このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25 09:13:30 ID:yIvgMWHe0
れんげ「机の角にまたがってどしたん?」

蛍「こ、これは……その……///」

れんげ「あーっ!」

蛍「ひぃっ!?」ビクッ

蛍(れんちゃんに私がセンパイの机でオ○ニーしてるのバレた……。センパイに嫌われちゃう……)

れんげ「新しい遊びなんな!?うちにも教えて欲しいのん」

蛍(やった、バレてない……。そうだよね、れんちゃんまだ小学一年生だもん。でも、誤解はされてる……)

れんげ「ほたるんばっかりずるいのん。うちにも教えてー」

蛍(何か上手な嘘でごまかして切り抜けないと……)

蛍(そうだ!;" class="anchor">>>990とごまかしてこの場を切り抜けましょう!これならきっとれんちゃんも納得してくれるはずです♪)

【れんげ「ほたるん、こまちゃんの机で何してるん?」蛍「え、えっと…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21 19:38:33 ID:m0BRvTxg0
ミーンミンミンミンミーン ミーンミンミンミンミーン

れんげ「みんなーはやくこっちくるーん!」

蛍「ま、まってよーれんちゃん」

夏海「れんちょん、こういうの本当に速いよな」

れんげ「むほーー!!!サワガニいっぱいいるーん!!」

夏海「あんなにスタコラと降りられちゃ、足腰に自信のある夏海ちゃんでも追いつけませんね」

小鞠「うっ…ちょ…せっかくおしゃれしてきたのにー!」

蛍「先輩?大丈夫ですか?足元、滑りやすいので気を付けてくださいねー」

夏海「よっと!あはは!ねーちゃん、おっそーい!あとはねーちゃんだけじゃん」

【蛍「こま先輩が!私のお弁当を!食べてる!!むふううううううう!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24 20:40:17 ID:aLh8fbZ6P
れんげ「ほたるんは何でこまちゃんを膝の上に乗せてるのん?」

蛍「こうすれば、授業中でもセンパイに勉強を教えてもらえるんだよ」

小鞠「それに、私もほたるソファーでぬくぬく♪」

蛍「一石二鳥です」

小鞠「だよ」

蛍・小鞠「ねー♪」


れんげ「そんな笑顔で答えられても困るのん」

夏海「うぜえ」

【夏海「姉ちゃんとほたるんがうざい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/14 00:43:22 ID:tx5bmK0+P
夏海「夏海ちゃんは近所でも評判の美人中学生だよ」

夏海「この世のすべての犯罪者は」

夏海(たとえ転校生だろうが小学5年生だろうが)

夏海「決して容赦することなく警察に通報するくらいの心構えだよ」

【夏海「名探偵っスか!?夏海ちゃん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 20:01:38 ID:YqZ6tIv40
夏海「今週、街に出るの楽しみだよなー」

小毬「はあ…あんたはどうせ食べ物目当てでしょうが」

れんげ「うちも楽しみなん!むっふー」

蛍「あれ、みなさんどこかお出かけなさるんですか?」

小毬「どこかって半年に一遍の座談会だよ…?」

蛍「…?」

蛍「…」

蛍「座談会?」

れんげ「もしかして、ほたるんは座談会いかないのん?」

【れんげ「ほたるんは座談会いかないのん?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02 01:29:46 ID:HQwSlq8X0
小鞠「ながかしっていた学校はどったら雰囲気でしただな?」

蛍「え!? えーと……」

夏海「東京の学校はやっぱりわらしの数ががいだはんですか」

蛍「そ……そーですねぇはは」

れんげ「外でむつけら中当てばするべし」

蛍「え、な、何?」

【蛍「田舎に引っ越したけど訛りがきつすぎて意思疎通できない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:04:55 ID:CcExbJCK0
蛍「はい。お待たせしましたー」

小鞠「ごめんね。うちの朝食作りを手伝わせちゃって」

蛍「いえいえ。泊まらせてもらったんですから、これくらいはー」

夏海「姉ちゃんの言うとおりだよ。ほたるんはお客様だから、ウチみたいにゆっくりしてていいのに」

小鞠「いや、あんたは手伝いなさいよ」


………


夏海「うおっ!?なにこれっ!?」

小鞠「蛍が作った卵焼き甘い~美味しい~」

兄「」ウン

雪子(夏海母)「本当だね。すっごく美味しいよ。蛍ちゃん」

蛍「いえいえ、そんな。私なんてまだまだですよ」

雪子「嫁に欲しいくらいだわー」

蛍「よ、嫁なんてそんなー//」カァー

雪子(兄ちゃんの嫁にね)
蛍(センパイの嫁…えへへ//)

【蛍「センパイと夢の結婚」小鞠「ん?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22 01:59:42 ID:aCQKmhv40
れんげ「みんなにも撃ってみたいん」

【れんげ「もううさぎにボウガン撃つのは飽きたん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16 22:18:38 ID:tGWmtovY0
蛍「100個目のこまぐるみ(小鞠センパイぬいぐるみ)が出来た~♪」

蛍「今回はセンパイの5倍の大きさに作っちゃった」

蛍「今日からこのこまぐるみをベッド変わりにして寝ようっと♪」

蛍「えへへ~夜が楽しみだな~えへへ~」




蛍「よし!疲れちゃったし55号こまぐるみソファで、センパイに抱っこして貰いながら休憩しようかな」


ボフッ


蛍「いいなーこまぐるみいいなー」

蛍「えへへ~」

【蛍「わーい♪100個目のこまぐるみが完成~♪」】の続きを読む

このページのトップヘ