森夏

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 23:55:58 ID:oDLNOAt30
学校――


森夏「おはよ、富樫君」

富樫「おう」

森夏「今日は小鳥遊さんと一緒じゃないんだ、珍しい」

富樫「……」

森夏「って無視しないでよ……」

富樫「……そ」

森夏「え?」

富樫「に……そ……」

森夏「ちょっと富樫君?どうしたの?」

富樫「にぶ……そ……」

森夏(な、なんか怖い……)ゾクッ

富樫「にぶたそ~」

【森夏「ちょっと富樫君?話聞いてるの?」勇太「……」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02 00:19:29 ID:QzMy/SCCO
森夏「へへー♪びっくりした!?」ウニウニ

勇太「や、やめろやめろ」バッ

森夏「えーそんな必死に抵抗しなくてもいいじゃん」

勇太「するわっ!」

森夏「友達がいる前だと、恥ずかしい?」

【森夏「とーがし君っ♪」勇太「うおっ!?」】の続きを読む

9: ぺろぺろ紳士 ◆p51RVEp752 2014/01/14 22:33:01 ID:Jm8DxqAJ0
森夏「ば、ばかなこと言わないでよ。」

勇太「おれは本気だぞ。」

森夏「///」

森夏「あ、あなたには小鳥遊さんがいるじゃない!///」

勇太「そうだったな。」

勇太「邪魔したな。丹生谷。忘れてくれ。」

森夏「///」カァァァ

【勇太「黒髪の丹生谷って可愛いな」森夏「え///」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/16 00:38:56 ID:P8FUQ9XH0
ーー2限、体育館


森夏「もうっ、誰も後片付けしないんだから」

森夏「使ったものくらい、ちゃんと片付けなさいよね……」


一色「勇太、早く飯食い行こうぜ」

冨樫「あ、あぁ」

冨樫「……」チラッ


森夏「……」ヨッコラセ


冨樫「……」

一色「どうした?」

一色「……おっ、さすが丹生谷。率先して後片付けとは」

冨樫「……」スタスタ

一色「おい、勇太?」

【森夏「冨樫くんの背中、あったかいね……」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12 17:20:27 ID:i2zfpJSI0
一色「最近ラノベの定番はこれなんだよ。ヒロイン全員から好かれる主人公」

勇太「へぇ、すごいな。モテモテじゃん」

一色「幼馴染や理事長の娘とか男の娘、実の妹からも好意を向けられている」

一色「それでいて主人公は鈍感で女の子達の気持ちに気づかないんだ!」

勇太「罪な奴だなぁ」

一色「……それお前が言えるか?」

勇太「おいおい何言っているんだよ、俺のどこがハーレム主j」

六花「ゆうたぁ」

勇太「ん?どした六花」

六花「プリーステスのお弁当にまた赤い果実が……食べて」

勇太「はぁ、分かったよ。ほれ」アーン

六花「ん、ありがと」

勇太「んぐ、で何の話だっけ?」

一色「……」

【勇太「ハーレム主人公?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 20:01:53 ID:wbEemyA/0
森夏「ちょっと……どうすんのよこれ」ギチギチ

凸守「な、なんとかしてほどけないデスか?」グイグイ

森夏「ちょ馬鹿! 無理に引っ張ったら余計きつく締まるでしょうが!」

【森夏「私の髪と凸守の髪が絡まってほどけなくなった」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09 07:57:32 ID:EhqgRla60
森夏「……」

勇太「おい、聞こえてるか?」

森夏「あぁ、うん……。大丈夫……」

勇太「って言ってもお前めっちゃしんどそうな顔してるぞ」

森夏「平気だってば……。健康よ健康……」

勇太「平気な人間はそんなテンション低くならないだろ。どうしたんだ?熱でもあるのか?」

森夏「うっさいわね……。平気だって言ってるでしょ……」イライラ

くみん(あぁ、モリサマちゃんあの日かなー)

六花(ブラッディウィーク……)

凸守(血の月齢祭デースね……)

【勇太「ん?丹生谷、具合悪いのか?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02 00:19:29 ID:QzMy/SCCO
森夏「へへー♪びっくりした!?」ウニウニ

勇太「や、やめろやめろ」バッ

森夏「えーそんな必死に抵抗しなくてもいいじゃん」

勇太「するわっ!」

森夏「友達がいる前だと、恥ずかしい?」

【森夏「とーがし君っ♪」勇太「うおっ!?」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08 22:01:45 ID:d5zmHaSs0
森夏「そうかしら?」

六花「いつもと違う様子だった 多分少し疲れてる…原因は不明」

凸守「マスターに心配かけるなんて契約者の風上にも置けないデス!」

くみん「富樫くんもいろいろあるんだよ~むにゅむにゅ…」zzz

森夏「ま、まぁ大したことないわよ」

六花「……」

【六花「勇太がやつれてる…」森夏「え?」】の続きを読む

このページのトップヘ