アスナ

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 21:31:21.09 ID:BI6GvABj0
エギル「……どうしてそう思ったんだ?」

キリト「え、だって家にお呼ばれされて手料理作ってくれたし、無理矢理パーティ組まされるし、お弁当作ってきてくれたし、ボス戦終わった後抱きつかれたし……絶対好きじゃね?」

クライン「……まぁ……そうだろうな(…自慢か?)」

エギル「よかったじゃねぇかあんな美人さんに好かれるなんてよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1389961880

【キリト「アスナって俺のこと好きなのかな?」クライン「……」エギル「……」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/12/23(月) 22:02:35.24 ID:dm5hJ0yi0
アスナ「一人で部屋に引きこもってる非リアでぼっちなキリトに素敵なプレゼントがやってきた!果たして、その正体は……!?」

キリト「……」カチカチ

アスナ「じゃじゃーん!あなたの正妻みんなのズリネタwwwwwwwwwwwww」

アスナ「淫乱ミニスカノーブラノーパンヤりたい盛りのセクシーサンタwwwwwwwwアスナちゃんだよーwwwwwwwwwwwwwww」

キリト「……」カチカチ

アスナ「ねぇねぇキリト君キリト君!今日は天皇誕生日なんだからエッチとか淫行とかしようよ!夫婦なんだからwwwwwwww子・づ・く・り・しましょ?」

キリト「……」カチカチ

アスナ「……」

キリト「……」カチカチ

アスナ「……ヘーイ提督ゥ」

キリト「!」ビクッ

アスナ「あーーーーーーーー!浮気だ浮気だ浮気だ浮気だやっぱり浮気してたんだ!キリト君のエッチ馬鹿変態!脳内ピンクの海綿体!」グスッ

【アスナ「キリト君、メリークリト○ースwwwwwwwwwwwww」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/09/28(土) 12:36:15.52 ID:BOfSDTNp0
アスナ「私ね、ユウキの事が好きになったの…だから別れてキリト君…」

キリト「女同士の恋愛だって…?まぁお前がそうしたいならそうしろよ。今までありがとうなアスナ」

【アスナ「キリト君と別れようかな」キリト「え?別に良いけど?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/08/26(月) 06:42:10.86 ID:y2dqLq700
キリト「ノーメイクだとぶっちゃけ可愛くない。それに少し臭い」

アスナ「」

シリカ「キリトさん!目の前にアスナさん居ますよ!」

【キリト「アスナがゲーム内とイメージ違う」】の続きを読む

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 16:21:27.42 ID:/fz7sarEo
文枝「それでは参りましょう。新婚さんいらっしゃーい!」 

テーテテーテテーテーテテレレッテテテー 
パチパチパチパチ 

山瀬「どうぞー」 

文枝「こりゃまたえらいべっぴんさんと……女の子?」 

キリト「」 

ドッwwww 

アスナ「プフッwwwwwwww」 

文枝「それはさておき。お名前とお年からどうぞ」 

キリト「埼玉県川越市から来ました。桐ヶ谷和人23歳です」 

アスナ「妻、明日奈。24歳です」 

文枝「いやー若いとは思ってましたが意外と年いってまんな。いや悪い意味じゃなく」 

山瀬「ほんとに、まだ十代に見えますね」


【キリト「埼玉県川越市から来ました。桐ヶ谷和人、23歳です」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/13(土) 22:30:41.28 ID:3mTHb13t0
75層ボス攻略前のある日

アスナ「キリト君、大変!」
キリト「どうした、アスナ?」
アスナ「これ!これ見て!」
キリト「ん?新聞か・・・また俺たちの噂話でも書いてあるんじゃなかろうな・・・」ペラ
新聞「新たなユニークスキル発見される!」
キリト「これって・・・」
アスナ「そう。新しいユニークスキルが見つかったみたいね。なんでもSAOらしくない、まさにユニークスキルって感じらしいわよ。」

【ウメハラ「ソードアートオンライン?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/06(火) 10:24:50.18 ID:qIrwGWfI0
キリト「ふざけんなよちくしょうッッ!!!!」

アスナ「え…どうしたのキリトくん…?」

キリト「どうしたのじゃないんだっつの!! なんなんだこれ!?」ウルウル

アスナ「…なんなんだって……その」

キリト「ちくしょう…馬鹿にしやがって…茅場晶彦…!!」ワナワナ

アスナ「…そんなに怒る事かなー?」

キリト「怒るよ!! だって見えないんだもん!!」ウルウル

アスナ「………えー…」ジトッ

キリト「………ぱんつの下が…なんでモザイクなんだよぉ……」ブワッ

【キリト「どういうことだよッッ!!!!」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/11(火) 23:09:14.32 ID:M2woQdlM0
アスナ「びっくりしたーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww?」

キリト「」

アスナ「ん?ん?あまりのドッキリ具合に言葉も出ないのかなwwwwwwwwwwwwwwwwww?」バッバッ

キリト「」

アスナ「し、死んでる……」

【アスナ「キリト君の端正なお顔にバケツプリンどーんwwww」グチャッ】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/26(日) 20:54:19.78 ID:QojioY4i0
キリト「へえ、よかったな」

アスナ「でもこれなんなんだろう?」

アスナ「呪われたりとかはなさそうだしちょっと付けてみようかな」

アスナ「……ん?」

アスナ(スキルが増えた?)

アスナ「なっ!?」

キリト「?」

アスナ(の、覗き見スキルレベルMAX!? なにこれ!?)

【アスナ「なんか凄そうなアイテムドロップした」キリト「?」】の続きを読む

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/24(金) 15:30:01.72 ID:MhlUXkPw0
アスナ「えっ」

キリト「あれからいい装備が見つからなくてさ……」

アスナ(まぁキリトの匂いは十分堪能したし……いいかな)

アスナ「分かったわ。ちょっと待ってて」

アスナ(とりあえず適当な装備に変えて、借りてた装備をキリトに渡して……っと)ピッポッパ

キリト「ちょ、ちょっとアスナ!」

アスナ「なに?」

キリト「な、なにってその……な、なんでそんな装備を?」

キリト(なぜ水着……しかも結構きわどい。アスナってそういうのが趣味なのかな? というか俺には刺激が強すぎる!)

アスナ「なんでって……キリトに装備を渡すために適当な装備にしただけ。ねぇ、なんで顔そむけたりしてるのよ」

キリト「自分の姿を見れば分かる」

アスナ「自分の姿?」

アスナ「…………」

アスナ「い、いやああああああああああっ!」

【キリト「アスナ、この前貸した装備そろそろ返してほしいんだけど…」】の続きを読む

このページのトップヘ