72

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/21(水) 20:02:59.01 ID:j21qPlea0
千早「ファンレター、結構届いてる」

千早「ふふ、応援してもらえるというのは素直に嬉しいものね」

千早「…?」

胸小さすぎないですか?
72(笑)

千早「…どうして、平気で人にこういうことを言えるのかしら」

千早「他人の気持ちというものを考えられないの…?」

千早「別に気にしてはいないけど…馬鹿にされるのはいい気分ではないわね」

千早「………」

千早「高槻さんのプロフィール、去年から2cm上がってた…」

千早「真も、同じ…女の子らしくなったって、喜んでたっけ…」

千早「私だけ、去年と変わらないまま…」

千早「…くっ」

【千早「B72の72があかんのですか」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/05/09(水) 21:39:47.08 ID:LU6NHwHD0
千早「春香はどう思う?」

春香「いや、知らないし」

千早「きっと私に嫉妬するのね。歌もスタイルも私に負けて可哀そうな春香…」

春香「自分で言ってて悲しくならない?」

千早「ああ、神は哀れな春香のために私の胸を程ほどにお作りになられたのでしょう」

春香「そうだね、巨乳だったらただでさえ見た目被ってるあずささんと区別つかなくなるね」

千早「そんなに似てないわよ。似てるって思う人は興味無いだけね」

春香「まあ、仮に巨乳設定でもあずささんのドタプーンには敵わなくて偽物扱いになるよ」

春香「歌もスタイルもあずささんに負けて可哀そうな千早ちゃん…」

千早「んあー」

【千早「もしも私が巨乳だったら」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/27(木) 14:53:53.68 ID:726jHraQ0
P「さぁ?」

千早「さぁ?じゃなくて、何か解決案を考えて下さい」

P「豊胸手術とか?」

千早「そんな偽物の胸なんかじゃなくて、あずささんみたいに自然で大きな胸が欲しいんです」

P「お、俺は千早くらいの大きさのほうが好きだぞ」

千早「ここに昨日撮った私のグラビア写真があります」

P「よく撮れてるな」

千早「で、これが昨日、私の家に泊まりにきた四条さんの下着姿の写真です」

P「何!?一万出すから譲ってくれ!!」

千早「...で、大きい胸と小さい胸、どっちが好きですか?」

P「...正直に言います、大きいお○ぱいが大好きです、ごめんなさい」

【千早「なんで私の胸は大きくならないのかしら」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/09(木) 20:50:41.37 ID:KwSVLOlBO
千早「豊胸マッサージグッズ……皆にはバレないようにしなきゃ」

美希「千早さん!おはようなのー!」

千早「はいおはよう」

美希「聞いて聞いて!今日は学校で身体測定だったの!」

千早「そう」

美希「そしたらね、また胸がおっきくなってたの!」

千早「くっ」

千早(今に見てなさいよ……)

【千早「ついに買ってしまったわ」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/28(金) 13:29:49.10 ID:yB1cdEfH0
春香「最初はグー!じゃんけん」

千早「ポン!」グー

春香「あっ……!」チョキ


プヨン


春香「うひゃあっ!?」

千早「……まだまだね」

春香「両手の動きが全然見えなかった……『マッハビンタ』すごいよ、千早ちゃん!」

【春香「乳ビンタマスター・千早ちゃん」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/05/18(金) 21:49:31.77 ID:SmxC/UWc0
春香「それでさー…」ペラペラ

美希「まったくなの」ペチャクチャ

ガチャ

?「みんな、おはよう」

春香「あ、おはよ千早ちゃ…ぶっ!?」ブフォ

美希「? どうし…ぐふっ!?」バフォ

千早「どうしたの、二人とも?」ボイン

春香「な…なんでもないよ…」プルプル

春香(ちょwwwwwww何あれwwwwwwwww)

美希(千早さんの胸に見慣れない山ができてるのwwwwwwwww)

千早「どうしたの、春香? 私の顔に何かついてる?」

春香「え、い、いや…普通だと思うよ、うん…」ピクピク

春香(ついてるwwwwww胸になんかついてるよ千早ちゃんwwwwwww)

美希(千早さんwwwwwそこまで追い込まれてたのwwwwww)

【春香「千早ちゃんがPADつけて事務所にきたwwwwwww」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 19:39:56.29 ID:q4mj3bct0
P「なのにな、事務所を見回してみろ亜美」

亜美「どれどれ」

千早「………」

やよい「っはい!あ~…ババでしたぁ…」

真美「やよいっち、ババ引いても言わなくていいんだよ?」

伊織「やよいはポーカーとか絶対にだめなタイプね」

真「あ~、この服もフリフリで可愛いなぁ!!」

雪歩「う~ん…でも真ちゃんにはこっちのかっこいいほうが…」

亜美「…あー、うん。なんとなくわかったよ」

P「わかるか亜美」

亜美「うん、すっごくサイテーなことだと亜美思うな兄ちゃん」

P「巨乳が好きなのに…好きなのに…」

亜美「………」

P「ナッシング!!ナッシンナッシンナッシング!!!いろんな意味でナッシン!!!」

亜美「(だめだこの兄ちゃん、早く何とかしないと)」

【P「ぶっちゃけるとな俺はな、巨乳が好きなんだよ」亜美「ふぅん」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/16(月) 00:04:07.21 ID:ck0ci6JS0
落ちたw

引用元: 千早「女の価値は胸の大きさで決まる訳では無いと思うの」

【千早「女の価値は胸の大きさで決まる訳では無いと思うの」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 03:08:11.92 ID:nFWm5Niq0
千早「す、すみません!よそ見をしていて・・・けがはないですか?」

ダイジョーブ「ハーイ!ワタクシ、ダイジョーブト申シマス。アナタ、アイドルデスネ?」

千早「え、ええ・・・」(ダイジョーブって怪我がないということなのかしら)

ダイジョーブ「チョットコチラヘキテクダサーイ!」

千早(怪しいわね・・・)「す、すみません私今から用事がありまして・・」

ダイジョーブ「ウッ・・・痛イ・・お腹ガ・・」

引用元: 千早「いたっ」ドーン

【千早「いたっ」ドーン】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 00:13:22.06 ID:cZ3NqKPn0
千早「バストアップには腕立て伏せが最適」

千早「自宅で簡単にできて効果絶大」

千早「一ヶ月で…10センチアップも夢じゃないですって!?」

千早「なんてこと…」

千早「こんな簡単なことに今まで気付かなかったなんて!」

【千早「あれ…もしかして胸筋を鍛えれば」】の続きを読む

このページのトップヘ