雪歩

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15 21:10:32 ID:WcAA8XB50
ガチャ

春香「ただいまー」

P「おかえりー」

春香「あれ?プロデューサーさんまだいたんですか?」

P「まだいた、とは……?」

春香「え?今日は響ちゃんの撮影の方観に行くって言ってませんでした?」

P「あっ!忘れてた!」

春香「早く行かないと響ちゃんすねちゃいますよー」

【P「若年性アルツハイマー?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 16:44:02 ID:ocdBGADs0
P「ああ、タイトルでわかるとおりバナナマンの冠番組だな。BSだが見たことないか?」

雪歩「はい・・・・。」

P「そうか、結構視聴率はいいらしいんだがな。」
P「その番組から出演オファーがきた。お偉方直々にな。」

雪歩「わ、わたしにですか?!」

P「ああ。萩茶のcmを見たらしくてな。褒められて俺も鼻が高かったぞ。」

【雪歩「21世紀バナナ大使・・・・ですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/08 00:54:28 ID:paukcm/hO
P「やっぱ生肉は危険だよな」

【P「雪歩が焼肉屋でユッケ食べて食中毒に当たった?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04 11:02:08 ID:5EItw2m10
雪歩「うぅ……立春なのに寒いですぅ……! 早く事務所に」ガチャ


ゴオオオオオオオオオオォォォ……!!!


雪歩「」

雪歩「ええっ!? どうして事務所の中に吹雪が吹き荒れているんですかー!!」

律子「雪歩! そんな装備で入っちゃダメ!」

雪歩「ひうっ、律子さん!? 南極探検隊みたいな恰好してどうしたんですか!?」

律子「あずささんが冬将軍を事務所に連れて来たのよ……、お願い雪歩! あなたの穴掘り能力を生かしてみんなの救助を手伝って」

雪歩「えぇぇええ」

律子「さっき、装備も無いまま>>5が吹雪の中に無謀にも突っ込んでいったから……助けないと!」

【雪歩「事務所が凍りついてる……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30 03:37:37 ID:tsZNaC2h0
雪歩「ええ~ちょっと……」

P「いっつも淹れてくれてるじゃないか。頼むよ」

雪歩「ちょっと無理です」

P「あ、茶葉切らしてたか?」

雪歩「紅茶は切らしてます」

P「じゃあ緑茶」

雪歩「ないです」

P「ん?」

【P「雪歩、お茶を淹れてくれないか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 01:05:46 ID:QjSz4OBT0
P「~♪」

律子「プロデューサー、仕事もしないで何ですかそれ?」

P「おお、律子!よくぞ聞いた!これだ!」

律子「おもちゃの銃?ま~た下らないもの買って・・・」

P「下らないだと!?こいつはすごいんだぞ!3分間人間を気絶させられるメガトンツールだ!しかも対象者にキズつけない!」

律子「はいはい、仕事に戻ってくださいねー」

P「ち、ちょっとまて!本当なんだって!」

律子「えー・・・?本当なんですか?」

P「もちろんだ!見てろ偶然歩いていた>>7にこれを・・・」

>>7
765Pの誰か

【P「3分間相手を気絶させられる銃を手に入れたぞ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05 16:49:15 ID:BVF6qs7w0
千早「ちょっ……!?」

雪歩「えへへへぇ」

千早「は、萩原さん!?」

雪歩「千早ちゃん、ビックリした?」

千早「あ、当り前でしょう! いきなり何するの!」

雪歩「ごめんね? だって……ふふっ」

千早「だって……何かしら?」

雪歩「千早ちゃん、とっても無防備なんだもん」

千早「え?」

雪歩「雑誌に夢中になりすぎだよ? 何を読んでたの?」

千早「…………」サッ

【雪歩「こちょこちょ」千早「ひあっ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05 13:53:42 ID:r0fBMoUk0
P「……デゥフフ」

貴音「な、何を考えているのですかあなた様は///」

【貴音「私は人の心が読めるのです」 P「えっ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/03 18:58:56 ID:VRc0jkzN0
雪歩「今日は特に冷えるね」

私がそう言うと千早ちゃんはこくりと頷きました。
私と千早ちゃんは二人で冬の街を歩いています。
千早ちゃんは手袋をしていない、指先がすっかり赤くなってしまった手を
こすり合わせています。

千早「本当に寒くなったわね…」

【雪歩「今年も冬がやって来たね」 千早「ええ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:09:32 ID:o5zXtRid0

  故
    開
      い
        た

【P「雪歩が拷問器具にハマってるって?」 真「はい」】の続きを読む

このページのトップヘ