伊織

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 01:33:22.34 ID:WH4uZYoH0
伊織「いいのよ、私はネギと天かすがいっぱい乗ったぶっかけうどんが好きなんだから」

真「後の人のことも考えなよ……」

伊織「ちゃんとこういうとこにも気を配って、なくなる前に補充するのが一流の料理人ってもんでしょ? 」

真「トッピングがセルフサービスな時点で一流を期待してる人いないって」

伊織「それ、店員に失礼じゃない? こういう形式の店にもこういう形式の店なりに一流二流のランクはあるはずよ」

真「そりゃそうかもしれないけど」

伊織「ならちゃんとしたサービスを期待するのは当然ってもんよ、そもそも補充出来ないならこんなことしないはずでしょ?」

真「そりゃそうだけど、こんな昼の混み合う時間帯じゃ店員さんも気付くの遅れるかもしれないだろ?」

やよい「あの……早く食べないと、おうどん伸びちゃうよ?」

伊織「ああもう、アンタがどうでもいいことばっかり言うせいで天かすがふやけちゃったじゃない!」

真「人のせいにするなよ! ボクは普通一般的なことを言っただけで……また天かす足してるし!」

伊織「サクサク感がなきゃ意味ないの、ちゃんと残さず食べるんだから私の勝手じゃない」

二人は言い合いながらも楽しそうにおうどんを完食しました。
そうそう、真さんはその後もう一杯注文してまた伊織ちゃんと言い合いになってたんですよ、仲良しですね!

おわり

【真「伊織、タダだからってネギと天かす入れ過ぎ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31 13:46:05 ID:r3k+o3wg0
P「いや、ちょっとコンビニへ行きたいなーって……」

伊織「欲しいものがあれば執事に行かせるわよ」

P「……と言うか、そろそろこの部屋から出たいというか……もう3日は缶詰で……」

伊織「ダメよ」

伊織「あんたは私と一緒に、この部屋で過ごすんだから」

P「………」


いおりんと一緒にラブラブ生活をしたい

【伊織「あんた、どこに行く気?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 00:15:05 ID:mzNx3o0xO
――765プロ事務所
――AM10:00

P「」

小鳥「!?」ガタッ

P「」

雪歩「えへへ…プロデューサーとの…赤ちゃんですぅ///」ナデナデ、ナデナデ

P(雪歩がお腹をさすってる…何故だ…俺は雪歩とはヤってはいないはず…)

雪歩「えへへ…///」

【雪歩「赤ちゃん…出来ちゃいました///」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/16(水) 23:30:03.90 ID:tW+kZMfQ0
「さぁ、またもや帰ってきたました」


中居「さぁまたまた復活うたばんなわけですけれども」

石橋「何やら前回の放送がえらく好評であったということでっ」

中居「人気のAKBと嵐、それと765プロから…」

石橋「天海と安仁屋がね」

中居「我那覇ですねwww」


よろしくお願いします

【伊織・あずさ・亜美「うたばん?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 16:26:45.94 ID:mGtIV97j0
はい

【伊織「何が欲しい?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29(月) 21:21:38.46 ID:X6sYJxkc0
伊織「と言うわけで隣座るわよ、響」

響「構わないぞ」

伊織「はぁ、やよいとあっちについてからの話をしようと思ってたのに」

響「仕方ないさー。765プロで取った席ならどこに座ってもいいって言ってたからな」

伊織「…早い者勝ちってことね」

響「……って、千早?」

【伊織「やよいの隣を千早にとられたわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:19:08.12 ID:5zIIQUEa0
―早朝―

伊織「はぁ……はぁ……」

伊織「早起きして卸売市場まで来ちゃった……」

伊織「でも手に入ったわ……朝一で入荷した静岡産高級豚肉……」

伊織「一旦家まで戻って……準備して……決行ね……」

伊織(ドキドキするわ……)

伊織「きゃっ!!」

伊織「な、何よ……こんな所に祠なんてあったかしら……?
  つまずいちゃったじゃない!」

伊織「見たところ壊れてはいないみたいだし……」

伊織「そのままにしても……大丈夫よね?」

伊織「急がなきゃ」

祠「」

【伊織「呪いのお弁当」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/09(火) 01:09:39.53 ID:XR0QQ6kh0
    ,。、_,。、 
   .く/!j´⌒ヾゝ
    ん'ィハハハj'〉   エヘヘ……
.    ゝノ´ヮ`ノノ

【伊織「今日はあんた一人なのね」貴音「ええ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/21(日) 00:28:04.83 ID:hNqg5rjQ0
伊織「今だけ袋詰め放題」

P「やめろって!俺を袋に詰めるな!」

伊織「いいじゃないの。持ち帰るんだから」

P「まずその考えがおかしい!」

伊織「おかしくないわ!ビジョナリー知らないの!?」

P「知ってるけどさぁ…お菓子やお洋服が詰め放題だからな!?」

【伊織「ナナナイナイショのチャンスナーイト♪」P「やめてくれ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 04:53:22.82 ID:lOWk+5hN0
伊織「……ねぇ」

美希「…………」

伊織「ちょっと」

美希「……た」

伊織「……た?」

美希「たいよぉけ~ん……むにゃ」

伊織「」プチッ

伊織「いつまでも楽屋で寝てんじゃないわよ!」バン!

美希「ひゃあ!?」

【伊織「あんたが憎い」】の続きを読む

このページのトップヘ