさん潰れちゃった」グチャー

伊織「ひっ…」

【やよい「うっうー!動きが止まって見えます―!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21 21:56:23 ID:3X4957IZ0
事務所。

P「なぁー律子」

律子「はいはい、なんです」

P「この後開いてる?」

律子「何でですか?」

P「いや、夕飯でも!ってさ」

律子「ほー、良いですねぇ」

律子「…へ?」

【律子「ないない、それはない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15 22:13:22 ID:NbQk9XyZ0
もやっしー「もやっしーやっしー!」

子供達「もやっしー! もやっしー!」

もやっしー「もうそろそろお別れの時間やっしー! バイバイやっしー!」

子供達「え~!」

やよい「相変わらずすごい人気だなあ、もやっしー」

【やよい「あ! もやっしーだ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15 11:36:33 ID:GzuewQnO0
都内ファミレスにて

貴音「ちょっ、ちょっと!馬鹿にしないでよぉ!」

友達「やーだー!テレビでこーゆーふうにしてんの貴音のほうじゃ~ ん!」

友人「『まこと、美味しゅうございました。』ってなによ~!貴音の柄じゃないわよ~?」

貴音「あ、あれはそういうスタイルでやってるんだからしょうがないじゃない!」

友人「しかも月から来たって設定もなかなか厳しいよ~?」

友達「充分かわいいのに色々つけ加えすぎ~」

貴音「し、仕方ないじゃない!だってウチの事務所のみんな個性強すぎるんだもん!2人とも765プロのこと知ってるでしょ!?」

友人「知ってるわよ~。え、じゃあ天海春香って本当にすぐ転ぶの!?」

貴音「転ぶわよ」
友達「萩原雪歩ってすぐ穴掘るの?」
貴音「掘るわよ」
友人「如月千早の胸って小さいの?」
貴音「小さいわよ」
友達「貴音ってキャラ作りしてるの?」
貴音「本当…って違うわよ!私はそういうスタイルなの!」

友人「やっぱりそうじゃ~ん!」

友達「おwwwお腹痛いwwwwww」

【友人「面妖な!だってさwwwww」貴音「!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/12 00:35:51 ID:wajlonyd0
響「なあなあ、プロデューサー?」

P「んー?どうした?」

響「どうして、男の人の肩幅は大きいんだ?」

P「それはな響、男性は鎖骨と肩の筋肉が発達するからだ」

響「さこつ?」

P「首元から左右に伸びるこの骨だよ」ツンツン

響「うぎゃー!朝からどこ触ってるんさー?!」

P「ああ、悪い悪い。でもわかってくれたか?」

響「あ、うん……ありがとうだぞ!」

【貴音「身体のギモン」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30 19:51:10 ID:gCYOSmcA0
~千早の自室~

千早「どうしてこんなところに……? 宙に浮いてる?」

千早「…………? ど、どこかに通じてるのかしら……」

ヒョコ

ドラえもん「やあ」

千早「」

ドラえもん「こんにちは、ぼくドラえもんです」

千早「」

【千早「……? なにかしら、この輪っか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/12 01:16:13 ID:FHAz/SNp0
P「実は俺の彼女です」

真「へへっ///」

美希「えっ」

P「嘘です」

真「えっ!?」

美希「えっ」

P「えっ?」

【P「ここに真が居ますね?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/12 16:21:48 ID:FHAz/SNp0
真「無理です不快ですから死んで下さいというか死にます」

千早「私ならいつでも結婚しても……」

P「お前は呼んでない帰れ」

真「あ、千早。今度その、デートでも……」

千早「ごめんなさい。生理的に無理だから……」

【P「真!好きだ結婚してくれ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29 20:01:49 ID:G9oGvtIR0
貴音「どうされたのですか?」

千早「四条さん……ちょっと、頭が痛くて」

貴音「そちらの棚に頭痛薬が入っています」

千早「飲もうかしら……ありがとうございます」

貴音「いえ」

カタン

千早「四条さんは何をしてるんですか?」

貴音「読書を。ここは事務所の隅ですから、人通りが少なく落ち着くことができます」

千早「そうですか……」

【千早「はぁ……頭痛い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/08 01:04:45 ID:yDIR5IIw0
美希(ま…まさか…何を言ってるのこの人!?)

美希(PがPだと言うはずがない ヘンなヒトだと思ってたけどマジでおかしいの?)

美希(ま…まずい 動揺しちゃだめなの もし本当にPだったら…)

美希(とにかくここは場末の売れないアイドル 星井美希として自然な行動を取らないとなの…)

【P「私はPです」 美希「!?」】の続きを読む

このページのトップヘ