美希

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/12/14(金) 20:24:02.99 ID:rBVkNii20
美希「もうハニーとは喋らないの!」

P「なんでだよ!」

美希「言わせないでよ!」

美希「ハニーとは話さなくたって言葉が通じるからなの!」

P「美希……」

美希「ハニー……」

ーーーーーー
----
--

P「…………」

美希「…………」

小鳥「な、何があったの……!?」

小鳥「あの二人が口を利かないなんて……!」

【美希「金輪際口を利きたくないの!」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/25(日) 21:32:09.16 ID:RwNB3gxw0
ナレーション「マツコ、星井美希の怒り新党ぉー」

ナレーション「有権者の皆様にまず申し上げたいのはこの番組が国民からの怒りメールを元にマツコ幹事長と星井美希特別顧問が好き勝手にトークをするという事です」

『国民の怒りを元にマツコと星井美希が新党のマニフェスト作りをする番組!!』

マツコ「こんばんは」

美希「こんばんはなの」

マツコ「…………」

美希「……?」

【美希「ミキ、怒りしんとーなの」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/23(金) 22:34:09.73 ID:93/1wA190

伊織「……え?」

美希「どうしたの伊織ちゃん」

伊織「い、いつもみたいにでこちゃんって言わないの?」

美希「うーんとね、それは……」

春香「おはよーございまーす」

美希「あ、春香!おはようなの」

春香「美希、おはよう!何してたの?」

美希「でこちゃんと話してたの」

伊織「そ……そうなの、美希の相手をしていたのよ(なんなの…)」

春香「そういえばでこちゃんって呼んでるの美希だけだよね」

【美希「伊織ちゃん」伊織「だからでこちゃんって…」】の続きを読む

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/23(金) 01:26:23.68 ID:6b0/Bs310
『婚姻届なの!』

美希「11月23日……勤労感謝の日!」

美希「ミキの誕生日でもあるの!」

美希「長かった……長かったの……」ジーン

美希「15歳は日本じゃ結婚できなかった!」

美希「法律なんてくそくらえってカンジ!」

美希「でもミキは16歳になったの!」

美希「ついに……ついにこれを使う時が来た!」ゴソゴソ

美希「それは……」

美希「婚姻届なの!」バッ

【離婚届】

美希「ま、間違えたの!」

【美希「婚姻届なの!」】の続きを読む

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/04(日) 16:34:34.87 ID:tQdm37hPP
ガチャッ
美希「おはようなのー!」

美希「あれ? 誰もいないのかな、ハニー?」

美希「むー、一人じゃつまらないの。……あれ? 会議室、電気付いてる」

美希「社長さんかな……声が」

美希「んー聞こえずらい……」


P「……菜緒」

美希「え? ハ、ハニー……? な、菜緒ってお姉ちゃん……ち、違うの! きっと違う菜緒さん……」

菜緒「プロデューサー……」

P「……あぁ」

菜緒「……美希のことは、もう……」

美希「……え?」

菜緒「だから……もっと……」

P「あぁ……」

美希「う、嘘なの……そ、そんなの嘘なの!!」

【美希「ハニーをお姉ちゃんに寝取られたの……」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/28(土) 21:27:14.83 ID:MzRvj/D+0
俺は765プロのプロデューサー
現在12人のアイドルをプロデュースしているが、彼女達は俺の事をプロデューサーとは思っておらず
俺は日々悪質な嫌がらせを受けている

―Pの部屋―

P「~♪」カチカチ

どうも、プロデューサーのPです。
何で事務所じゃなくて俺の部屋からのスタートなのか…それは、今日は仕事が休みだからだ。
本来、プロデューサー業に休日など無いのだが、俺は週に一度は休日を設けている。ズル休みというやつさ。

刹那「動けエクシア、動いてくれ…ガンダァ――ムッ!!」

P「あ"ーイライラする…フルクロス多すぎだろ…」ビキビキ

ピンポーン

P「誰だよ、こんな朝っぱらから…」スタスタ

P「んだよオラァ!!」ガチャ

美希「おはようなの、ハニー♪」

P「帰れ」

ガチャ

【美希「おはようなの、ハニー♪」P「帰れ」】の続きを読む

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/26(金) 01:59:40.79 ID:WIy0ZR3M0
■夕方、PM4:06
765プロダクション――

ガチャリ

美希「……あれ?だれもいないの?」

P「すぅ……すぅ……」

美希「あっ、ハニー!」

【美希「ただいま戻りましたなのー!」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/10(金) 01:19:39.69 ID:7XOMA9w80
春香「美希はホント素直でうらやましいよ…」

美希「そんなにうらやましいの?」

美希「だったら春香も素直になればいいと思うな」

春香「できたらとっくにしてるんだけどねぇ」

美希「美希はハニーがいればなんでもできるの」

【美希「ハニー大好きなの」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/22(月) 13:51:29.99 ID:gUgy/qr20
タンタンタンッ

事務所の階段を登る。通い慣れた階段だ。最初は長くて苦しかったこの階段も、今では軽快に登りきることが出来る。

(今日はハニーに謝らなきゃいけないことがあるの。だから……)

今日はそのために、朝早く来たのだ。心なしか、足に力が入る。
扉の前で深呼吸。ちょっと緊張してしまう。

(ハニー、許してくれるかな? 大丈夫だよね……。だってハニーだもん!)

ガチャ

美希「おはようございますなの!」

【P「誰だお前?」美希「そんな……ひどすぎるの!」】の続きを読む

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/14(火) 15:55:15.89 ID:YiCGqUaZ0
吾輩は猫である。名前はねこ太郎。
元はアイドル事務所でプロデューサーをやっていた。

春香を助けようとして奈落に落ちた俺は
お釈迦様に畜生道に落とされ、今は響のペットとして
なんとか食いつないでいる。


響「猫太郎!それじゃあ自分、仕事に行ってくるからな」

P「ニャー(俺も連れて行け)」

響「なるべく早く帰ってくるから寂しがらないでくれよ。自分も寂しいんだぞ」


響が動物の言葉を解するというのは、どうやら本人の思い込みらしい。

【美希「ハニーが奈落に落ちてから植物状態なの」】の続きを読む

このページのトップヘ